2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-外国為替-

« ベラルーシ:建築物1 | トップページ | ベラルーシ:建築物3 »

ベラルーシ:建築物2

ミンスクの大動脈ネザレージナスツィ通りの1本南東側に、キーロフ通り(革命通り)がある。


大きな地図で見る

ナチス・ドイツに破壊される前のミンスクの面影が残っているとか。

P1000996_2
(ミンスク駅より眺める)

Dsc07428_2

この通り沿いには、数軒の(まあまあ)美味しい地元密着型レストラン&パブがある。

Dsc07436


オクチャブリ広場(十月広場)からスヴィスラチ河を300mくらい北へ上がったところに、トラヤツカヤ旧市街地区がある。


大きな地図で見る

これは戦前の商家などの街並みを復元したもの。(規模はショボイ)

P1010027

P1010029

窓が3つで統一されているので、これは戦前は多く住んでいたユダヤ人(ユダヤ教徒)の家だったかもしれない。ユダヤ教カライ派教徒の家や宗教施設は、いずれも通りに面している部分に、平行に配置した《3つの窓》がある。

P1010028

※1939年、ナチドイツ内務省は「カライ派をユダヤ人としない」と決定。カライメ族は、ナチスドイツからの迫害(ホロコースト)から免れた。


自由広場(かつての大聖堂広場)。スヴィスラチ河の南のなだらかな丘がヴェルフニー・ゴーラド地区。旧市庁舎やいくつかの教会が建つ。


大きな地図で見る

ベラルーシ正教会の総本山の聖霊主教座聖堂。

1642年にローマ・カトリックの教会として建てられたが、1852年にロシア正教の教会になった。「ミンスクの聖母」と呼ばれるイコンは、奇跡を起こすイコンとして有名(ウクライナはキエフに流れるドニエプル川に捨てられたが、川を遡ってミンスクに着いたそうだ)。

P1010020

P1010022

聖霊教会(Church of the Holy Spirit)

P1010019

旧市庁舎

P1010014

自由広場が隣接する大きな通りはレーニン通り。ネザレージナスツィ通りまでの200mに、西欧並みの重厚な歴史的建築物が建ち並ぶ。

P1010052


ミンスク市の外れにあるガソリンスタンド。

P1010229

P1010242

セルフサービスで、代金はこのキオスクスタンドで払う(前払い)。キオスクなので日用雑貨も扱う。薪の着火材とかもある。

P1010241

コーヒーは自販機で(韓国製)。

P1010239_3

で、ガソリン代金だが、ベラルーシ・ルーブルだけではなく、ロシア・ルーブル、ユーロ、アメリカ・ドルでも支払える。ガソリン価格を示す表示板も1分ごとに、使える通貨で表示されている(それだけ出稼ぎに行く人が多い)。クレジットカードはあまり使えない。

P1010235
(ベラルーシ・ルーブル表示)

P1010234_4
(ロシア・ルーブル表示)

P1010231
(アメリカ・ドル表示)

P1010237
(ユーロ表示)


.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.

« ベラルーシ:建築物1 | トップページ | ベラルーシ:建築物3 »

zone(欧州)」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/52630127

この記事へのトラックバック一覧です: ベラルーシ:建築物2:

« ベラルーシ:建築物1 | トップページ | ベラルーシ:建築物3 »