2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-外国為替-

zone(南北アメリカ大陸)

NYC3:いろいろ

マンハッタンのWorld Trade Center、通称《グラウンド・ゼロ》。

2001年9月11日の同時多発テロ(911事件)で、7つあるビル全てが崩壊した。2005年末から《New World Trade Center》の建設工事が始まるが、今もって相変わらず広大な工事現場。

P1030680
(右の真新しいビル;2006年5月23日落成の"タワー7")

P1030682
(周囲のビルは、911事件の被害は受けたが元々建っている)

予定では・・・

タワー1(ワールドトレードセンター): 高さ541.3m
タワー2(200グリニッジ・ストリート): 高さ411m
タワー3(175グリニッジ・ストリート): 高さ378m
タワー4(150グリニッジ・ストリート ): 高さ297m
タワー5(130リバティ・ストリート): 高さ226m
タワー7(7 ワールドトレードセンター): 高さ226m
交通PATH新ターミナル(交通ビル)
Reflecting Absence(祈念施設)
インターナショナル・フリーダム・センター

実際、まだ "タワー7"しか完成していない。資金不足や設計変更につぐ設計変更で遅れまくっているが、2019年までには全てが出来るだろう・・とのこと。

グラウンド・ゼロから2ブロックの場所に、イスラームの「コルドバハウス・モスク」などを建設する計画がある(13階建て総額1億ドル)。

1857~58年に建てられた現存の工場跡の建物を壊して新築する予定。建て替えに関しては、ニューヨーク市歴史的建造物指定委員会は、歴史的建造物への指定を拒否する判断を全会一致で下している。

100804_mosque
(モスク建設予定地;※The Wall Street Journalより写真のみ引用)

911事件は公には「イスラーム過激派アルカイーダの犯行」と言われている。悲惨な現場から僅か2ブロック先に、イスラームの宗教施設が出来ることに反対している市民も少なくない。


ブルックリンからマンハッタン南部をみる。

P1030690


いつも賑やかなタイムズ・スクエア

P1030699

P1030702

P1030705

P1030704


P1030709

P1030715
(ロックフェラーセンターの冬季名物のスケートリンク)

P1030718
(レゴ・ストアの店内は大人気)


5〜6番街&57〜58 St.付近で地下ケーブル火災。駆けつけた消防車は十数台、周囲は水浸し。それにしてもNYC消防士は男前が多い。

P1030720


6〜7番街&57〜58 St.付近は、クラシック音楽の楽器屋が多い。カーネギホールやジュリアード学院(The Juilliard School;66丁目)が近いからだろうか。

P1030725

P1030730


P1030731


ブルックリン地区の南端にあるブライトン・ビーチ。ここは知る人ぞ知るロシア人街(含むウクライナ等)。ソ連時代の亡命者が多く住むそうな。街にはキリム文字が溢れ、ロシア料理屋も多い。

海沿いはウッドデッキが敷かれ、西側のコニーアイランドまで続く。コニーアイランドが再開発されつつあるが、東側のブライトン・ビーチはひなびたまま。ロシア系のオバチャンやオジチャンが椅子に座っていたり、散歩していたり。

この季節でも(暑がりの)ロシア人おばちゃんは、(あまり綺麗ではない)海で泳いでます。見ているこちらが凍えそう・・・w

P1030783

P1030782

P1030785
(カフェ・モスクワ・・!)

P1030787

(NYC終わり)

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

NYC2:NYCマラソン

毎年11月第1日曜日(2010年は11月7日)はニューヨークシティマラソンの開催日。
http://www.nycmarathon.org/

前夜からセントラルパークに隣接する59丁目付近の地下鉄は、警備などで封鎖されていました。

アップダウンのある難易度の高いコースながら大人気の市民マラソン。今年の参加者は約45,300人(抽選に漏れた個人参加者も多し)。2000年からは車椅子の部も追加されました。

P1030735
(ハーレムの116丁目付近)

車いす部門の男子で、日本の副島正純(シーズアスリート)がトップと0.2秒差で2位。

P1030740
(車椅子の部のゴールは、今もオノ・ヨーコが住んでいることで有名なダコダハウス前)


