2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

« ハルオさん、足輪を切る | トップページ | 鳥も人間も無事です »

湯沢温泉雪祭り

3月5日土曜日18:30〜。
(今年も無事に)開催された《第59回湯沢温泉雪祭り》

JR越後湯沢駅から湯沢高原布場スキー場に行く湯沢温泉街の町道では夕方、各々趣向を凝らしたキャンドルサービスが始まる。

Rimg1712

Rimg1713

Rimg1716

Rimg1715

布場スキー場前では夜店も営業中。

Rimg1718

御輿も・・・

Rimg1720

会場の布場スキー場では、3人のミス駒子&ゆるキャラ「レルヒさん」による福餅まきをやっていた。

Rimg1726

催し物をやっている間に《湯沢スキー神社》に参拝。神社はスキー場の中腹にあるのでちょっとした登りであるな。

Rimg1727

Rimg1728

Rimg1731

ご本尊はスキー板を履いていらっしゃいます!

Rimg1733

催し物会場に戻ると、いつもの2人が歌い始めるところ。寒いのによく手が動くなぁ〜と感心するばかり。

Rimg1739

ついでなのでレルヒさん(とミス駒子)を撮影してみた。

Rimg1742

レルヒさんとは・・・テオドール・エドレル・フォン・レルヒ少佐、オーストリア・ハンガリー帝国の将校。

日露戦争でロシア帝国に勝利した日本陸軍の研究のため、1910年に来日。高田歩兵第58連隊(新潟県上越市;堀内文次郎連隊長)の営庭や、上越市高田の金谷山などで指導をおこなったが、スキー教師ではない。因みにレルヒ少佐が伝えたスキーは、杖(=ストック)を1本だけ使うスキー術。

1911年1月12日、金谷山で発せられた「スキーを履きなさい Mettez les skis!」の掛け声とともに日本のスキーが始まったとか。仕事そっちのけでスキーを楽しんだという逸話もあり。

2010年はレルヒが日本にスキーを持ち込んで100年目(2010〜11年は記念事業)。


スキーやスノーボードによるジャンプパフォーマンスが始まったので友人宅に戻る。鍋をつついていたら松明滑走が・・・そして花火!

Rimg1749

雪と花火って美しいっ!

Rimg1757


来年は第60回目。

年々ショボくなるこの祭り。
どうか・・・存続しますように。


オカメインコのハルオさん、サザナミインコのみどりさん。
翌々日、東京へ戻る。

Rimg1801

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ>にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

« ハルオさん、足輪を切る | トップページ | 鳥も人間も無事です »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雪の進軍、氷を踏んで、何処が雪だか道さえしれず。馬は倒れる道さえ知れず……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/51110207

この記事へのトラックバック一覧です: 湯沢温泉雪祭り:

« ハルオさん、足輪を切る | トップページ | 鳥も人間も無事です »