2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-外国為替-

« 36日目の宮城県岩沼市を走る | トップページ | 36日目の宮城県仙台市を走る »

36日目の宮城県名取市を走る

東北道白石ICから国道4号線に入り、県道125号線で海岸方向に。岩沼市内の県道10号線(県道塩釜亘理線)を走って仙台空港方面に行く。


大きな地図で見る

Img_6485

津波は大地震の約1時間後の15時50分頃。海岸から1kmほどしか離れていない仙台空港は津波にのまれ、空港も超えて東部道路を越える辺りまで到達した。

Dst11031312510049p10
(写真:産経新聞web版より

(パノラマ写真はこちら)

震災の4日目に自衛隊が600m~1,500mの間の航空機、車両等の障害物を除去。同日、米軍機C-130着陸が可能になったため、翌日より救援機による物資輸送が可能となった。10日目あたりで米軍による復旧活動で滑走路が復旧した。4月13日から旅客便の運行が再開した。

Img_6488

空港ビルは中2階まで浸水、1階部は壊滅状態、滑走路のほとんどが冠水した。

1階あるには電気設備・受変電設備・ボイラー・空調設備・自家発電・消防設備・監視カメラ等の機械電気設備も全滅状態。大地震と津波が到達した時、ビルには空港職員等約100人が残っていた。さらに周辺住民約1300名が避難した。

救出隊が入ったのは水位が下がり始めた翌日。その翌日の13日に水が引いた。泥が被り流木やゴミが散乱している状態だった。

(仙台空港がある海岸沿いの平野部約9万ヘクタールに対し、地震の2日後からポンプ車で排水作業を開始、27日に完了した)

Img_6492

Img_6487
(火災があった空港内の付属ビル)

仙台空港ターミナルビル会社によれば、全路線の運航再開は9月中旬になる見通しで費用はおよそ数10億円。だが復興に向けて少しずつ動き出している。


仙台空港前の駐車場から海岸部に移動。名取川に向かって北上する。


大きな地図で見る

道路以外はほぼ手つかず。

Img_6503

Img_6498

Img_6500

Img_6515

Img_6522

Img_6535

Rimg2852

Rimg2858

Img_6548

Img_6551


名取川にかかる閖上大橋が通行不可のため、東部道路まで迂回して川をわたり、仙台市若林地区に北上します(つづく)


.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆


« 36日目の宮城県岩沼市を走る | トップページ | 36日目の宮城県仙台市を走る »

地震」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/51425872

この記事へのトラックバック一覧です: 36日目の宮城県名取市を走る:

« 36日目の宮城県岩沼市を走る | トップページ | 36日目の宮城県仙台市を走る »