優勝者

男子;マラソン初挑戦のゲブレ・ゲブレマリアム(エチオピア)が2時間8分14秒
女子;エドナ・キプラガト(ケニア)が2時間28分20秒

今大会は世界記録保持者のハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が出場したが、右膝の不調で25km過ぎで棄権。チリの鉱山落盤事故から生還したエディソン・ペナさんは完走した(5時間40分51秒で)。


マラソンで伴走に使われたニューヨーク市警の白バイ。

P1030742

P1030744

ハーレー・ダビットソン製

P1030746

P1030748


マラソンコース。

D0107093_2311460

スタッテン島をスタートした直後、Verrazono-Narrows Bridgeを渡り、ブルックリン地区からクィーンズ地区を北上。Queensborough Bridgeを渡ってマンハッタンに入る。1st Aveを北上して一旦、ブロンクス地区を通って再度マンハッタンに。ハーレムからセントラルパークに向かって南下し、そのままセントラルパーク脇を南下。公園の東南の角から園内に入ってゴール。
http://www.ingnycmarathon.org/course_map/interactive_map.shtm


ゴールちょっと前(41km付近)。スタートから3時間経過でここを走るランナー。さすがにバテた様子はなく皆、颯爽としている。

P1030752

P1030757

セントラルパークの入口で。

P1030763

こういったバンド演奏(含むブラスバンド)は何カ所もあり。

P1030767
(5番街)


給水所

P1030777
(スタートからおよそ4時間半。バテた選手も散見する)


マラソンで賑やかなセントラルパークだが、セントラルパークの南側、59thと6Ave《ウールマン・リンク》と呼ばれるリンクがある。

春から秋はローラースケートやインラインスケート、冬はスケートリンクになる。

P1030774

絵になるねぇ・・・☆

- - - - - -
追記
■「皇帝」ゲブレシラシエ引退撤回ー2月の東京マラソン出場(11月15日記事)
- - - - - -
.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

NYC1:食べた食べた

寒くて乾燥しまくりのニューヨークから帰国しました。

年のせいか、往復13〜14時間の飛行は腰にきますねぇ。
眠いのか眠くないのかわからないし。
まもなくもう1つ年を重ねる予定・・・ゲッ!

いつもの食い食い日記;ニューヨーク編です。あまり時間がないので行く店は限られていて、何軒かは二度目の登場やもしれません。


これが食べたくて・・・

P1030652

アメリカ東海岸では《チェリーピンク》と呼ばれる、ハマグリというかホッキ貝というか大アサリというか、直径6cm前後の二枚貝を生で食べます。ワサビ+醤油というジャパネスクな組み合わせではなく、西洋ワサビ horseradish またはトマトケチャップで。ケチャップはともかく、西洋ワサビはかなーーり美味しく食べられますよん。

1つ1.3ドル程度(時価)

X2_348149d

身は分厚く食べ応え充分。
甘くてトロっとしてマス☆


朝はたいてい、宿舎近くのダイナーかファーストフードで。なお私はホテルではなく借り上げアパートメントにいますので食事は出ません。

P1030656

スターバックスも人気ですが、他のファーストフードより高いので、身なりのいい人しかいないですねぇ。ここは最近、AT&Tと組んで無料のWi-Fiが導入されたので重宝しています。

P1030801

ニューヨークは公衆無線LAN(Wi-Fi)は充実していますが有料なのがほとんどです。こちらでデータ通信可能なSIMカードを買ってもいいのですが、有効期限が30日以上で高め(しかも設定が煩雑)。通話だけなら職場支給の音声通話のみ有効のSIMカードがあるので、無理して買うまでもない。

そこで便利なのがカフェ。

市内にかなりの店舗がある《cosi》は電源コードが使えるし、店内の規模がまあまああるので長居できます。http://www.getcosi.com/ そして《スターバックス》。

この二つは店の仕組みとか内装とか価格帯とか似ています。PCを立ち上げて仕事をしている客も多いので、私も利用することが多いです。

それと《マクドナルド》もOKですが、ここは失礼ながら所得層の低めの客が多いため、PCとか堂々と広げてやっていると、客や店員から「気をつけてね」と言われてしまいます(何度か忠告されました)。

P1030734
(全ての商品がカロリー表記されているマクドナルド)

