2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

福島原発&放射線物質

話題のスポットに行ってきます!

中部大学の武田教授が再三忠告しているように、「道路の放射線が高い」は本当ですね。

先日、東北道は福島県中通り地域(福島市・郡山市・須賀川市・白河市など)を通った時、私のガイガー・カウンターで計測。

2カ所で道路から1.5mの高さと地面から5cmの2地点では、やはり地面から5cmの方がグィ〜ンと上昇していた(高さ1.5mで1.6マイクロSv/h、高さ5cmで2.9マイクロSv/hってどうよ?)

放射性物質は中国から飛んで来る《黄砂》のようなもので、自らは動かない。風に乗って飛んで地面に落ちる。落ちた放射性物質はよっぽどの風(竜巻など)が吹かない限り移動しない。だから道路に限らず公園などの砂場も危険。

放射線物質の計測値が高い地域で、母乳に放射性ヨウ素がでるのは、母親がマスクをしない場合。

呼吸で放射線(粒)を吸ってしまう。乳児は呼吸で体内に入る。さらに母親経由の母乳をもらうことになる。つまり乳児の被曝量は大人の2倍になるので充分な注意が必要。地面に近づくほど危険なので、乳母車は要注意(背負うか抱っこ)。

この時期の風の流れから、放射線の安全地帯は《静岡県、山梨県、新潟県、山形県北西部、秋田県、岩手県、青森県、北海道・・を含む以西》とのこと。この地域は食材だけの心配で良いとか。


風に乗って海に落ちた放射線物質、汚染水として海に排出された放射線物質。これらの放射線物質は海流で動き、そこにたまたまいた魚を経由して拡散する。

福島近県の農産物と関東から宮城沖までの太平洋の小魚は避ける。中型大型の魚に出てくるのはもう少し後。

3月に海水に漏れた放射性物質は黒潮の反流で南に下がっていると思われるものの、銚子の付近から折り返しているのか、そのまま細く南下しているのはまだ不明だが、神奈川県産のアサリからも放射性ヨウ素が検出されている(つまり南下している)。


3月11日に大震災が起こり、福島原発が壊れた。

(不幸中の幸いで)地震直後にはまだ電気は使えたので、核爆発を押さえるための制御棒を差し込むことで核反応は止まる。

(津波の被害等で)多くの機器が破壊され電源系が失われたため、原子炉を冷却することができなくなる。ウラン235核分裂でできた元素が、さらに壊れていくときの熱(崩壊熱)こそが問題になる。

崩壊熱は、ウラン235が核分裂する時の熱より問題が少ないので、冷却ポンプさえ動いていれば冷やすのは簡単だが、冷却ポンプの停止で全く冷やすことができなくなった。

今回の福島原発の事故は「冷却水が循環しなくなったため、冷却水が蒸発して燃料棒が露出。燃料棒と水が反応して水素(=気体)ができ、その水素が外に漏れて水素爆発をした。水素爆発のお陰で原子炉が破裂して更に悲惨なことになる可能性が低くなった。

福島原発は、比較的「核爆発が起こりにくい構造」な上、水素爆発から20日間以上も何もないことから、原子炉本体は安定状態とみている・・・・とか。


本日の毎日新聞の朝刊。

東京電力福島第1原発事故で経済産業省原子力安全・保安院は26日、東電に対し、地震発生後の原子炉の状態などの記録を回収し、報告するよう命じたと発表した。西山英彦審議官は会見で「今後予定される政府全体の検証作業に役立てるため、発生直後を含めたすべてのデータの提供を要請した」と述べた。

え?

原子力安全・保安院って、まともなデーターがなくて記者会見とかやっていたの?

3月11日の地震発生直後のこうしたデータは、同日午後7時半までは紙に打ち出されるなどして中央制御室内にあるとみられる。しかし、室内の放射線量が高く、作業員が長時間滞在できないため、東電は回収方法を検討している。

でもこの記事では東電は「超ヤヴァイ」って知っていたわけよねぇ。

いったいどうなっちゃっているの?


掲題のスポットは下記の写真。

Img_603639_12604168_0

今晩の成田発エールフランス機でパリへ。
乗り換えてウクライナはキエフに飛びます!

帰国は5月16日頃。


.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

36日目の宮城県岩沼市を走る

2011年3月11日14時46分、日本の三陸沖(牡鹿半島の東南東約130km付近)の深さ約24km(暫定値)で日本の観測史上最大のモーメントマグニチュード9.0の大地震が発生した。

地震に伴い大津波が発生。平野で波高10m以上、三陸海岸などの地形が複雑な地域では最大遡上高として38.9mが襲った。

※津波の「波高」=海面、「遡上高」=陸上での高さ。

津波が到達した地域では、家屋の他、各種ライフラインや道路・鉄道など全てのものが壊滅的な被害をもたらした。建築物の全壊・半壊計少なくとも7万戸だが全容はわかっていない。

震災による死者・行方不明者は約28,000人(2011年4月16日時点)だが、これも全容把握には至っていない。避難者は13万人以上。


宮城県岩沼市は仙台空港(名取市)に隣接し、阿武隈川の河口に位置する。

宮城県岩沼市消防本部によれば「岩沼市の津波の高さはおよそ10m。深刻な被害は海岸から1~2km地点まで広がっている」。死亡者101人のうち身元不明34人(4月19日現在)。

私達は東北道白石ICから国道4号線に入り、県道125号線で海岸方向に。県道10号線で仙台空港方面に向かって走った。

津波が到達していない区域では、倒壊はそれほど多くないようだが、津波が襲った県道4号線の太平洋側の早股・押分・空港付近の地区の被害が甚大だった。


大きな地図で見る

宮城県の仙台市・名取市・岩沼市の3市にまたがる約9平方キロの海岸沿いの平野部を襲った津波(海水)は河川の流域では内陸約5kmまで到達。水位は1m以上あった。行方不明者の捜索のため大地震発生2日後の13日から、ポンプ車延べ176台が出動し24時間態勢で排水作業を行い、27日に終了した。

