2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-外国為替-

« ソウルあれこれ | トップページ | 山田うどん »

板門店+臨津閣+第3トンネル+都羅山駅

朝鮮戦争(1950年6月25日~1953年7月27日)は韓国では一般的に「韓国戦争」と呼び、北朝鮮では「祖国解放戦争」と呼ぶ。

1945年8月、それまで統治していた日本が敗戦で朝鮮半島から撤退。北緯38度線をはさんで南北にアメリカとソ連による分割統治となるが、すなわち共産主義と民主主義の対立でもあった。1948年、北はソ連の後ろ盾で北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)・南は米国の後ろ盾で韓国(大韓民国)として独立する。

韓国の併合を企む北朝鮮は、庇護国のソ連の「毛沢東の許可を得ることを条件に韓国侵攻を容認」をもって、1950年6月25日、北朝鮮軍が38度線を越境して韓国へ奇襲攻撃を仕掛けた。

※北朝鮮側は、当時から現在まで「韓国側が先制攻撃したものに反撃したのが開戦の理由」と言い続けている。

開戦2日後、国連はソ連欠席中に「北朝鮮弾劾決議」を採択、韓国防衛のため米軍主体の22カ国からなる多国籍軍(国連派遣軍。以後、国連軍)を結成。韓国の首都ソウルが陥落した翌日に国連軍は韓国に展開するが、準備不足もあって連敗を重ね、北朝鮮軍は釜山以外を占領する。

同年9月15日、国連軍は仁川上陸作戦(クロマイト作戦)の成功でソウルを奪回する。国連軍は10月20日には北朝鮮の首都平壌を制圧し、38度線を大きく越えて一部は中国の国境線まで進軍する。

国連軍が38度戦を越えたことを確認した中国は、北朝鮮への援軍(前線20万・総兵力100万)を出す。12月5日には中国・北朝鮮軍は平壌を奪回。翌年1月4日にはソウルを再度陥落させた。だが国連軍は体勢を立て直し、3月14日にソウルを再奪回した以降、両軍は38度戦付近で膠着する。

1953年7月27日、北朝鮮領の板門店で、北朝鮮&中国人民志願軍と国連軍の間に休戦協定が結ばれ、北緯38度付近の両軍の最前線が軍事境界線(事実上の国境線)となった。韓国は休戦を拒否したので調印には参加していない。

現在、板門店の周囲は南北両国の共同警備区域(JSA-Joint Security Area)となっている。境界線を挟んで北朝鮮側に「板門閣」、韓国側に「自由の家」と「平和の家」、境界線上に5軒の小屋(軍事停戦委員会本会議場)が建つ。

Map_jsa

さて・・韓国側からの「板門店」を見る(2度目)

韓国側からの板門店訪問は行動や服装の制限が多い。「緊急事態が起これば死亡、負傷する恐れがある」旨の誓約書への署名が必要。

P1020168

●韓国側の「訪問客用展望台」から、軍事境界線(芝生)・北朝鮮側の「板門閣」、韓国側の「平和の家」、境界線上に複数の小屋(軍事停戦委員会本会議場)をみる。

P1020202

P1020204

- - - - - - - - - - - - - -
ちなみに北朝鮮側からみると・・・
(昨年9月に訪朝→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-57c5.html)

Img_4700
(写真の左端の瓦屋根の塔「訪問客用展望台」から北朝鮮側をみる)
- - - - - - - - - - - - - -

小屋(軍事停戦委員会本会議場)に入ってみた。

P1020173

P1020181

P1020184

警備兵は国連軍所属兵(実際には韓国軍)だ。

昨年9月訪問時は、(北朝鮮側からのツアーなので)北朝鮮軍兵だった。

- - - - - - - - - - - - - -
北朝鮮側では、将校自ら説明があるが、韓国側では兵士は一切喋らない(ガイドが喋るのみ)。

Img_4661

テーブルの配置とかは同じ。
- - - - - - - - - - - - - -

このあとバス(国連バス)はなんと、平和の家と小屋(軍事停戦委員会本会議場)の間の道を進み、「ポプラ事件」現場に向かう。北朝鮮側のツアーでは「板門閣」と小屋(軍事停戦委員会本会議場)の間の道は横断するだけだった。

P1020207

P1020208_2

P1020212

かなーーーり吃驚したっ!


