2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

« 激しくアピール | トップページ | 突撃!となりのお宅訪問 »

半世紀ぶりの大剪定;前編

都内某所。

戦禍を逃れた、大正年間に建てられたオットの祖父の家がある。祖父は植木好きで、庭中の樹木の剪定を趣味としていた。その祖父が亡くなると、同居していた伯母夫婦(伯母の夫はマスオさん状態)が住み続けた。

一昨年、伯母が亡くなり、昨年、伯父は有料老人ホームに入居した。子供はいないので、伯母の弟(故人)の子供(オット)が家を管理することになった。こういうことは我が家では何故か、ヨメ(私)がやる。

家屋や庭に全く興味のない伯母夫婦だったので、家も庭も荒れ放題になった。「トトロの森」じゃね?と思うくらい、庭は物の怪の香りがする。家の土壁は痩せて部分的に崩れている。掃除をするとネズミのミイラとか出てくるし。

伯母夫婦がいなくなったあと、この家は廃墟になったが、伯父が生きている間はそのままにしておく約束だ。しかし伸び放題の樹木は近隣の庭に大量の落ち葉をふりまき、道路側の樹木は大きく張り出して電線を圧迫している。役場や近隣から苦情多々あり。

重い腰をあげたヨメ(私)は、お稲荷さんLOVEな友人に頼んで、方位から剪定日を決めて貰い、2月25日に植木屋さんがやってきた次第。

P1010743

P1010738

生け垣は30年くらい剪定をしていなかったので、既に生け垣の用をなしていない。下枝はとっくになく、上に伸び放題。家からも道路からも丸見えだ(葉ではなく幹しか見えない)。しかも道路側に傾斜してきた。※昨年の春、路上駐車出来る高さまで枝を払ってもらったので(これでもまだ)比較的マトモな状態である。

まず生け垣を全て伐採する。生け垣の枝&葉っぱが庭へ差し込むハズの太陽光を遮断しているし、根が張ってしまい、石を圧迫している。

P1010750

P1010751

P1010777

玄関まわりも樹木が密集していて、太陽光も気の流れが遮断されている。仏間と玄関のラインはかなーりくるものがあるので、玄関の採光にはこだわった。

P1010769

P1010778

道路側の樹木の剪定に時間がかかり、庭内部の樹木の剪定は近日中に・・となる。

ちなみに庭はこんな感じ。

P1010752

P1010753

鬱蒼としている・・と言えば聞こえがいいけど、実はかなりいろいろな「霊」がいそうなのだ。なんといってもこの庭には、ぽつーんとキツネさまがいらっしゃる。

P1010781

P1010783

祖父が生きていた頃は、ちゃーんと祠もあったそうだが、伯母夫婦の代になると荒れ放題。方位的には家を守ってくださるそうだが(友人談)、全く残念なことだ。祖父が亡くなったあとのこの家。どこか幸が薄い感じなのはこのせいか?

つづきは、また!
.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 激しくアピール | トップページ | 突撃!となりのお宅訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/47672731

この記事へのトラックバック一覧です: 半世紀ぶりの大剪定;前編:

« 激しくアピール | トップページ | 突撃!となりのお宅訪問 »