大地震から36日目・・・

Img_6469

Img_6481

大きな瓦礫は撤去されたが・・・

Img_6476

工場などの敷地には道路上にあった瓦礫や倒木が避けられたまま。

Img_6483


(つづく)
このまま仙台空港がある名取市にはいります。
.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

新潟県は八海山麓で

通常業務に加えて福島原発の事故も絡んで、日々、死にそうに忙しいHarukovskyです。何をやっているのか時々忘れてしまうボケっぷり。

「神立高原スキー場も延長営業しているし、こういう忙しいときこそスキーをやろう!」と、最後の気力を振り絞っていつもの週末は新潟県某所に。

(この週末はタイから知人が一時帰国していて、某所で集会している噂を聞いたけど、帰国の連絡すらなかったので「うーむ、会いたくないんだな。まあいいか・・」的モード。気持ちを明確に切り替えた)

1泊2日の予定なので鳥様はお留守番。
土曜日に東京を出たので高速道路は千円の日。

ならば遠方へ行ってみるか・・と、関越道六日町ICで降りて八海山麓へ美味しい蕎麦を食べに行った。作家で食通の檀一雄氏が推薦している蕎麦屋「宮野屋」さん。


大きな地図で見る
(D=宮野屋)

その蕎麦屋は火渡りで有名な八海山尊神社の隣、大崎登山道入口の宮野屋さん。
現在のご主人は三代目(米山茂春さん)。

知る人ぞ知る蕎麦の名店で、地元民推薦の品を頼んでみた。

蕎麦つゆセットを出された時点で、期待度はうなぎ登りぃ☆
薬味:わさび・ネギ・ミョウガ・紫蘇の実、そしてクルミ。

Rimg2389

山菜の天ぷら
(600円)

コゴミ、アンニンゴ、細竹、シソ、カボチャ、しいたけ。
特製天つゆでいただく。

春に摘んだものを塩漬け保存。
これをカリッと揚げている。美味しい・・

Rimg2395

ニジマスの天ぷら
(500円)

Rimg2391

そして・・大盛りの手打ちもり蕎麦
(800円)

蕎麦粉に山ゴボウの葉&フノリだけで打つ蕎麦。

Rimg2393

コシがしっかりした、野趣溢れる素朴で美味しい蕎麦。

驚愕の美味しさ((((o゚▽゚)o)))

ツユは鰹と煮干しの出汁でやや甘めだけど呆けていない。
最後に出された蕎麦湯がこれまたトレビアン!

雪が溶けて山菜が出そろった頃、山菜も食べに行きたい・・

何度でも通い詰めたい蕎麦屋でしたっ!

八海山生そば:宮野屋
新潟県南魚沼市大崎八海山大崎口
(旧:南魚沼郡大和町3742)  
TEL 0257-79-2145
定休・木曜  
営業・11:00-18:00

雨が降り始めた八海山尊神社で計測。

Rimg2400

ま、問題なしですね。

Map201104111000s
文部科学省のモニタリングデータ(4月10日)
http://www.kantei.go.jp/saigai/monitoring/index.html


新潟県某所の家に戻る。

営業終了しているスキー場はまだまだ雪がたーーっぷり。
まるで3月中旬のような感じ。
1ヶ月遅れかなぁ・・・

Rimg2408

それでも小川に向かって雪がまるで氷河のように動いている。
クレパスも何本か走っているしね。

Rimg2406

ふきのとう・・・顔を覗き始めていた。



今回、旨かった酒の肴。

鯛のはらわたの塩辛+カッティングチーズ

Rimg2409

日本酒でもビールでもワインでも合います☆

.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

手抜き工事じゃないの?

Rimg2214

Rimg2218

かなーーーりびびっているオカメインコのハルオさん。

腰が退けているよ・・・w

Rimg2219

男だろ・・・

しっかりしろ・・・



4月7日深夜、宮城県を中心とする東北地方は再び最大震度6の余震。

余震と言えども震度6.
普通なら「大地震発生!」と報道されてもおかしくない大きさだ。

こんな中・・・

女川原発で外部電源2系統途絶/東通原発は非常用稼働
http://www.asahi.com/national/update/0408/TKY201104070617.html
外部電源喪失も発電機起動=東通原発など
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011040800450

震度5の青森県
東北電力東通原子力発電所:電源が切れた(ディーゼル発電の非常用電源を使用)
日本原燃六ケ所再処理事業所(使用済み燃料再処理施設):電源が切れた(ディーゼル発電の非常用電源を使用)。

震度6の宮城県
東北電力女川原子力発電所:外部電源4系統のうち、3系統は通じなくなった(1系統で給電を続けていたが2系統遮断になる)。

幸いにも、東通原発は定期検査で運転停止中。
日本原燃六ケ所再処理事業所は使用前検査中だった。
敷地境界の放射線量に異常はないという。

でもね・・・

今回の地震では津波はほとんどなかった。

つまり地震のみでこの被害!!

