2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

突撃!となりのお宅訪問

オカメインコのハルオさん。

P1010799

天井からぶら下げた木製ジムから見下ろす、その先にあるのは・・・

羽衣セキセイの正男んち。

P1010806

毎日、毎日、正男のお宅を見続けたハルオさん。どうも中が気になる様子。でもビビリなので近づけない。いや近づけなかった。

がっ!

今朝、意表を突く行動に出た。

P1010816

ハルオちんが、正男のお宅にお邪魔しようとしているじゃないのっ!

でもビビリなので、(扉が開いているのにもかかわらず)どうしていいのかわからない。ケージの中にいる正男は「こいつ、何しようとしてるんだ?」なる表情なんだな。

P1010826_2

10分くらいガサガサしてようやく、ケージの中に頭だけを突っ込んだ(時間かかりすぎw)

P1010828

正男はギャーギャーなくこともなく、黙って静観している。「ならば、お邪魔しまーす」と入ろうとした瞬間・・・

P1010831

P1010830


ぎゃはははっ☆


ダサ〜

格好悪ぅ〜


勢いでお邪魔してしまったものの、突然の滑落にややパニック気味になった?

主の正男にもロクに挨拶せず金網にへばり付き、笑い転げるハハ(私)に向かって「ここから出してください(涙)」なるシグナルを送るハルオ。。。

P1010839


ヲイヲイ・・・w

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへにほんブログ村 鳥ブログへ

ありがとうございますっ☆

半世紀ぶりの大剪定;前編

都内某所。

戦禍を逃れた、大正年間に建てられたオットの祖父の家がある。祖父は植木好きで、庭中の樹木の剪定を趣味としていた。その祖父が亡くなると、同居していた伯母夫婦(伯母の夫はマスオさん状態)が住み続けた。

一昨年、伯母が亡くなり、昨年、伯父は有料老人ホームに入居した。子供はいないので、伯母の弟(故人)の子供(オット)が家を管理することになった。こういうことは我が家では何故か、ヨメ(私)がやる。

家屋や庭に全く興味のない伯母夫婦だったので、家も庭も荒れ放題になった。「トトロの森」じゃね?と思うくらい、庭は物の怪の香りがする。家の土壁は痩せて部分的に崩れている。掃除をするとネズミのミイラとか出てくるし。

伯母夫婦がいなくなったあと、この家は廃墟になったが、伯父が生きている間はそのままにしておく約束だ。しかし伸び放題の樹木は近隣の庭に大量の落ち葉をふりまき、道路側の樹木は大きく張り出して電線を圧迫している。役場や近隣から苦情多々あり。

重い腰をあげたヨメ(私)は、お稲荷さんLOVEな友人に頼んで、方位から剪定日を決めて貰い、2月25日に植木屋さんがやってきた次第。

P1010743

P1010738

生け垣は30年くらい剪定をしていなかったので、既に生け垣の用をなしていない。下枝はとっくになく、上に伸び放題。家からも道路からも丸見えだ(葉ではなく幹しか見えない)。しかも道路側に傾斜してきた。※昨年の春、路上駐車出来る高さまで枝を払ってもらったので(これでもまだ)比較的マトモな状態である。

まず生け垣を全て伐採する。生け垣の枝&葉っぱが庭へ差し込むハズの太陽光を遮断しているし、根が張ってしまい、石を圧迫している。

P1010750

P1010751

P1010777

玄関まわりも樹木が密集していて、太陽光も気の流れが遮断されている。仏間と玄関のラインはかなーりくるものがあるので、玄関の採光にはこだわった。

P1010769

P1010778

道路側の樹木の剪定に時間がかかり、庭内部の樹木の剪定は近日中に・・となる。

ちなみに庭はこんな感じ。

P1010752

P1010753

鬱蒼としている・・と言えば聞こえがいいけど、実はかなりいろいろな「霊」がいそうなのだ。なんといってもこの庭には、ぽつーんとキツネさまがいらっしゃる。

P1010781

P1010783

祖父が生きていた頃は、ちゃーんと祠もあったそうだが、伯母夫婦の代になると荒れ放題。方位的には家を守ってくださるそうだが(友人談)、全く残念なことだ。祖父が亡くなったあとのこの家。どこか幸が薄い感じなのはこのせいか?