公園だとマンハッタンの42丁目&6th Ave.にあるブライアント・パークはベンチの数が豊富で一押し。公園全体が無料解放のWi-Fiエリアです。ワシントンスクエアパークやユニオンスクエアパークも公園内ほぼOK。
(セントラルパークも部分的=8カ所ではなく、こうなったら全体でやっていただきたいデス)

ニューヨーク市がやっているFreeSpotはこちら。
http://www.nyc.gov/portal/site/nycgov/


ニューヨークと言えば熟成ステーキです(笑)

今回も飽きずに行ったのが、マンハッタンではなくブルックリンにある Peter Lugar Steakhouse です。ZAGAT New York で "the best steakhouse"に26年連続選出(記録更新中)。

Peter Lugar Steakhouse
http://www.peterluger.com/
178 Broadway Brooklyn, N.Y. 11211
(718) 387-7400

前回(今年4月)で詳しく書いたところです。
http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/index.html

P1030686

P1030687_2
(ほどよい脂肪分とピンクの肉の色)

ああ・・・美味しい☆

で、

たまには浮気。

ニューヨークで最も古くに創業した Old Homestead Steakhouse で食べてみました。1868年創業で今も当時の趣で営業中。店があるミートパッキング・ディストリクトの一角は、再開発めざましく、Macintosh のアップルストアの店舗もあります。

Old Homestead Steak House
http://www.theoldhomesteadsteakhouse.com
56 9th Avenue, New York, NY 10011-4994
(212) 242-9040

P1030667

熟成させた牛肉は(やはり)ピータールーガーのような上質感はないけど、非常にレベルは高いです。

この店はU.S.ビーフのみならず神戸和牛などの取扱もあります。サイドオーダーものやシーフードに定評有り!

P1030668
(最高級のモッアレラチーズは、最高に美味しかった!)


ステーキが美味しいならハンバーガーも・・・

Shake Shack(本店)
http://www.shakeshacknyc.com/
Madison Sq. Park
(5th AveとMadison Aveの間、23~26丁目沿い)
11:00〜23:00

2004年に Madison Sq. Park 内でオープンするや否や、翌年には"ニューヨークNo.1のハンバーガー"と呼ばれる・・・。行列必須の人気店です。

P1030780

熟成させたステーキ肉(サーロインと胸肉のミックス)を使っています。アメリカでは小振りの柔らかいパンにミートパテ、アメリカンチーズ、トマト、レタス、シンプルな特製ソース(ケチャップ類はなし)という構成。

肉感の強いハンバーガーです。
噛むと極上の肉汁があふれ出てきます。

肉〜にくぅ〜肉!肉!という表現でわかりますか?

写真はミートパテが2枚(ダブル)ですが、1枚で充分です。ここのフライドポテトは実に美味しいのですが、そーなるとシングルのハンバーガーとの組み合わせでも1,000kcalは超えマス。


こちらは食べませんでしたが・・(笑)

ホットドッグ早食い選手権で有名な《Nathan's》は、マンハッタンから地下鉄で行ける(ブルックリンの南端)コニーアイランドの駅前にあります。

P1030799

早食い選手権は毎年7月4日に開催されます。

日本からは(フードファイターの)小林尊氏が過去に6連覇(2001〜2006年)。以後、ライバルのジョーイ・チェスナットに敗れて3大会連続2位。ちなみに2位でも10分間で64.5個も食べマス(優勝は68個)。

2010年の大会では、契約内容に合意できずに不参加(契約書;1年間は許可なく他の大会に出場しない・番組などで大食い・早食いのパフォーマンスを行わない)。さらに当日会場で「大会妨害容疑」で逮捕されました。

P1030795

来年の告知看板には、TSUNAMI の愛称で知られている小林氏とライバルのジョーイ・チェスナットの写真が・・・


(つづく)

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへにほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

NYCは・・

ニューヨーク(NYC)は紅葉まっさかりというより、かなり散っています。

地面が落ち葉でとても綺麗。

写真はニュージャージー州からマンハッタンをみたもの。

P1030658_2

気候的にはユニクロのハイネックのヒートテックにシャツ。そして薄手のダウンで丁度良い。でも欧米人の何人かにひとりは半袖姿なんですね・・・皮膚が壊疽してるのか???