過去の地震で被害が出た原発は、中部大学の武田教授によると、

柏崎刈葉・・震度6で「放射線漏れ」と「変電所火災」
福島・・・・震度6で電源喪失、水素爆発
女川・・・・震度5で通常電源喪失
東通・・・・震度5で通常、予備電源ともに喪失

これら原発の設計強度って、震度5とか6なのかな。。
施工の手抜き=手抜き工事じゃないのかなぁ。。

福島第一原発だって4号機点検工事中の作業員が、地震直後に「1~4号機の建屋は海面よりずっと高いので、津波は入らなかったのではないか」 と言っている。別の作業員も地震直後いったん避難して再び建屋に戻ったところ「床は濡れてなかった」と証言してる。

津波で被害を受けたのは、タービン建屋の中の発電機(水をかぶって使用不能)となった。山側の発電機は健在なものの、建屋の屋上のファンを回す外部電源が断たれたために発電機がダウンした。

今回の福島原発の事故は《地震によるもの》ということですなぁ。

震度6って予測可能な揺れでしょう。
それなのにこのありさまって・・・

ここも手抜き工事じゃないの?

っつーーか、原発全てが設計通りに作られているのか疑問なんだな。


.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

実際の汚染の広がり図

オーストリア気象地球力学中央研究所(ZAMG)
放射能(ヨウ素131)予想分布

http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-04-08GMT11:35

4月10日の放射能飛散予想図。

6919832_1073841618_90large

なんか関東全体を覆っているような気がするdown

この日は新潟県は湯沢町にいるけど、ここもビミョーかな。


気象庁もモデル計算とかやり始めたけど・・・

下記の2つがお薦めです☆

文部科学省のモニタリングデータ
http://www.kantei.go.jp/saigai/monitoring/index.html
モニタリングカーや簡易型線量計などを用いて、福島第1発電所及び第2原子力発電所周辺のモニタリングを実施。各地のマイクロシーベルト値を随時情報提供している。

原子力安全委員会のSPEEDIによる解析結果
http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf
3月12〜24日の甲状腺の被ばく線量を試算した図。


都下の井の頭恩賜公園の桜は八分咲き!
(4月7日の夕方の写真です)

Rimg2295

Rimg2299

Rimg2307

Rimg2327

Rimg2336

Rimg2337

そうそう桜が咲く前、公園内にこんな看板が立つ。

4e65684bs

時事通信社は都知事の発言を・・

東京都の石原慎太郎知事は29日の記者会見で、東日本大震災に関連し、「桜が咲いたからといって、一杯飲んで歓談するような状況じゃない」と述べ、被災者に配慮して今春の花見は自粛すべきだとの考えを示した。

石原知事は「今ごろ、花見じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる」と指摘。さらに「(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい」とも語った。

都は既に、花見の名所となっている一部の都立公園について、節電などのため入園者に宴会自粛を呼び掛けている。

その後、東京都のホームページでは
「花見・宴会を規制しています。花を愛する日本人、桜が好きな日本人が、花見をしたいというのは分かるけれども、私は少なくとも夜間、明かりをつけての花見などというのは自粛すべきだと思っております」と書いていた。

従来通り深夜(22時)まででなければ、花見も節度ある花見宴会も構わないのでは?

自粛して被害者が助かるなら幾らでもやるけど・・・

ただ色々漏れ聞くはなしによれば・・・

-計画停電の予定があり、電力の確保が出来ない(夜は照明がつかない)。
-仮設トイレなどを被災地に送ってしまったのでない。

・・・が都庁の話のようだ。これを強調すれば納得するのに、石原都知事の話とか出すから「精神論で自粛しろってか?」になっちゃうのよね。

これに参ったのか、7日に公園に貼っていた「宴会自粛」の看板が撤去。

Rimg2348

Rimg2354

Rimg2363

例年のような大賑わいからは程遠く寂しい気もするけど、今年も桜は綺麗でございました。

某所から・・・

Rimg2283

毎日みたい景色だ。
.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

我が家のμSv/h

本日をもって(原則的に)計画停電、中止。

ってことは、市場の乾電池の品薄は解消されますな、ぽぽぽーん!


東京は武蔵野市にある我が家。

4月8日午前9時半
曇り/南向き・風速およそ時速5m

Rimg2387

ちなみにこのガイガー・カウンター(放射線検知器&線量計:テラピーMKS-05)はウクライナ製。電源がON/OFF関係なく、0.3マイクロシーベルト(μSv)以上になると“警報アラーム”が鳴り響く仕組みです。

ウクライナはかのチェルノブイリ原発がある国。
ここの基準では外部被曝が0.3μSv/h、これが警報水域ということです。

しかし日本の法律では、1時間に0.6マイクロシーベルト(外部被曝と内部被曝の合計)を越えたら、そこを「管理区域」に設定して、一般の場所と違う取り扱いをします。

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv)

放射線被曝について、10万マイクロシーベルト(100ミリシーベルト)を超えると発癌リスクが高まるようです。

本日の我が家での計測は0.11μSv(マイクロシーベルト)。

なーんも問題ないですねっ、今のところ☆

Rimg2271


我が家の周辺の桜は八分咲き。
桜に目が奪われるけど、山吹も咲き始めていました。

Rimg2383


.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

説明が下手な日本セーフだが・・

ダイアモンドonline
http://diamond.jp/articles/-/11772

放射能汚染を巡る日本人の誤解と政府の説明責任
――チェルノブイリの惨状を知る被曝治療の権威ロバート・ゲイル博士に聞く

1986年のチェルノブイリ原発事故でソ連政府(当時)に依頼されて現地で救命活動に従事した放射線被曝治療の専門家、ロバート・ゲイル博士に話を聞いた。

ちなみにゲイル博士は、福島原発事故後も日本を訪れ、事故対応について政府関係者らと意見交換をしている。同氏の結論を最初に伝えれば、現状の放射線量は心配のないレベルであり、そのことを説得力をもって国民に説明できる人間が政府内にいないことが問題だという。