つづきは、また!
.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

激しくアピール

アピールといえば、このお方。

羽衣セキセイの正男さん。。

P1010725

ケージ内のオモチャで熱心に遊んでいたのに、ハハ(私)の足音が聞こえた途端、大慌てでよってくる。正男はセキセイとは思えないほどのんびりとした性格で、鳴いてのアピールはない。あくまでも行動でアピールするタイプ(笑)

P1010727

「はいはい、じゃあ・・今朝は正男さんから出ようね」

P1010729

「お掃除するからカナリアさんのケージの上にいてね」

P1010734


か・・か・・かわいいっ☆

(親ばか)


P1010732

こんな邪魔をするのもご愛敬(親ばかなもんで)

もっとも、こちらの方は正男と遊ぶのにグッタリなわけで・・・

P1010735

正男が近寄って来るを「ビビリ腰」で牽制しておりました(笑)

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへにほんブログ村 鳥ブログへ

ありがとうございますっ☆

タイのVIPバス

近年、タイ南部の町はどこも長距離バスターミナルを10km前後も離れた郊外に作りやがるので、ほーんと迷惑ですわい。町中心部に出るのに使うトゥクトゥクやソンテウとか、(料金交渉・行き先指定に)どんだけ苦労することか。運ちゃん、地図読めないし。

ランカウイ島からバンコクに戻るとき、地球の歩き方タイ10-11という最新版を買ったのにもかかわらず、バスターミナルの位置が違うわ、地図外の嵐。ほんと使えねぇ!

時間がまあまああったので、町の中心部から出る各停のローカルなバス(超オンボロ)を乗り継いだんだけど、さすがにランカウイ島からだったので、疲れた。たぶん500km以上は乗り継いだ気がする。

P1010455
(ローカルなバス)

エアコンなし(扇風機有り)、木製の床(穴ぼこ有り)、人間工学を無視した直角気味な背もたれ、椅子はクッションなし。下記の写真(バス車内)は2−2列配置だけど、2−3列配置も一般的。前席との間隔はとてーも狭いw

P1010465

チュムポンというタイ南部の町でやっとバンコク行き直行バスに乗った。

チュムポンももちろん、長距離バスターミナルなるものが超郊外にあるんだけど、町に3カ所のバスターミナルがこっそり営業中。道を尋ね尋ね行くと丁度出発寸前のバンコク行きVIPバスがいた(乗れた)。

ちなみにタイの長距離バスは、VIP→1等→2等・・ここまでエアコンバス(2等バスでもエアコンナシもあるが)。あとは中~長距離なローカルバス。これは吹きさらしネ。VIPとローカルでは運賃は何倍も違う。

私を待ち受けていたVIPバスはケバかった(笑)

P1010480

2階建てバスで、1階は1/3が客席、残りはトイレやら荷物室。2階は全て客席で、席の配列は1-2の3列シート。完璧ですっ!

P1010473_2

ピンクと青基調のとてもケバイ内装が難点だけど、日本で言うJR高速バスの豪華版風仕様。

大判の毛布(バスタオルだったが)も完備。ただJR高速バス大きく違うのは、飲み物や食べ物サービスが超充実していること。ミネラルウォーター、ジュース、菓子パン、菓子、おしぼりが配られ、さらに定期的にコーラーも配られる。

特筆すべきは・・・

シートに・・・


「マッサージ機能」がついている!


P1010474_2

腰のあたりが定期的に実にいいタイミングで膨らむんですYO!
それも無理なく、でも効果的に。

腰の位置など自分の体型に合わせて変えられる親切設計。ご老体旅行者(私)は感涙に咽ぶわけで。バンコクまでの7時間、ずーっと押し揉みしてましたワ。

狭いながらトイレも付いている。

P1010486

何故か大便器とは別に小便器も別途付いているんだが、狭い個室内に大・小2つも便器をつけているので、大便座に座ると顔の位置にコレが迫って困った。ただ車掌は、1人使用する毎に掃除するので不快な思いはせず!

さらに、途中に立ち寄るドライブインでは「暖かい食事」も出る。タイのバスでは1等でも食事は出るけど、VIPだと質が違う。

P1010478

卵焼き、カリフラワーと青菜炒め、春雨と肉団子のスープ、カボチャと豚肉の南部風カレー・・・どれも旨いっ!