室内はセントラルヒーティングゆえ、半袖というのが地球に厳しい。ロシアを含めた東欧諸国とか、アメリカでも北部の集合住宅は、セントラルヒーティングなところが多い。ゆえに電気代とかの心配をしないんだなwww

ゴア(元副大統領)よ、今一度、立ち上がれ。

これはこれで快適なんですけどwww
.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

NYで肉食+超正統派ユダヤ人

アメーリカに行けば、海老ちゃん・蟹ちゃん・牡蠣やら二枚貝などのシーフードも旨いけど、やっぱり「肉」に勝るものはない気がする。それも・・

taurustaurustaurus 牛ちゃん taurustaurustaurus

ステーキ、ローストビーフ、ハンバーガーは「天下一品」ではないだろうか。

旨いっ!という店の牛肉は、日本のような霜降り肉は使わない(たぶん存在しないだろう)。ズバリ、赤身で勝負する。USビーフは硬い&パサパサ感があるため、それゆえ専用の熟成庫で28日間ほど熟成させたものを料理する。この手間暇が美味しいステーキ肉になる。

さてステーキといえば・・ニューヨークはブルックリンにあるPeter Luger Steakhouse(ピータールーガー)だろう。二十数年連続、ニューヨークステーキハウスNo.1の店でミシュラン1つ星。

世界最強のステーキハウス(・・と思っている)。
http://www.peterluger.com/

・・・行った。

ピーター・ルーガーのステーキは、Poterhouse Steakというステーキには最適の極上部位を出す。簡単に言うと骨付きTボーンステーキ。

※Tボーン;Tの骨の片側がニューヨーク・ストリップ(サーロイン)、そしてもう片側はテンダーロイン(フィレ)。Poterhouseとは大きなテンダーロインでもっとも上等な部位を指す名前らしい。

Ipad_sk2_14_2
(なんとこれで1人前;スプーンはカレー用よりデカイのだ)

鉄板で出すと無駄に火が通ってしまうので、この店では保温された皿で出す。骨付きのまま大まかに切られたものが運ばれる。ウエイターはそのうちの何切れかを肉汁脂とともに小皿に乗せてくれる。

Ipad_sk1_14

外はカリカリ・・・
中はジューシー
脂が極端に少ない部位ゆえ、脂っぽさは感じない

肉汁と野性的な旨味が口いっぱいに広がり・・・
驚くほど柔らかい
噛めば噛むほど旨味が・・・

う、う、旨いっ

1年に1回くらい食いたい。
(量がスゴイので、前日の晩飯からセーブすることを勧めるよ)

ランチだけ食べられるハンバーガーも絶品☆
ステーキ肉を使い、つなぎ一切なし。

Peter Luger Steakhouse
178 Broadway Brooklyn, NY 11211
現金のみ
J・M・Z線"Marcy Av"が最寄り駅


NYには、セレブご愛好の高級ステーキ屋Wolfgang's Steak Houseがある(ハワイはワイキキにも支店が出来た)。ピーター・ルーガーに41年間勤務したウェーターが独立してつくった店で、同じような牛肉を同じように熟成させて扱っているが値段は・・倍ッ!

でもやっぱピーター・ルーガーだねっ!
焼き方が違うんだな・・w

ただ店の立地場所が悪い。。


店のすぐ南側Satmar地区には、ユダヤ教徒でも613の規律を日常的に守って生活する「超正統派Haredi」の居住区がある。ニューヨークでは「ハシリックジュー」とか呼ばれているらしい。

P1030478
(イエシバと呼ばれる神学校前にて)

P1030479_2


アダムスファミリーの集会か?


P1030484_2
(自販機にはヘブライ文字が‥)

この町内専用?の救急車にもヘブライ文字が併記されている。

P1030482_2

現在のユダヤ教は大まかに、超正統派・正統派・改革派の3つに分けられる。

上の写真は「超正統派」。正統派は一般的な服装だが、頭にキッパ(ヤムルカ)と呼ばれる小さな円形布を乗せているので見分けは容易。 1番多いのが改革派。

超正統派の男性は、夏も冬も黒の上下スーツ(ロングジャケット)に黒のシルクハットをかぶる。もみあげは切らず縦巻きカールをする。人によっては髭も伸ばす。

超正統派の女性は、スカーフを帽子のように巻き込むか、ツバのない地味な帽子で髪を覆う。胸元を完全に隠したデザインのブラウスに膝下スカート。いづれも黒っぽい服。

彼女たち、実は見えている髪の毛は全て「カツラ」デス。

彼女たち、丸坊主デス(慣習により;性的魅力をなくすため)!