――今回の来日の目的は何か。

福島第一原発で復旧作業にあたっている作業員を診る医師らと会い、作業員を隔離治療する決断をどのような時に下すのかといった点について話し合った。また、東電関係者と被曝のレベルや作業員の保全についても懇談した。消防士や自衛隊、作業員、医師らが待機する事故対応拠点も訪れ、意見交換を行った。さらに、首相官邸では福山哲郎官房副長官と面談し、放射線のリスク、またそれを国民にどうわかりやすい方法で伝えるかについて話し合った。

――福島第一原発における作業員の作業環境や、日本政府の対応をどう評価しているか。

 医学的な観点から見て、作業員の安全確保は基本的に適切に行われていると考える。被曝線量限度もかなり保守的な目安に従っている。体内被曝、外部被曝を測定する各種計測器をつけて被曝量の管理を適切に行っている限り、そして想定外の爆発事故が起こらない限り、短期的にも長期的にも健康に影響が及ぶことはない。

 その一方で、日本政府は非常に難しい立場に置かれている。損なわれた信頼を取り戻すため、頻繁に放射線データを発表し透明性を確保しようとしている様子がうかがえるが、政府内に放射線に詳しい専門家がいないため、かえって混乱を招くだけの結果になっている。国民が理解できるような方法でデータを噛み砕いて伝えることができていないのだ。

――どのように噛み砕くのがいいのか。

 たとえば、(日本政府は)現在、飲料水では放射性ヨウ素が1リットルあたり300ベクレルを超えると好ましくないというメッセージを国民に伝えている(乳児の規制値は100ベクレル)。しかし、この数値は何も目の前のコップに入った水を飲むと危険だということを示しているのではない。

 20杯飲んでも大丈夫なはずだ。その値以上の飲料水を5リットルほど毎日1年間飲み続けたら、ガンになる確率が1万分の1上がる可能性がわずかにある、ということだ。そういう説明を、自信を持ってできる人間が政府内にいないことが問題なのだ。

――放射性物質を含む大量の汚染水が海に放出されたことで、魚介類への影響も懸念されているが。

 それについても、同じことだ。

 もちろん、放射性物質を含む汚染水を海に放出せずに済めば良かった。だが放射線が最も危険なのは濃縮した状態だ。広い海に流せば、希薄化する。海への放出は、現状で考え得る最善の選択肢なのだ。

 また、魚介類に対する放射性物質濃度の基準も、他のものを食べず、その魚だけを一生食べ続けたら、ガンになるリスクがわずかに増えるという程度ものだ。そもそも海には以前から放射性物質が含まれている。1994年まで海底での核実験が行われていたし、原子力潜水艦や核弾頭なども海底に沈んでいるからだ。海水の放射能汚染は何も新しいことではない。

 むしろ今後の問題は、人々が怖れるあまり近海の魚が売れなくなり、経済的な打撃を受けることだろう。だが、それは無知に基づいた反応以外の何ものでもない。政府は、専門家による委員会を組織し、そうした説明を国民に向けて行うべきだろう。今からでも決して遅くない。

――福島第一原発の周辺地域および住民はこれからどうすればよいのか。

 おそらく最もあり得るシナリオは、こうだ。原発の状況は改善しているが、完全に制御できるようになるまであと数ヵ月かかる。1号機から4号機は廃炉が決定的となったが、その方法が石棺(コンクリートで固める)であれば2~3年はその作業に必要だ。解体撤去には、さらに数十年単位の歳月が必要だ。

 現在避難している周辺住民は、環境を注意深く調査してからの話だが、場所によっては、1~2年のうちに元の住まいに戻ることができるだろう。チェルノブイリでも、立ち入り禁止区域に指定されている30キロ圏内で現在生活している人たちもいる。

――住民が戻ったとして、長期的に見て健康に影響が出る可能性はないのか。

 住民が放射線量の高い雲の中をくぐるようならば話は別だが、それは今回現時点では起こっていない。では、一定期間が経って、保守的な被曝線量限度の目安を超えた場合はどうなのか。

 むろん、土壌の放射能汚染がどの程度かによって、外部被曝だけでなく体内被曝のリスクも継続的に検査する必要があるのはいうまでもないが、たとえば70歳の高齢者でこれまでタバコを吸い続けてきたような人ならば、現状のレベルの放射線によるガンのリスクは微々たるものに過ぎない。若年層には勧められないが、高齢者ならば、場所によっては住み続ける選択肢もあり得るだろう。

 繰り返しになるが、より深刻な事故を起こしたチェルノブイリの30キロ圏内にも、今では住める場所はある。問題は細やかな環境調査に基づいて「ここはいいが、あそこはダメだ」といった区分けが徹底できるかということと、食糧確保など生活のためのインフラが本当に確保できるかということだ。

 チェルノブイリの半径30キロが原則立ち入り禁止区域に指定されている背景には、そうした区分けやインフラ確保が難しいからという事情もある。


――土壌の放射能汚染についても、われわれは適切に理解していない可能性はあるか。

 放射性セシウム137の半減期(放射線量が半分になるまでの期間)は30年だが、これはいわば実験室のガラス瓶の中での話だ。現実の自然界では雨や浸食によって、もっと速く減っていく。ただし、水道管の中に入り込むと危険なので、厳しくモニターする必要がある。

 放射能汚染が懸念されているホウレン草やミルクも、先ほど言ったようにその汚染されたものだけを一生飲食し続けた場合に危険だという値だ。現在、アメリカの各機関が、魚介類やコメへの影響についても計算しているところだ。

――チェルノブイリ事故直後の惨状を知る立場から、今回の状況をどう見ているか。

 チェルノブイリは、福島第一原発の現状とは比べものにならないくらいの大惨事だった。放射線量も多かったが、事故をさらに悲惨なものにしたのは他の要因にもよる。たとえば、事故直後現場に駆けつけた消防士らは、放射性物質が飛散していることをまったく知らされていなかった。防御服もなく生身で放射線にさらされながら、消火活動を行っていたわけだ。