こんなVIPバスに7時間乗ってたぶん500km走って、昼割引で410B(1200円)だった。昼の長距離バスは安い。

屋台系ぶっかけメシが1杯30B前後だから10倍強か。日本の物価換算だと6000円くらい。大阪~東京のJRバス(3列シート)と変わらないんだなぁ。因みにVIPでなければエアコンバスでも2/3~半額で行けマス。

たまーに「旅人」をやるといいなぁ・・・☆


.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

換羽ですねん

正男もハルオも換羽真っ最中です。

特にハルオちんの抜けっぷりは凄くて、本人もグッタリ模様sweat02

P1010722

正男も換羽最盛期にかかりつつあるためか、ハルオちんの尾翼かじかじ狙いは、いつもよりパワーダウン。今日のご両人はカナリーズのケージ上でマッタリ・・・

P1010721

こう温和しいと病のハハ(私)は助かるので、あと2〜3日はこのままでお願いしますっ☆
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへにほんブログ村 鳥ブログへ

ありがとうございますっ☆

MKゴールド

発熱はなく、咳は小康状態、鼻水は止まった。
でも前回の日記に書いた程度の具合の悪さは続く。。。

とはいえmixiのアプリ「ハッピーアクアリウム」にはまっているので、必要に迫られてPCに向かう(笑)のだ。魚ちゃんに餌をやらなきゃならんし。

さて話しは全然違うが・・・

バンコクでは当然のように《MKゴールド》に行った。それも「ひとりMKゴールド」ですワ←ここ重要!

MKちゅーのは、タイスキの一大チェーン店で、どんな田舎でもショッピングセンターがありゃ加盟しているゾンビのような店。MKのタイスキが旨いかどうかは別として、そのMKにだ、上級店に位置する《MKゴールド》が出来たのが一昨年くらい。

場所は、バンコクでは今や一人勝ちじゃないか?ってくらい元気なサイアムパラゴン内1階にある。ちなみに隣は大戸屋で、斜め前にモスバーガーがある。

一昨年、友人と2人で《MKゴールド》に行き、その設備の違いに吃驚(値段も吃驚)。えらく感動したんだな。いつか「ひとりMKゴールド」をしてやる!と心に誓いつつも、なかなかバンコクに行く用事がなく悶々としていた。

先日(ついにランカウイ島から戻った翌日)の昼、カオサンから空調完備の79番のバスで行った。MKゴールドに行くのに45番の空調なしの赤バスは如何なものかと、これはスルーした。

P1010515

ひゃっひゃ~☆ゴールドだぁ。

P1010527

P1010528

メニューも並MKに比べてゴージャス。値段もゴージャス。野菜1皿でぶっかけメシが食べられる(30B前後)。肉とか魚だと2皿食べられる計算だ。

だが「ひとりMKゴールド」をやるなら、そんなシミッたれな事は考えてはならん。ここは素速く頭を日本モードに切り換えて、「1皿200円前後じゃん」と思えば吉。勤労者であってパッカーじゃないんだもん・・・w

野菜はあれこれ考えるのも面倒なので、盛り合わせにした。

P1010519

P1010523

並MKとの違いは、電熱ヒーターが机一体型。おしぼりの受け皿が重厚な真鍮製。おしぼりが分厚く大きい。ランチョンマットが布製。すくう網&お玉が一部真鍮製。そして全てのロゴが「MK金」と入っている。つけタレに秘伝の味噌が入っている(らしい)、ネタは新鮮第一らしいが、その差は主婦の私でもわからず(失笑)

P1010526

つけタレは確かに旨い。

ひとりタイスキって、自分が頼んだ具材を自分の感覚で湯通し出来るのがいい。独り占めにできるのもいい。自分のペースで食べられる。至福☆

高値なMKゴールドの客は、さすがに中華系タイ人が多い(金持ちの多くは中華系)。日本人だと観光客を連れた駐在系が目につく。だからメニューには日本語も併記されているんだが(因みにタイ語・英語・日本語の併記)、誤字脱字も少なくない。そんな中、目を引いたのがコレ。


「ばかでかいカニの脚」


メニューに「ばかデカイ」って・・w


P1010530


しかも、ちっともデカくないんですけど(爆)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の中のタイスキランキング
1.カントン
2.テキサス
3.MK
4.MKゴールド
番外(評価する以前の問題).コカ


.
.
.
ランキング参加しています。
もしよろしければ「ポチッ」とクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ

ありがとうございますっ☆

風邪ひきました

タイに限らず、東南アジア諸国の冷房は強烈でありまして、まるで冷蔵庫状態。地球温暖化に多大なる貢献。室外機からの熱気で2度は気温上昇しているに違いない。

さらにバンコクで体調不良の旅人を看病して、彼の咳をマトモに吸ってしまった私。「あー、菌が入ってしまった!」とわかるくらい。

案の定、帰国前日に身体が重くなり(肉体的ニモですがw)、断続的ではないにしろ咳が出始めた。飛行機に搭乗する頃は、やや体温も上昇(といっても36.4度、私の平熱は35.6度)。成田空港到着時は(いちお)インフルエンザもあり得るかも?と思って、健康相談室に行きましたワ。

インフルエンザは回避したけど、風邪は確定・・・

マンションのローンに追われる大黒柱様(オット)にうつってはならないので、マスク常用。鼻と喉の湿気を確保出来るので一石二鳥。

しかーし、トリーズは始めてみるハハ(私)のマスク姿に《ギョ!》っとしている。特にこの方は・・・

P1010719

写真を撮る前まで、逃げ惑う。

声はハハ(私)でも顔が違う・・どうしたらいいんだ?みたいなリアクションが続き、おそるおそる(冠毛を逆立てながら)寄ってきたところを激写。どこまでビビリなんだ?


タイでは放送皆無なバンクーバー五輪。タイにいると今、冬季五輪開催中なんてわからんな。タイからは一人も出場しないようなので仕方ないですけどね。

ちなみに前回のトリノ大会・前々回のソルトレイクシティ大会では、男子クロスカントリークラシカル15kmに在米のタイ人男性が一人だけが、「参加することに意義がある」という出場をしていたくらい(99人中97位;完走選手の中では最下位)。

がっ!

帰国すればバンクーバー五輪一色じゃないですか。サッカー日本代表があまりにもダメダメなんで、その反動もあるんか?ってなくらい。

カーリングとかスピードスケートとかジャンプとか。
頼むから夜中にやるのやめて(笑)

結局2度寝したので、昼から病院に行こうと用意していたら、日本時間12時からカーリングのドイツ戦・・・しかもライブ中継。

病院に行けないじゃん!

って、気になって仕事も出来ないじゃん!

しかも寝られない・・・w


チョビコ・キュービィの母さまから、「ハルオさんは尾翼の先まで真っ白なのか気になります」とのメセをいただいたので、ハルオさんの尾羽を撮影しようとすれば、腰が砕けながら後ずさり・・w

P1010718

メンドクサイので、ブランコに止まったハルオさんの下半身を内側から激写っ!

P1010720

・・・てな具合で、ずーっと濃いレモン色です。1枚の羽でグラデーションとかなくて単色です。肩の内側の2枚の羽(パールパイド←グレーの橫縞)さえなければ、黄色&レモン色のクリアパイドなんですけどねぇ。

.
.
- - - - - -
ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
ありがとうございますっ☆

帰国しました&相変わらずな関係

寒いですね、日本(涙)

オカメなハルオ、セキセイの正男、カナリアのアカオ&ロロは元気でした。ハルオも正男も換羽になっているので抜け毛が散乱していたけど。

ハルオと正男を同時放鳥すると、まずカナリア様のケージに飛ぶ。正男はハルオの尾翼を噛もうと虎視眈々・・背後にまわる、まわる、アマチュアレスリングかっ?

P1010704

相変わらずです(苦笑)

P1010701

P1010702

ハルオさんがストレスで禿たりでもしたら大変なので、別室で愛でてあげました。あ、正男もグレないように・・ね。さっすがにハハ(私)にベッタリくっついて離れない。

気を使います(笑)
.
.
.
- - - - - -
ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ

ありがとうございますっ。

タイの豪華な病院

タイはバンコクにあるバムルングラード病院(Bumrungrad International Hospital )。
http://www.bumrungrad.com/thailand-hospital-jp/

バンコクなど大都市には、外国人や金持ちタイ人をターゲットにした「私立の豪華な病院」がある。この病院もそのひとつ。

55の専門分野を網羅する700名以上の看護師と945名の医師(全てタイ国籍の医師)、手術室は19、専門センタ−30、ベット数554床。フードコーナーやマクドナルド&スターバックスなどの施設も充実・・・。

ここの病院のウリは「豪華ホテル並の病室&サービス」です。値段の高さもタイで1番かも。

こういう豪華な私立の病院には、医療技術がいまいちの諸国からの病人、医療費が高騰している先進諸国からの病人が多く集まる。医療費(手術込みの場合)は先進諸国の1/10程度なのに、高水準の医療を受けられるとか。