異教徒宅には行かず、仕事をもたず、聖典トーラーを読み、礼拝は1日3回行う。勤労はしないので、青白く長身でヒョロヒョロな人が多い。彼等の生活はユダヤ教団体などの援助によってまかなわれている。避妊を認めないので子沢山。生活は・・豊かさを感じない。

因みに超正統派でもNeturei Karta派の人々は、「真のイスラエルの再建はメシアの到来によってなされるべきであり、人為的に行うものではない」=シオニズムには断固反対!と言う。第二次世界大戦中に沸き上がったシオニズムは、同大戦末期におきたユダヤ人大量殺戮(ホロコースト)につながった。これはユダヤ人の罪=神の罰である、と言い切る。よって在イスラエルの超正統派は兵役を拒否している(政府は免除と明記している)。

超正統派Harediの人々は、過酷な弾圧が続いたドイツやポーランドなどの東欧出身者(=アシュケナディム)が多い。共通言語はここでは英語ではなく「イディッシュ語」だ。イディッシュ語は、ドイツ語が母体で、スラブ語とヘブライ語とアラム語等の要素が加わった言葉で、書き文字はヘブライ文字(右から左に書く)。

※ユダヤ人の大きなコミュニティとして、スペイン系ユダヤ人(=セファルディム)がいる。彼等の共通言語は「ラディノ語」(=ジュデズモ語/ユダヤ・スペイン語)。書き文字はやはりヘブライ文字(右から左に書く)。

同じユダヤ教徒でも解釈度合いがかなーり違うため、ニューヨークでは、改革派はマンハッタン(ロウアーイーストサイド&アッパーウエストサイド)、超正統派はブルックリンのウィリアムズバーグ(写真)とクラウンハイツに、と住み分けているようだ。

それにしても不思議な空間だったなぁ・・・

ブルックリンのクラウンハイツにあるThe Chassidic Discovery Welcome Centerでは、Jewish Hassidic Walking Tours(Daily Public Tour)が行われている。土曜・ユダヤ教の祝日を除く毎日、午前10時から4時間弱。有料。
http://www.jewishtours.com
http://www.zerve.com/JewishTours/PubWalk

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへにほんブログ村 旅行ブログへ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

帰国しましたよん

朝9時半過ぎ。

マンハッタンの103丁目付近にある職場の借り上げアパートを出て、(経費を浮かせるため)地下鉄を乗り継いでJFK到着。

朝だけど、とーーーってもビールが飲みたかった気分だったので、仕事しながら、(浮かせた経費で)大好きなボストンのビールSamuel Adamsを飲み、肴には・・こーってりとしたスペアリブとか小海老フライとか芋フライなんかを食い・・・

P1030524_2

P1030525_2
(ダイエット中とは思えない超高カロリーな肴)

機内では映画を3本(恋するベーカリー= It's Complicated、The Young Victoria 、笑う警官)とアバターを少し。アバターって改めてみると安っぽい話だなw

そして虚ろに寝た。

飛行時間は14時間弱。
さすがに疲れた・・

P1030530

でもご注文のiPadを配りに、何故か引き渡し場は居酒屋(笑)


息子達は元気でした☆

Ipad_masao1

P1030539

Ipad_haruo1

Ipad_haruo3_3

癒やされます・・heart

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

ニューヨークでiPad 64GB Wifiを買ったっ

実は私、Macintoshひと筋ウン十年なので、Windows(窓)が使えません。幸いにも「窓がなければ失職する」みたいな職場にはいなかったのはラッキーだったかも。

Macintoshとの付き合いは実に長く、往年の名機Mac128kから知っていて、最初に買ったのはSEだったかな。LCとかQuadra650とかPowerBook 1400cとかiMacとか・・。OSも漢字Talk 2.0とか。HyperCardなんて革新的なモノだったんですぞ。ああ、書いていて懐かしい。