 また、20年以上前のソ連では、住民に政府の情報を伝達するのは簡単なことではなかった。教育レベルも低く、政府の言うことに従おうという意識もあまりなかった。

 (チェルノブイリ事故の影響で)6000件の甲状腺ガンが報告されているが、これは子どもたちが放射性物質に汚染されたミルクを飲み続けていたからだ。周辺は農村地域で、当時は食糧の流通システムも発達しておらず、住民たちは地元農村で採れたものを口にしていた

 こうしたことに加えて、(放射性物質が甲状腺に害を与えるのを防ぐ)ヨウ素剤も十分に行き渡らなかった。つまり、原発事故直後に本来取られるべき措置のすべてが取られなかったのだ。

 これに対して、福島原発事故では、日本政府の説明下手という問題はあるが、放射能汚染リスクへの対処はきちんと行われていると私は考えている。

 以上。

大前研一氏のブログ

大前研一氏のブログ(4月4日付け)が、今もっともわかりやすくてマトモと思われます。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110404/265766/?ST=business&P=1

抜粋してコピペしますのでご一読を!

- - - - - -
●1~3号機すべてで炉心溶融している

福島第一原発は今、どういう状況にあるのか。

6基ある原子炉のうち、5~6号機は「冷温停止」に成功したということなので、私たちが心配しなければならないのは1~3号機の炉心と4号機の使用済み燃料プールになる。

さまざまな情報を総合してみると、1~3号機はすべて炉心溶融(メルトダウン)している可能性が高いと考えられる。そうでなければ、高濃度な放射能、しかも炉心にあったと思われる放射性物質がタービン建屋の地下やトレンチ(坑道)に多量に出てくることは考えられない。

また、海水の汚染も通常の3000倍、4000倍を超えるきついものになっている。これらが使用済み燃料プールから出た放射能によるものとはとても考えにくい。

●燃料の融点は2700度、圧力容器の1550度より高い

それから3号機の建屋から黒煙が2度にわたって立ち昇ったことに注目したい。

圧力容器は鋼鉄製なので過熱されても黒煙など出ない。もちろん冷却プールについても、8メートル以上深いところに置いてある使用済み燃料集合体が仮に上半分の水がなくなって露出しても黒煙は出ない。

おそらく燃料が溶融し、厚さ16センチもある鋼鉄製の圧力容器の底に穴を開け、格納容器の下にかなり落ちている、と考えられる。燃料である酸化ウランは融点が2700度なので、鋼鉄の融点1550度よりもはるかに高い。仮に水の中に落下したとしても、3センチしか厚さがない、格納容器の底を痛めている可能性が高い。場合によっては底に穴が開き、外部の物質と接触し燃やしてしまった可能性もある。

3号機から立ち上がる水蒸気は二筋あるが、私は一方は冷却プール、もう一方は格納容器の底部からのものと考えている。同時に注入した水の水位が高ければ、建屋の中のケーブル管などを通じてタービン建屋に汚染された水が漏れてきた、と考えられる。

圧力容器の上部から漏れたとする説もあるようだが、そこまで水位が高いということは考えにくい。それほど上まで水があれば、燃料が溶け出すということも考えにくいし、内部の圧力は大気圧と同じになっている、という別な情報とも矛盾するからだ。

●3月15、16日には炉心溶融していた可能性が高い

ではいつ炉心溶融が起こったのか? 

米ニューヨーク・タイムズ紙に出ていたグラフを見ると、なんと3月15日と16日に3回の大きな放射能の放出(サージ)が福島第一原発の正門付近の計測地で観測されている。

地震と津波の翌日12日には1号機で水素爆発が観察されているが、その時には放射能はほとんど検出されていない。つまり、15、16日の放射能のサージは水素爆発によるものではないことが分かる。

そうなると炉心で何か起きて、外部に放射能が飛び散ったことになる。炉心圧力容器は140気圧に耐えるので、そこから放射能が直接漏れ出たとは考えにくい。

やはり溶融燃料が炉心の底を溶かし、格納容器の底にたまった水の中に何らかの形で落下してきた、と考えるほうが自然だ。その一部、マグマのようになったウラン酸化物が底辺の鋼鉄を溶かし、外部に水漏れができるくらいの穴を開けていると考えられる。

格納容器は周囲を2メートルものコンクリートで固められているが、下の部分は人工の岩盤(マンメイドロック)であるので、おそらくそれを溶かすことはないと思われる。溶融したウラン酸化物が水に接すると水蒸気爆発が起こることも考えられるし、一時的に圧力が上昇して逃し弁から大気に放射能が放出された可能性もある。

●配管や配線パイプから水が漏れ出した可能性

東電の言っていることが正しければ、3号機のタービン建屋は3月23日にはドライであった。その後、3人の工事関係者が24日に行ったときに水が深さ15センチくらいたまっており、ベータ線火傷を負っている。

ということは、消火のために注入した水が格納容器内にもたまり、その水面以下のところにある配管や電線ケーブルパイプなどを通じて漏れ出していることになる。

経済産業省原子力安全・保安院は、上部のパイプなどから水が漏れた可能性がある、と説明しているが、その場合には圧力容器のかなり上部にまで水があることになる。そうなると燃料が溶けることは考えにくいので前ページの図に示されているサージが何であったのか、かなり説明が難しくなる。

 いま2号機と3号機は圧力容器の内圧が大気圧と同じになっているので、何らかの理由で外気とつうつうになっている。逃し弁から放射能が出たとすると、核暴走か水蒸気爆発が起っていたことになる。格納容器の底辺に穴が開いてしまっている、という説明のほうが辻褄が合うことになる。

●最悪の事態はすでに「過去形」か

どちらにして、もし燃料が溶け出して底に落ちてきているのなら、最悪の事態はすでに「過去形」かもしれない。炉心部にまだ燃料が大量に残っているのなら、溶け出してきたマグマの堆積の形状によっては依然として臨界になる可能性もある。

一方、すでに燃料の大半が底に落ちてしまっていれば、格納容器の底辺が平らであること、大量に水があること、ホウ酸がその水に大量に含まれていること――などを前提にすると、再臨界の可能性は低い

また、仮に再臨界となっても広い格納容器の底辺なら、核物質が瞬時に散って暴走は止まる。水蒸気爆発が起きても厚さ2メートルのコンクリートで固められた格納容器が飛び散ることはないだろう。

炉心の緊急停止から3週間以上も経っているので崩壊熱もかなり落ちてきている。メルトダウン(炉心溶融)を含めた最悪の事態はすでに15、16日の日に起きていた、と考える理由である。

原子力安全・保安院はこれを認め、事故を「レベル6」と認定し、今後は気の遠くなるような長期にわたる後処理に専念すべき時期に来ているのではないだろうか。

●汚染水をどう処理すべきか

こうした私の見方が正しければ、放水で冷却を続ける限り今後は放射性物質の外部拡散が徐々に減っていくことになる。しかし、放水などで冷却していては逆に汚染水があふれ出して周辺の生態系や海水を汚染し続けることになる。

私はタービン建屋で高濃度の汚染水が見つかったことに基づいて、やがてこれは建屋の脇から海に流れ出す可能性が高いと述べた。これについては実際、その後4月2日になってトレンチとピット(立て坑)から海に漏れている、と報道されている。臨界の危険性が少なくなるにつれ、今後の対策は冷却と汚染のバランスに移ってくることを示唆している。

冷却に関しては、タービン建屋に何らかの形で立ち入り、底にたまった汚染水を復水器から炉心に戻し、循環させることを優先的に模索するべきだ。緊急冷却系が使えるならそれでもいいだろう。

今のように毎日800トンもの水をポンプで外部から注入すれば、その受け皿が必要になるが、敷地内のラド・ウエイスト(放射性廃棄物)貯蔵用プールはおそらく満杯だろう。仮に空っぽであったとしても1カ月程度で満杯となる。

●原発をコンクリート壁で覆うのは慎重に

建屋の屋根や側面の窓が破壊され、水蒸気などに混じって放射性物質がかなり大量に飛散している問題をどう解決するか? 

アメリカやロシアは損壊した建屋をコンクリート壁で覆って、放射性物質の拡散を防ぐように言っていると思われる。

しかし、私はこれに対して簡単に「YES」と言うべきではないと思っている。

チェルノブイリ原発事故から20年以上経過した現在、原発を覆った「石棺」と呼ばれるコンクリート構造物は老朽化し、亀裂部から放射性物質が漏れ出てエコシステムに浸み出してきているからだ。

コンクリートは熱に弱いし、経年変化で風化するため、放射能を閉じ込めるのは容易ではない。さらに福島第一原発の場合には膨大な数の燃料集合体が冷却用プールにたまっている。これをコンクリートで閉じ込めるのは無謀である。

特に4号機の場合には燃料交換のため、すでに炉心の燃料がプールに移されている。つまり、崩壊熱は依然としてかなり高いレベルにあると思われる。そういう状態のものをコンクリートで封じ込めることはできない。

それよりも3~5年にわたって恒常的な冷却を施した後に、できるだけ多くの燃料集合体を搬出するべきだ。しかし、天井が大きく破壊されている状況を見れば、燃料集合体を正確に引き上げられるクレーンを建設するのは容易ではない。当然、人が十分に近づけるまで待たねばならない。

私は地震発生から1週間後の19日には、建屋全体を数年にわたってテントのようなもので覆ったらどうかと提案している。これで放射性物質の拡散をかなり抑えられるからだ。風向きによって一喜一憂する状態はこれでなくなる。

この案は政府も現在検討しており、その内容については30日付の朝日新聞朝刊が1面トップで報じている。

古いタンカーやメガ・フロートを持ってくる案も検討されているが、これもやはり数カ月で一杯になる。さらにそういう構造物をどこに廃棄するのか、廃棄するまでどこに置いておくのか、など派生的な問題がかなり苦しい。

福島第一原発が廃炉になることが決まれば、港湾の一部を封鎖して、そこに汚染水を流し込む作戦のほうが現実的かもしれない。もちろん恒常的な冷却ループができれば、それに越したことはない。

●使用済み燃料を移す「中間貯蔵施設」の問題

繰り返しになるが、まずは放射性物質の飛散を防いだうえで、依然として発熱し続ける炉心の温度を下げるため、3~5年はホウ酸を混ぜた真水で冷却し続けなければならない。その間、現場は高濃度の放射能で危険であるから、限定的な作業しかできないと思われる。

そして冷却プールの燃料集合体を取り出した後、つまり5年くらい後になってはじめて、廃炉になった建屋全体をコンクリート壁で封じ込めるという対策がとれるようになる。

米国のスリーマイル島原発事故でも数年後からロボットで作業をし、6年くらい経ってから人が入れるようになり、最終的にコンクリート漬けにされたのは10年以上経過してからである。

話は前後するが、3~5年後に炉心が十分に冷却された時期を見計らい、冷却プールにある使用済み燃料をキャスクと呼ぶ巨大な金属容器に10本ずつくらい入れて「中間貯蔵施設」に移す(炉心にある燃料は蓋を開ける装置が破壊されているのでおそらく取り出せないであろう)。