もっともこういう病院は、タイの庶民が出せる金額ではとーてーナイ。あくまでも政府奨励の外貨獲得手段と位置づけられている。

具体的にはアラブ諸国やインド人の小金持ちっぽい患者が目立つ。キャンペーンでもやっているんじゃないか?と思うくらい多い。病院敷地内に付き添い家族用のアパートも併設しているから、一族で訪タイしている。

タイ語が話せない患者向けに、主な言語の通訳サービスが付く。入院時には毎日2回ほど通訳が「何か問題はないですか?主治医は○○と言っておりました」旨の見回りもある。もっとも(日本語の)通訳のレベルは高くないんですけどね。

診察は24時間対応(診察時間も休診というものもナイ)、治療費の支払いはクレジットカードでOKなので楽ちん。


本館の玄関はこんな感じ。

明らかに病人だとわかると、車椅子を持ったベルボーイみたいなのがすっ飛んでくる。ちなみに院内でレントゲンだの採決だの‥ある場合、すべて車椅子に乗せられて連れて行ってくれます。

P1010670

本館のロビーはホテルのロビーみたいですワ。

P1010623

吹き抜けの2階部分からロビーを見下ろしてみた。

P1010647

本館2階の食事情。見舞い患者や通院患者用だが、たまに入院患者も食べている(笑)

フードコーナー・・

P1010646

マクドナルド・・

P1010651

他、和食やイタリアンなどの専門レストラン、ブティックや雑貨系売店など充実。ちょっとしたショッピングセンターですワ。1階にあるスターバックスも含めて、病室に出前してくれる(笑)

診療受付は言語別・・

キンキンに冷えたジュースとかも出る。

P1010624

日本で言う集中治療室病棟。
(ややこしい点滴とかここで数時間、缶詰)

P1010629

室内には暇つぶしのTVもある。

P1010627

で、

一般病棟は・・・

こんなウッディな廊下。1フロアーに百近い病室がある。廊下も扉も広々としている。

P1010645

部屋は・・!

これで「並レベル」の病室ですが・・

P1010638

ソファ付き(冷蔵庫もある)。
病室にミニバーがあるんか?と勘違いする。

広すぎて寂しい。。

P1010639

勿論、バス&トイレ付き。

P1010642

P1010643

病院食は、朝・昼・15時のおやつ・夜・21時の夜食・・・と5回も出る。食事メニューがあるので、食事はコンチネンタル/和食/インド系/アラブ系/タイから自由にチョイス出来る(前日の朝にリクエスト)。

気になる入院費は1泊あたり2〜3万円弱(タイの公立病院の3〜4倍、クリニックだと差はもっと出る)。タイの物価水準で考えると1泊20万円以上になるのかな。


残念ながら・・・

この病院の医師はレベルが一定していないので(笑)、近年は中華系患者・欧米系患者が減少している。数年前はほんと、多かったのに。

色々総合すると、この病院は「タイ国籍の医師しか採用しない方針」に問題があるのかも。医師はタイ&米国か、タイ&日本の(あまり著名ではない)医学部出身の医師が大半。英語使いの医師は、日本語使いの医師に比べてはるかにレベルが高いので指名することもOK。

でも私の場合、治療方法が既に明確になっているのでここでも問題ない。そいや最初に病気に罹った時、この病院では原因がわからず(←おいおい)、バンコク病院に行ったけど・・ってどうよ?(笑)

あ、病院の名誉のために一言付け加えると、ここは「心臓病治療には定評がある」そーです。それと日本の病院とは比較にもならない充実したサービスが受けられます。ほんと、観光コースに入れたいくらい(笑)

原因不明の病・重篤な病な気がする場合は、サミティヴェート病院とバンコク病院へGO!

.
.
.
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ぽちっ・・・ありがとうございますっ☆

今年3度目の脱国

大雪の新潟を脱出、翌々日には常夏の国に向けて出発。

P1010267_11

タイ航空はJAL並に経営がヤヴァイらしいのだが、それは納得の機内食の低レベル化。今時、エコノミー席でも個々のテレビ画面はついていることが多いけど、タイ航空はナシ(ようやく2年計画で投入を決定した)。出発も到着も時間がいいので乗るけど、そーじゃないと・・・w

旅行でも出張でもないタイ行き。

実は某アフガニスタン滞在中(タリバン政権下の安定期)、中央アジア独特らしい風土病に罹り、膵臓&腎臓がイカれちゃって今も完治せず。やっかいなことに症例が少なすぎて日本での治療が難しいんですワ。

ってなわけで、検査入院という名の息抜きがてらのタイ行きheart

何事もなければ、酒パラダイスかっ?

