2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

« インド旅行3;トリチー(インド最大の寺院都市) | トップページ | ハルオさんの独演会(動画) »

インド旅行4;南インドの庶民的な食事

南インドの食事といえば、カレー定食なる《ミールス》。

北インドでは《ターリー》と呼ばれるが、南インドでは《ミールス》と呼ばれる。北インドに比べるとグーッと庶民的な定食。総菜食べ放題で1食30〜60ルピーだが(1ルピー=2円強)、インドでは2人に1人が1日当たり40円以下で暮らしているので、決して安いモノではない。

ガッツリ食べられるミールスは「昼」に食べるモノらしく、夜は出さない店も多い(朝晩は軽食)。また南インドには菜食主義者が多いので、野菜料理は豊富。

店に行くと、まずバナナの葉と水が置かれる。客はバナナの葉に水を少しこぼして、右手の指で表面を隈無くなぞり、水を切る。この清めの儀式が重要なそうな。

Dsc00648

程なく給仕がきて、バナナの葉の上に、塩辛い漬け物「アチャ-ル」、塩や薬味粉(種類が多い)、野菜の炒め煮などをおき、ご飯を盛る。

Dsc00710

別の給仕がラッサム(トマトやタマリンドを煮込んだ酸味と辛みのあるスープ)やサンバル(野菜の酸っぱいカレー)等を持ってくる(インド人客にはいきなりご飯にかける場合多し)。客はこれをご飯とよく混ぜて食べる。おかわり自由ね。

P1000326
(ラメーシュワラムの巡礼者用食堂のミールス。私達は外国人なのでご飯をステンレス皿で持ってきた)

下はイドリという米粉を発酵させて蒸したもの・・・の定食(総菜はミールスと大差なし)。

プーリーと呼ばれるチャパティの生地を油で揚げたものが添えられる。揚げたては膨らんでいるが、膨らんでいるほど良いとされる。

P1000285
(トリチーの庶民的食堂にて)

米粉は南インドではよく食べられる。イドリの生地を油を敷いた鉄板に薄く広げて焼いたモノがドーサ。これは軽食で、朝晩に食べることが多いようだ。ドーナツ状のものはワダといい、すりつぶした豆粉を水+@を加えて練って揚げたもの。

P1000404
(ラメーシュワラムの安食堂にて)

P1000612
(ラメーシュワラム駅の食堂にて。薄く焼かないドーサ;ウッターパン)

下のはウップマと呼ばれるもの。

様々なウップマがあるが、セモリナ粉、青唐辛子、マスタード種、クミン種、カレーリーフ、豆などを炒め煮したものだそうな。主に朝食で出される。

Dsc00841
(ラメーシュワラムの安食堂にて)


南インド料理は北インド料理とは(見た目は似ているが)かなり異なる。

南インドではココナツを多用し、辛みスパイスはマスタード種、香草としてカレーリーフを使う。乳製品はヨーグルトくらいで、炒め油もマスタード油やごま油をつかう。

南北に関係なくヒンドゥ教の世界観では、浄と不浄が明確に差別化されている。食事は口に入るモノなので、料理人や給仕人はバラモン階級の出身者が多い。

インド料理は「油炒め」か「揚げ物」が多いが、これは油を高温に熱することで、不浄なモノを浄化するという意味合いが強い。バナナの葉を皿代わりに使うのは、1回の使い切りゆえ浄の度合いが強いこと(バラモン階級が給仕するので不浄度は低い)。

陶器の皿よりステンレスの皿が好まれるのは、陶器は水分などを吸収するが、ステンレスは吸収しないということで、比較的「浄」に近いモノとみなす(バナナの葉の方が好ましい)。スプーンやフォークも同じ。ただ「浄」を突き詰める人は、右手の3本の指のみを使って食べる。

・・・ということで、街角やバスターミナル等で見かける「スナック屋」は、ほとんどが揚げ物。

P1000230

南インドは浄・不浄の概念が厳しいため、油料理ほど高温を伴わない窯焼き(ナンなど)や素焼き(チャパティ)は、外食ではあまり好まれていないようだ。

ご飯の他に添えられるパン類;ローティー(窯焼きするナンとほぼ同じ生地)やパラーター(チャパティの生地)は、焼き上げるのに多くの油を使う。プーリー(チャパティの生地)は油で揚げる。

Dsc00490


南インドで美味しいモノといえば、チャイ(ミルク紅茶)。そして特産のコーヒー(ミルクコーヒー)だ。

Dsc00658

両手に持ったカップからカップへ、チャイ/コーヒーを移しかえる。砂糖・ミルク・紅茶(コーヒー)がよく混ざるための技。

Dsc00598

この泡が匠の技の証☆

P1000231

ミルクも砂糖もたっぷり激甘なんだけど、南インドで飲むと旨いんだなぁ。

(つづく)

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへにほんブログ村 旅行ブログへ

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

« インド旅行3;トリチー(インド最大の寺院都市) | トップページ | ハルオさんの独演会(動画) »

zone(東南アジア・南アジア)」カテゴリの記事

コメント

亀レスすいません・・・

chickshinさん
南インドのカレーは旨いねぇ。
脂っこくないし。
南インドだけなら何回か行ってもいいわ〜

南インドなつかしぃ~happy02
そう、バナナの葉っぱ引いて喰うカリーがうまいんだよね
久々に行きたくなりましたわ(*^ー゚)bグッジョブ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/49324710

この記事へのトラックバック一覧です: インド旅行4;南インドの庶民的な食事:

« インド旅行3;トリチー(インド最大の寺院都市) | トップページ | ハルオさんの独演会(動画) »