中間貯蔵施設は現在、青森県むつ市に建設中であるが、第一期工事で出来上がる800トンの容量はすでに予約で満杯だ。つまり、福島一号原発の使用済み燃料を移すときには第2期工事以降の中間貯蔵施設が完成していることが前提になる。いずれにしても5年以内ということはないであろう。

代案としては廃炉となり「永久立入禁止区域」となる福島第一原発内にある敷地(たとえば7号機、8号機用の用地)などに新たに設置するほうが現実的なのではないかと思われる。

●長期にわたって困難な作業が続く

その後、再処理により使用済み燃料からプルトニウムを取り出し、残った燃料は通常、地下800~900メートルの場所に永久貯蔵する。

ただし、ここでも問題があって、日本にこのような永久貯蔵施設はない。ロシアなど他国に協力を仰ぐか、同じく福島第一原発の敷地内に永久貯蔵施設を造るしかないだろう。

以上が今後のシナリオだが、順調に事が運んだとしても10年、20年という単位で考えていかなければならず、今回の原発事故はかりに最悪期を脱したとしても、今後かなり長期にわたって困難な作業が続くと見たほうがよい。


- - - - - - -
大前 研一(おおまえ けんいち、1943年2月21日 - )
早稲田大学理工学部卒業(応用化学を専攻)。
東京工業大学大学院原子核工学科修士課程を修了、修士号を取得。
アメリカ合衆国のマサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程、工学博士号を取得。

帰国後の1969年に日立製作所へ入社。
高速増殖炉の設計に携わるが、2年後に退社。

同年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーへ転職する。
以後、省略。

日本気象庁による放射性物質拡散予測他

只今、知人や職場の職員の来日ラッシュでして・・・

どーして皆、《単1・2乾電池》ばっか土産で持ってくるのか?って、昨日のブログ状態はまだまだ続いておりマス。先程もマレーシアからの一時帰国者が下さいました。

Rimg2228
(わざわざ日本からの輸入品を再輸出して下さいました)

職場の被災地支援物資箱に入れにポトーーン。



英国ガーディアン:石炭発電の大気汚染で年間10万人は亡くなってるのに、今回の事故が原因では一人も死なないだろう

コメント欄も含めて評価しているようで・・・



ようやく日本の気象庁も《放射線予報天気図》を発表。
http://atmc.jp/jma/?p=&d=

Page04

風評被害は減りそうだが、なんで英語なんだろう?



【IAEA 4/5 発表】福島原発1−6号機の状態を赤黄緑で色分け表示。

X2_55a7180

高濃度汚染水の漏水も止まったし、福島第一原発のパラメータでは、温度や圧力は安定しているようで何より。



興味ある記事を・・・

NEWSWEEK日本版

そのとき、記者は......逃げた
冷静さを失い、事態を必要以上にあおった外国メディアの大罪

うーーーむ、CNNの煽りっぷりは目に余ったのも事実。
この記事に沿えば、NEWSWEEK と NewYorkTimes が株を上げたということか。



話はガラ〜っと変わり・・・

超ビビリのオカメインコのハルオさん。目の前の大好物(豆苗)を目にすると、サザナミインコのみどりさんの接近に(そんなには)びびることなく、うまうま・・・

Rimg2198

徐々に慣らします・・・・w

.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

切羽詰まってきたのか?

フランスから来日した(職場の)職員から《単1乾電池》を頂きましたっ!

日本発の電池騒動で知ったそうな。

でもね・・・・

単1電池って(よーーく考えると)使い道が少なすぎるのよね。

古くて重たい懐中電灯、古いラジオ、何年に1回しか交換しない点火用電池(反射式ストーブやコンロ)くらいかな。今時のLED懐中電灯や普及品の小型ラジオは単3か単4電池だったりする。

単3や単4電池は、使用頻度も流通度合いが高いから売り切れていなかった

ネットでは《単3電池を単1電池に変換する方法》なる名案が流れているのご存じですか?

単1電池と高さを合わせる為、パチンコ玉(または1円玉8枚を重ね合わせて)を台座にしてテープで留めて全長61.5mmにする。次に単3電池に必要なだけの紙を巻く(単1電池と同じ直径34.2mmにする。以上! 4d2915effca9a33289415dbe61d56ed5

ってことで、単1・単2電池は「とりあえず無くてもOK」ですよ。

海外から大量に仕入れてネットで高値で売りつける輩もいるけど、無視しちゃって結構ですよ。そのうち単1も単2も流通するしね。

そういえば震災直後から《品不足の品物》がどんどん変わった感じがする。今やカップ麺も米もある。懐中電灯も流通し始めた。

無いのは主に茨城・栃木県産の納豆(新潟県などの納豆は豊富)、ペットボトルの水、ランタンなど大きめのキャンプ系電灯くらい。


《東電、汚染度低い水を海へ放出 数日かけ計1.1万トン》

気になる記事は・・・

汚染水の貯蔵場所をめぐっては、新たな仮設タンクの設置や静岡市から提供された鋼鉄製の大型浮体式構造物の利用も検討されてきたが、到着を待つ余裕がないという。ポンプとホースを使い、1〜4号機南側と5、6号機近くにある放水口付近から流す。

仮設タンクの設置には時間がかかるから仕方ないとして、鋼鉄製の大型浮体式構造物=メガフロートの曳航も待てないとは、うーーーむ、よっぽど切羽つまっている。

《冷却装置が未作動→水を注入して冷ます》は現在の最優先事項。すると水は汚染水となって溢れてくるから何処かに排出しなきゃならない。《水を排出→冷却装置の修繕が可能》になるわけで。

最近、NHKニュースでは後手後手ぶりを正確っぽく言うようになった。

新聞紙・おがくず投入も水流出減らず…福島原発
(おむつにも使われている高分子吸水材約8kg、おがくず約60kg、刻んだ新聞紙を投下)

新聞紙?
大鋸屑?