なわけで、アップル社が頑張る=我が子が頑張っている・・気分です(笑)。

さすがにPCはそんなには買っていないけど、iPodが出た時とか、iPod15GB、iPod shuffle(頂きましたっ)、iPot nano・・iPhone2G(AT&T縛り)、iPhone3G(SIMfree)・・・買ってますな。

iPadも・・・買いまんがな(失笑)

米国入国後、散々宣伝を見せられているし、まだ日本未発売だし←新しいモノ好き☆

P1030405_2
(NYC;市庁舎近くの電話ボックス)

丁度頃合いも良いNY出張。
私に「買いなさい、買えば汝は救われる」的な啓示かも←思い込み☆

行き先は当然、五番街にあるアップルストア☆

P1030384

五番街を挟んで反対側にはプラザホテル、斜め前にはセントラルパーク。いわゆる日本で言う東京・銀座の中心地ですね、ここは。

P1030387_2

格好いいっ!

店は地下にあるのでガラスの筐体は、階段とエレベーターだけのもの。洗練されておりますわー!

P1030403_2

店内の中心部に螺旋階段が配置されている。店舗はこの地下1階のみ(広いけど)。なんと24時間営業。店内は無料のWi-Fiが2局流れているので使い放題。故に窓機(windows)を持った座り込み客も少なくない。

P1030388

売り場の1/5は、iPadの宣伝ブース。展示品はiPad 16GB Wi-Fi版。推定で30台は置かれて弄られていた。入っているアプリはどれも一緒ではないので、違うiPadを触ると新しい発見がある(たぶん)

mixiにアクセスしてみた。

現れるキーボードのデカイこと!
全くストレスなし。

P1030394

背面。
美しいアルミの筐体・・・

P1030395


デモ品に群がる人々(待ち人までいる)。

P1030389_3

レジ。

「iPad64GB下さい」
「iPad32GBも下さい」

P1030401

「iPad64GBはありますけど、iPad32GBはありません。不定期納入なのでちょくちょく来てちょうだい」なる店員。そうか・・・とりあえず(私の)64GBは買っておこう。


店員に「他店には32GBはあるのけ?」と聞いてみると、「知らない」と言いやがる。ならば行くのみ!・・行きやすい《14丁目チェルシー店》に行けば・・・

工場なのか何なのか、元々は古くさい建物を内部だけナイスに改築した店舗だった。

P1030413_2

P1030411_5

ありましたがな、iPadの32GBちゃん。

戦利品。

P1030431_5

そして箱の裏の商品シール☆

P1030432_2


時間がなかったので職場の近くにある、味付けローストビーフの(庶民的な)バーガー屋に行ってみた。

P1030377

見るからにマズそうだが、不味かった・・・w


一方、グランドセントラル駅地下のオイスターバー。

定番のクラムチャウダーは、クラム(アサリと蛤の中間みたいな貝)が季節物なせいか、いつもより美味しい。

P1030422_2

牡蠣は身が痩せつつあるが、二枚貝が旨い季節。

P1030423

チェリーストーンは、蛤(大)以上というか、寿司屋の赤貝以上のにデカくて肉厚。味が濃い。

P1030430

こちらはクラムチャウダーのクラム。小振りだけど旨さが凝縮されている☆

P1030425_2

明日も会議は(火山灰騒動のお陰で欧州人不在ゆえ‥)短縮。

至福♪

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

ナイアガラの滝(3日目ではない)

ナイアガラの滝ではなく、ナイアガラ川をちょっと。

ナイアガラ川は、(五大湖)エリー湖からオンタリオ湖に流れる全長58km。ナイアガラ崖線に沿って川は流れる。ナイアガラの滝からオンタリオ湖の手前までは渓谷になっている。

P1030346_2
(右から左へ流れている。右にナイアガラの滝あり)

対岸はアメリカ、手前はカナダ。

ナイアガラの滝(アメリカ滝)至近にあるレインボー橋とは別の、2kmほど下流に鉄道橋が架かっている。もっともこの鉄道橋は廃橋になっており、現在はそのすぐ横に機能的な二段橋(上が鉄道=カナダ大陸横断鉄道・下が車道専用)が架けられている。