●ポプラ事件現場

休戦協定以降、板門店の共同警備区域内に限って、両国軍兵士は比較的自由に行き来できた。

だが1976年8月、北朝鮮軍兵を監視するための国連軍哨所近くにあった「ポプラの木」が伸びて視界を遮るため、これを剪定することになった。北朝鮮は抗議したが国連軍は無視して剪定を行う。北朝鮮軍兵士数名が作業中の国連軍兵士に襲いかかり、米軍兵士2名が死亡(斧や棍棒で撲殺)、双方に怪我人が出た。

Incorrect_picture_of_lt_barrett

北朝鮮の金日成主席の「遺憾の意」(アメリカに謝罪)を持って事件は沈静化したが、以降、共同警備区域内も軍事境界線を引いたため、特別な許可なく行き来は出来なくなった。

P1020216

●帰らざる橋

朝鮮戦争後、たった1度だけ行われた捕虜交換に使われた橋。サチョン川という小川にかかっている。現在は韓国側が管理している。

P1020222

●臨津閣

臨津江の河川敷にある展望台(北朝鮮の手前;自由に出入り可能な最後の地点)。真下を北朝鮮までつながる京義線の線路があり(2002年に新設)、展望台からは北朝鮮が見渡せる。橋脚は満州鉄道時代のもの。

P1020247
(臨津江駅〜都羅山駅にある臨津江にかかる橋)

P1020256
(こちらは旧線)

P1020245

この蒸気機関車は(北朝鮮の)ハンポ駅を出発。開城駅を経て(現在は非武装地帯の)チャンダン駅(長湍駅)に到着した直後の1950年12月31日夜半、北朝鮮軍の爆撃を受けた。チャンダン駅(長湍駅)は北朝鮮軍の襲撃を受けた(機関士ハン・ジュンキは現在も生存)。

そのまま長らく放棄されていたが、2004年に登録文化財第78号に指定されたのを機に保存処理され、(2009年6月に)臨津閣に展示された。

この車両は日本統治時代のもので、川崎重工製蒸気機関車マト2形(1943〜45年製)。長さ10m、幅3.5m、高さ4.5m、重さが80トンで、山岳地帯に適した機関車という。

P1020248
(銃弾の数は1,020)

臨津江にかかる「自由の橋」。韓国当局の説明によると「1953年7月27日休戦協定締結後12,773名の捕虜がこの橋を渡り、完全に自由の身になったことから自由の橋と呼ばれています」

P1020254


臨津江にかかる「自由の橋」から北朝鮮側は民間人統制区域。開城工業団地や北朝鮮が密かに掘り進めていた第3トンネル、都羅山駅に行く道。

P1020262
(左方面が都羅山駅、中央が北朝鮮内の開城工業団地に行くゲート、右方面が都羅山展望台&第3トンネル)

●第3トンネル

北朝鮮が、板門店付近から軍事境界線を越え韓国に侵入する目的で、密かに掘り進んでいたトンネル。まず1974年(1号)、次に1975年(2号)、そして1978年1990年に計4本が発見された。第1号はソウルまで63kmまで掘られ、1時間内に1連帯以上の武装兵力を通すことができる。第2号はソウルまで101㎞まで掘られ、こちらは1時間内に3万人の武装兵力を通すことができる上に、戦車の通行も可能な大きさ。

北朝鮮からの脱北者の金富成氏の証言により、板門店の南方4km(都羅山展望台至近の非武装地帯)で第3トンネルが発見された。1時間内に3万人の武装兵力を通過させられる。非武装地帯の南限まであと435m、ソウルまで44kmだった。

P1020266
(斜めのトンネルは韓国が掘ったもの)

地下約70m、トンネル幅は1〜2m前後、高さは2m弱。総延長1,365m、1,000分の5の傾斜がある。

トンネル内の写真撮影は完全禁止。持ち物は全てロッカーに預ける。トンネルまでは徒歩観覧路かトロッコで行く。トンネル内は狭い部分も多いので、ヘルメット着用。以下は参考写真。

P10104591
(参考写真)

御影石の地層なので石炭は全くないのだが、北朝鮮は「石炭採掘のため」と言い訳するために石炭の粉を塗っているため、大部分は黒い。トンネル掘削のためにダイナマイトを使用しているが、ダイナマイトを入れる穴の向きが、韓国側に向かって開けられている(穴を示す黄色のペイント有り)

涌き水処理のため、トンネルが北朝鮮方面に向かって3度の下り坂になってる。

中は湿度が高く、そんなに寒くない。

P10104721
(参考写真)

現在は、北朝鮮側からの侵入を防ぐため、二箇所に侵入防止扉をつけている。

P1010468
(参考写真)

都羅山は軍事的にも重要なところ。山頂に都羅山展望台があり、北朝鮮の開城市〜板門店がみえる。

P10202771_2

●都羅山駅

韓国鉄道公社京義線の最北端にある駅で、2002年4月11日に開業した。民間人統制区域内にあり、許可なき民間人の利用はない。

P1020279

「京義線鉄南北出入境管理事務所」

P1020282

P1020291_2

P1020284

2007年5月17日、56年ぶりに都羅山駅から(北朝鮮)開城駅までの試運転列車が運行されたが、それっきり。駅周囲には(北朝鮮の)開城工業団地からの物資が入るのを見越して、検査場や倉庫が建ち並ぶがつかわれていない。


.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

« ソウルあれこれ | トップページ | 山田うどん »

zone(東アジア)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/47820655

この記事へのトラックバック一覧です: 板門店+臨津閣+第3トンネル+都羅山駅:

« ソウルあれこれ | トップページ | 山田うどん »