戦争末期の大日本帝国みたいだ。

大本営が日本に住む非戦闘要員に「竹槍で戦え!」と言ったアレですよ。


社会系ジャーナリストは、「汚染水を海に流すと言うことは、回遊する魚が汚染水が流入する付近で餌を食べて、それが別の海で別の魚に食べられてという《食物連鎖》で回り回っていづれ人間の口に入っていく」と言うが、まあ、もっともなんだけど・・・

太平洋などの海でガンガン核実験やってたじゃん・・・
(部分的核実験禁止条約で1964年頃から1998年頃まで、あちらこちらで地下核実験やっているし)

倫理的には全く宜しくないけど、こうこともありましたなぁ。

地震と津波は天災だから仕方ないとしても、放射能物質の流出は今後とも続くだろう。マスコミは「事態は長期化する見込み」なんて言っているが、日本に住む人々の被曝する可能性も長期にわたってある、ということ。


福島第一原子力発電所1-6号機の最新状況一覧(3日午後2時現在)

1号機:  原子力安全・保安院によると、淡水注入を継続している原子炉の温度と圧力が不安定なため、動向を注視している。タービン建屋地下にたまった高濃度の放射能物質を含む汚染水のくみ出しに向け、移送先となる復水器から復水貯蔵タンクへの玉突き移送を準備中。建屋地下と坑道から汚染水が海に流れ出るのを防ぐため、監視カメラの設置作業を進めている。

2号機:  保安院によると、3日に取水口付近にある電源ケーブルを納めているピットに、水を入れると膨らむ高分子ポリマーを入れ、止水作業を行っている。2日午後にコンクリートを流し入れたが、固まらず、1000ミリシーベルトを超える汚染水の海水流出を防げなかったため。原子炉の状態は安定しており、使用済み核燃料プール水温は3日午前6時に70度。タービン建屋地下の汚染水の移送先となる、復水器から復水貯蔵タンクへの玉突き移送を2日午後5時過ぎから継続。建屋内と建屋外坑道の水位を確認するため、2日に監視カメラを設置。

3号機:  保安院によると、原子炉の状態は安定している。燃料プール冷却のため、2日にコンクリートポンプ車による75トンの放水を実施。タービン建屋地下の汚染水処理に向け、移送先となる復水器から復水貯蔵タンクへの玉突き移送を3日開始する。

4号機:  原子炉は点検停止中。保安院によると燃料プールへの放水を3日午後5時以降にコンクリートポンプ車で行う。180トンを予定。

5号機・6号機:  原子力災害対策本部によると、5、6号機ともにすべて外部電源に切り替わり、原子炉は100度以下の「冷温停止」、燃料プールの水温は平常レベルで落ち着いている。

これをみると「1号機の温度と圧力が不安定なので、水蒸気爆発の可能性もある」らしい。ただし爆発時に原発から海に向かって風が吹いていればなんとかなるようだ。

祈るばかり也・・・


こんな状況とはいえ、私は4月27日から三週間ばかり出張に出る。現在、日本が抱える問題とリンクしているので、ついでにあちらの状況も見ておこうと。

健康診断書提出のために立ち寄った某所の桜は三分咲き。

Rimg2173
(日当たりのいい場所にあるこの桜は五分咲き)

そして某国大使館でビザの申請。

Rimg2174

てくてく歩いて経済振興活動の一環で、昼食をいただく。

場所は《シェラトン都ホテル東京》内の《四川》という中華料理店。都ホテルは今でこそシェラトンホテルチェーンの傘下にあるが、明治23年創業の(宮内庁御用達:1954年に制度廃止)老舗ホテル。国公賓も数多く泊まっただけあり今も風格と品格がある。

その1階に四川がある。

ここのhttp://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/restaurant/rest/02/02/1180745_4810.htmlが質の割りには非常にリーズナブル。窓から見える庭というか雑木林がいいし、店は優雅でゆったりした気分になれる。

総菜4種類、ザーサイ&ご飯(お代わり自由)、中国茶(ポット)で2,100円。

Rimg2179

四川で自慢の一品は?と聞かれれば即、「麻婆豆腐」というこの麻婆豆腐は、私見だけど世界一美味しいと思う。暴力的ではない辛さ、肉と豆腐のバランスの良さ、ご飯が進む。塩分は豆板醤で調整しているとはウエイター氏。

Rimg2177

店側が言う名物の麻婆豆腐は「陳麻婆豆腐」だが、どちらが好きかは人次第。こちらはランチセットにはないのでアラカルトで頼むしかない。

帰りはホテルのシャトルバスでJR目黒駅へ。

山手線に乗ろうとホームに行ったら、なんと転落防止用の可動式ホーム柵=ホームドアが付設されていた。恵比寿駅と目黒駅の2駅が2010年度に先行で工事したそうな。2012年まで使用状況など検証を行い、その成果を取り入れた上で2013年度以降に本格的な他駅への導入が行われるそうな。

Rimg2184

山手線の車両は4扉と6扉があるが、規格は4扉用なので将来的には全てが4扉に戻るらしい。なわけで目黒駅&恵比寿駅では、6扉が止まる車両の場所にはホーム柵はナイ。

長らく都民をやっているのに知らなかった(恥)


サザナミインコのみどりさん。

餌(ペレット)を食べる時、いつもこんな感じ。

Rimg2169

お嬢さんなのに大股開きで斜め食いdown


この子達も安心して暮らせるように。

.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

より以前の記事一覧