P1030357_2
(廃橋)

P1030356_3
(現役の二段橋)

P1030355

P1030354


せこくバス(グレイハウンド)でアメリカ側のバッファローまで行ってみた。バスはナイアガラの滝近くの橋でも、上の写真の橋でもなく、エリー湖がナイアガラ川に流れ込む地点の橋を渡る。

P1030361_4

P1030368

橋を渡れば「アメリカ入国」である(バッファローの町)。

P1030366_4

タクシーや自家用車だと、イミグレで軽く質問されてGO!だが、バスは勝手が違った。バスを降りてイミグレのオフィスに出向き、荷物をX線?機械にいれて検査。果物やハムなどは没収される。

入国審査だが質問攻めだった。バスで入国する人物は問題児と思っているのか、えらくしつこい。

私の場合、無数の出入国スタンプ。イラン・グルジア・アルメニア・ロシアのスタンプが引っかかった。何故これらの国に行ったのか?(イランはサッカーACL観戦だが)とか、旅行にしてはスタンプが短期間で多すぎる(丸3年で増補のページも使っている)とか、ウザイ。

なんとか切り抜けたが約20分もかかった・・w
バスでの入国はやめよう・・・w


で、グレイハウンド(バス)だが、なんとまあデカい。

P1030371_3

P1030372_7
(奇遇にもニューヨーク市行き;9時間はかかるらしい)

長距離用だが、椅子間は狭いし、椅子自体も小さい。アメリカの巨デブは通路を通るのも難しいかも。そんなバスだがひとつだけ感心したことが・・・

P1030359_2

なんと前の席の下部に「コンセント」があるんだな。
しかも全席にある。

時代はコンセントだっ(日本も見習え!)

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

ナイアガラの滝(2日目)

本日、快晴☆

アメリカ側に行ってみた。

ナイアガラ川に架かるレインボー橋は歩行者も通行可。カナダ・アメリカとも出国はノーチェックだが、入国時はイミグレで質問攻めにあう。それとカナダ側(のみ)を出国するとき、カナダドル&米ドルどちらか50セントの通行料を取られる。

P1030200_3

P1030112_4

橋からみたアメリカ滝(&ブライダルベールの滝)・カナダ滝。

P1030197

橋の中間部分に「国境線標識」あり。

P1030194_2

アメリカ側からアメリカ滝をみてみた。

P1030137_2

ついでにブライダルベールの滝から、アメリカ滝とレインボー橋をみる。ゴージャスな白糸の滝・・みたいなものだが、水量が凄い、それとブライダルベールの滝付近には残雪が・・w

P1030162

ルナ島からカナダ滝をみた。馬蹄形のこの滝の中央部分は見えないが、迫力は満点だ。

P1030165_2

P1030173_2

ルナ島からカナダ滝に向かう道から・・。滝から雲のような水しぶきが上がっている。

P1030177_3


アメリカ側(バッファロー)で「アラスカ産サーモンステーキ」を食べてみた。まあまあ。

P1030187


カナダ側に戻り、カナダ滝の滝壺まで至近に迫るMaid of the Mist号に乗ってみた。

P1030305_2

当初はカナダ滝をかなり滝壺に降りた展望台Jouney Behind the Fallsから見る予定だったが、値段差があまりないし、ホテルのオヤジが熱烈推薦するので(笑)。最大水量の今、行く価値があるそうな。

最初はアメリカ滝。これは横をかすめるだけ。

P1030214

カナダ滝・・☆

P1030243_3

- - - - - - - - -
上からみるとこんな感じ

P1030271

- - - - - - - - -

滝に向かって進む船は、そのままワープしそうな気分になる。まるで映画の1シーンだ。

P1030228

もう、びしょ濡れ・・!