追伸;ハルオ&正男、2羽のカナリーズの世話はオットちゃん。遅刻覚悟で世話をするそうです(笑)早起きしろっ!
.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

えらいことになっていました

先週の金曜日午後から本降りになった(新潟は山間地方の)雪ですが・・

土曜日の午後は暴風雪。でも、どちらかというと風が凄くて、積雪はボチボチだったと思われるものの、翌朝、どのくらい成長したかと申しますと・・

P1010232

いい感じですわ~☆

昼頃には東京に戻るために出発しなきゃならなきゃならないので、はりきって「除雪」をしようとした。

が、めざといパンチパーマの(区分所有者より金持ちな)管理人様が、「車を道に出して雪下ろしをやろう」と言いだし、別の仕事をしていた若い従業員ニーチャンを(無理矢理に)除雪隊に加わらせた(笑)

よって車の所有者(私)は従軍カメラマン・・

まんず、車を出すのにフロントガラスを露出しなきゃならない。男性2人で車の前面を雪を掘りまくる。新潟の雪なので湿度多めゆえ、その重みで除雪道具1本・・壊れた。

P1010238

エンジンをかけて暖気でフロントガラスの氷を溶かす。パンチが「おい、お前が動かせ」とこれまた若いニーチャンをご指名。さんくす!

P1010244

すごーーいっ!

いやー、後ろも成長していたのね。
午後もこのままだったら、積雪で天井が凹んだかも!

P1010246

雪のニオイがしたのか、除雪車も近寄ってきた(笑)

ついに除雪用スコップまで登場。

P1010249

皆様のご協力のお陰で、無事、新潟を出発。

雪の関越自動車道・・・

P1010250

群馬県水上くらいまでこの調子だったなぁ。


実家によってカナリーズchickを回収。

P1010257

ご無沙汰でーーすっ☆

P1010264

達者で過ごしていました♪

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログへ人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

大雪警報(゚Д゚;)依然発令中!

まだ新潟にいるHarukovskyです。

昨日の午後からここ山間部も雪が降り出して、現在も真剣に降っちょりますワ。ニュースでは浜沿いの新潟市内とか「どか雪」とか報道されている。確かにその通りで、今年の冬はいわゆる「里雪」傾向が強かった。六日町まで雪、塩沢&湯沢は曇りって、普通にあったもん。

さて

今朝、おきてみると外は吹雪。

駐車場を見下ろしてみれば・・・

P1010184

誰の車かわからんな・・w

どうなっているのか確認したく、駐車場に行ってみると・・

P1010186

どうやらコレが我が愛車(デリカD5)らしい。この積雪は一晩の成果。今日は車を出さないので、更にどう成長するか楽しみでもあるぞ。

ちなみにゲレンデは、

P1010217

映画「八甲田山」のようだ。それでもボーダー&スキーヤーが必死に滑っている。遭難しないでください・・・

吹雪ゆえ、部屋の窓にも雪が付いている。そんな窓を見ながらこちらの方々は・・・

P1010202

雪見酒する?

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
ありがとうございます。

初めての雪国

新潟県の某所に来ています。

雪の東京から、雪の新潟へ。

景色が変わりませんワ( ̄  ̄;)

5日間ほど滞在する上にオットは出張で不在なため、ハルオ&正男を雪国に連れてきました。彼等にとっては初雪国でございますよ。

さすがに寒いので、過保護なハルオさん用に「防音アクリルケース」なるものを注文して、ホッカホカに温めてあげています。そうそう、ハルオさんの下痢はプラケ効果で治りました(ご心配おかけいたしました)。

正男は適当な寒さに平気なので、こういった意味では親孝行な息子です^^

P1010177

アクリルケースは脂粉も飛び散らないし、どんなにアピール(鳴く)しようとも静かでいいもんですね。東京の家でも導入しようかしら。値段が高いのがネックなんですけど・・w

窓の外の景色に驚くハルオさん。

冠羽が総立ちで(笑)身体も細長くなっちゃって。

P1010164

いっそスキーをやらせてみたい・・

何処に行っても動じないのがこの方。
自分だけ「段ボール」でも動じないのはさすがっ!

P1010160

ハルオさんを追いかけ回して、最後は私の肩でマタ〜リheart

P1010173

和みます←親ばか。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
ありがとうございます。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »