2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

« 我孫子市の液状化地帯を行く | トップページ | 36日目の宮城県名取市を走る »

36日目の宮城県岩沼市を走る

2011年3月11日14時46分、日本の三陸沖(牡鹿半島の東南東約130km付近)の深さ約24km(暫定値)で日本の観測史上最大のモーメントマグニチュード9.0の大地震が発生した。

地震に伴い大津波が発生。平野で波高10m以上、三陸海岸などの地形が複雑な地域では最大遡上高として38.9mが襲った。

※津波の「波高」=海面、「遡上高」=陸上での高さ。

津波が到達した地域では、家屋の他、各種ライフラインや道路・鉄道など全てのものが壊滅的な被害をもたらした。建築物の全壊・半壊計少なくとも7万戸だが全容はわかっていない。

震災による死者・行方不明者は約28,000人(2011年4月16日時点)だが、これも全容把握には至っていない。避難者は13万人以上。


宮城県岩沼市は仙台空港(名取市)に隣接し、阿武隈川の河口に位置する。

宮城県岩沼市消防本部によれば「岩沼市の津波の高さはおよそ10m。深刻な被害は海岸から1~2km地点まで広がっている」。死亡者101人のうち身元不明34人(4月19日現在)。

私達は東北道白石ICから国道4号線に入り、県道125号線で海岸方向に。県道10号線で仙台空港方面に向かって走った。

津波が到達していない区域では、倒壊はそれほど多くないようだが、津波が襲った県道4号線の太平洋側の早股・押分・空港付近の地区の被害が甚大だった。


大きな地図で見る

宮城県の仙台市・名取市・岩沼市の3市にまたがる約9平方キロの海岸沿いの平野部を襲った津波(海水)は河川の流域では内陸約5kmまで到達。水位は1m以上あった。行方不明者の捜索のため大地震発生2日後の13日から、ポンプ車延べ176台が出動し24時間態勢で排水作業を行い、27日に終了した。

大地震から36日目・・・

Img_6469

Img_6481

大きな瓦礫は撤去されたが・・・

Img_6476

工場などの敷地には道路上にあった瓦礫や倒木が避けられたまま。

Img_6483


(つづく)
このまま仙台空港がある名取市にはいります。
.
.
.
- - - - - - -
Erp11031320400011p1

厳しい現実だけど、
みんながつながっている。
一人ではありません。
いつか痛みが癒えて心から笑える日が来ますように。
この先の人生に喜びと実りがありますように。

明日がいい日でありますように。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

« 我孫子市の液状化地帯を行く | トップページ | 36日目の宮城県名取市を走る »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島原発&放射線物質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/51425236

この記事へのトラックバック一覧です: 36日目の宮城県岩沼市を走る:

« 我孫子市の液状化地帯を行く | トップページ | 36日目の宮城県名取市を走る »