P1030235_2

P1030237_3

かなーり楽しかった。水量が少なめだと周囲の景観も楽しめるんだろうけど、それどころではない(笑)

水仙が満開。
桜っぽいのもあったけど、まだ蕾が硬い。

P1030263

黄昏れるインド人(シーク教徒)

P1030297


もっと上からみてみた。
カナダ側にはSkylon Towerなる展望台がある。

P1030315

とても広い、広すぎる川幅だったのね(驚)

P1030314_3

P1030317_2


カナダ側の街;ナイアガラ・フォールズは栄えているように見えるけど、華やかなのはSkylon Towerの周辺のホテル&カジノ群地区と、レインボー橋の袂の観光客向け商業施設のみ。あとは広大な原野に家がパラパラ・・・

レインボー橋の袂の観光客向け商業施設。観光客を飽きさせないよう、蝋人形館やらカジノ、遊園地等あり。建物も凝っている。

P1030338_2

P1030339_2

ちなみにアメリカ側(バッファロー)にはこーんな施設はなく、地味。経済大国の余裕なんでしょうかねぇ。

いま私はここから車で2時間弱の大都市トロント(カナダ)にいますが、明日は飛行機でニューヨークに戻ります。

休暇は終わり、仕事でございます。
かなぴー(泣)

ナイアガラの滝(1日目)

ニューヨークからバファローまでの飛行時間は1時間15分。

空港からナイアガラの滝(カナダ側)までは公共バスを使わずタクシーで行った。この2日間、ろくに寝ていないので判断能力が鈍りまくっているので、どうせ迷いまくるだろーし。値段は55米ドルだからNYマンハッタンからJFK空港までとほぼ同額ね(距離はコチラの方が倍くらいあるけど)。所要時間は40分弱でホテルに到着。楽ちんだった。

考えてみれば3度目のナイアガラだが、米国側から行くのは初めてだ。

ナイアガラ川にかかるレインボーブリッジ。

写真の奥は米国側で手前がカナダ側。橋の両岸が互いのイミグレになっていて、国境は橋の中央。年中無休、24時間営業。なお写真の右側にアメリカ滝がある。

この橋は1940年5月から工事が始まり、1941年11月に完成したもの。1941年といえば昭和16年。日本は同年12月8日にマレー作戦及び真珠湾攻撃が成功して、大東亜戦争が始まった同時期のモノとは感慨深い。

P1030047

ナイアガラの滝は世界3大名瀑のひとつ。アメリカ滝・ブライダルベールの滝とカナダ滝の3つからなる。世界3大名瀑の残り2つはアフリカのビクトリア滝・南米のイグアスの滝で、この2つは世界遺産だがナイアガラの滝は世界遺産ではない。

P1030055
(左からアメリカ滝、少しだけ離れてブライダルベールの滝。馬蹄形の滝がカナダ滝)

アメリカ滝のアップ。左がアメリカ滝 (落差約21m〜34m、幅約260m)で、右がブライダルベール滝 (落差約55m、幅約15m)。ゴージャスな白糸の滝(富士山麓)といったところか。

P1030068_3

フォトジェニックなのはカナダ滝。落差約53m・幅約670m・滝壺の深さ約56mで馬蹄形だ。

P1030079_3

カナダ滝のかなーり滝壺の近くまで、遊覧船"Maid of the Mist"が接近する。カッパを配られるが滝の飛沫で濡れまくる。以前、乗ったがカッパの隙間から水が入ってズブ濡れになった・・・(今回はパスの予定)。

P1030072_2

明日、トライしようと思うのはJouney Behind the Fallsで、カナダ側のテーブルロックから地下に46m掘り下げたトンネルを抜けると、滝壺の真横に出られるもの。写真の右下の展望台に行くのだ。

P1030083

テーブルロックは、カナダ滝の落下地点が間近にみられて迫力がある。高く舞い上がる飛沫は風の流れでモロに被る。

P1030089_2

これはその動画。

観光客だが何故かインド人が多い。それも渋い系のシーク教徒(ターバンを巻いた人達)が目立つ。でも寒さと吹き上がる滝の飛沫に震えあがっていた。半島の方と大陸の方はまあまあ。

日本人は稀少だった。日本人にはナイアガラの滝は浸透したので、もう卒業なのかしら。夕方だったから少なかったのかな・・・

晩メシは、カナディアンビーフ(AAA級)のサーロインステーキ。肉質はいいんだけど、熟成と焼き方がイマイチなのが残念。地ビールは旨かったYO

P1030107

明日は米国側に潜入する予定。

でばでば・・☆

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