2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-外国為替-

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ストーカー祭り

ハルオさんにブロッコリーの小さめな塊をあげてみましたところ、冠毛を総立ちさせました(笑)。どんだけビビリなヤツ・・・w

P1010030

いつもはまあまあ細かく切っている「オカメなサラダ」であげているので、正体がわからなかった様子。でも程なく気がついて・・・でも冠毛は立てながら、おそるおそる・・・

P1010034

パクついてハハ(私)に報告。

P1010037

いちいち報告しなくても良いぞ!


先日来のハルオさんと正男の同時放鳥ですが、まあ、相変わらずです(笑)

P1010043


P1010045

P1010057

P1010060

P1010062

相当ストレスが溜まったようで、下痢ぴーになってしまいました。体重減はないけど(95gキープ)食欲不振気味。まあハハ(私)の度重なる放置プレーによるお泊まりが続いたからねぇ。すまん。

早速、プラケに入院。
(温度は30度超に調節)

P1010077

安住の地と思いきや、放鳥した正男が飛来して・・・

P1010083

心休まらず(哀)

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
ありがとうございます。

同時☆放鳥してみました

長らく別居していたハルオさん&正男さん。

本日、ついに同時放鳥してみました(ドキドキ‥)

まず正男を出して・・・

P1010422

ハルオさんを出したら、ハルオさんは定位置の木のブランコに行く。すると正男はいきなり、この木のブランコに飛んでいったんですワ。いや〜びっくり!

そしてハルオさんを執拗に追っかけ回す、回す・・

P1010436_2

どうやら「足をぺろぺろしたい」ようで、足を狙っているdown

P1010432

足に追いつかないと、しっぽを狙う。

P1010429

堪らずもうひとつの木のブランコに飛んでいったハルオさんを追って、正男も身軽に飛び移る・・

P1010423

15分位こんなことしているうち、ハルオさんは完全に腰砕け。そして疲労困憊。可愛そうなので正男をケージにいれて、ハルオさんをカキカキしてあげましたワ。

P1010446

明日は20分やってみるか(鬼)

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
ありがとうございます。

アピール!&1周年

ハルオさんの写真を撮っていると、正男さんがさりげなく映っている(笑)

年末年始〜つい先日までの放置プレーを乗り越えた正男さんは、「ボク、ここにいるよっ☆」のアピールが凄くなった。ヒトが近寄れば止まり木から(軽やかに)網に飛び移り「ボク、出して。ここにいるよっ」が・・w

P1010394
(背後霊はカメラ目線だったりする)

かわいい?

P1010416

背中の羽の巻きも綺麗でしょ?

P1010419

・・・なアピールではなく、愛情独り占めをしたいだけらしい(笑)


すっかり忘れていたが・・・

ハルオさんが我が家にきて「1周年記念」だった。

・・・しかも気がついたら数日過ぎていたdown

P1040810_2

いま見ると幼い・・・heart

今日のハルオさんってぇーと・・・

P1010411

まだ疑心暗鬼で甘えてマス(苦笑)

どうか健やかに育ちますよう、ハハは祈ってますYO!

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
ありがとうございます。

あんこう鍋

今年も、あんこう鍋の季節が来た。

日本サッカー代表を応援するサポーター仲間と「新年会」と称して、遙々と茨城県水戸市(JR水戸駅地区)に泊まりがけ宴会をやった。今回で何回目だろ?

いきなり「あん肝」だっ☆

そこいらのあん肝とはまーるで違う。
ふっくらしていてネットリ。
簀巻きで形を整えることなんぞしない。
ポン酢ではなく、特製みそでいただくのだ。

P1010358

太平洋の海の幸、盛り合わせ。

P1010367_2
(ぱっと見は少ないけど、大根のツマに埋まっているものアリ;4人分)


あんこう鍋は?


ここにありました・・・

P1010359
(素人さんは手出し無用!なる貼り紙)

土鍋をあけてみれば・・

P1010364

おお、どぶ汁だっ!

この店の「どぶ汁」とは、あん肝を、酒と水に塩少々入れたものに1時間程つけて生臭さを抜いたものを熱した土鍋に入れて、弱火で溶けるまで炒めて味噌と酒を入れてのばしたもの。ここに水を加える。上の写真のここまでの状態。

頃合いを見計らって、女将登場!

P1010370

我々のグループは人数が多いので土鍋は2つ。
そこでご子息のiサム氏も参戦。

P1010374

北海道産のでかいアンコウ1匹を、2つの土鍋に分けただけなので量がすごい。

P1010377

お待ちしてましたっ!

P1010378

ああ、うんまい・・・heart

今年も・・うんまいっ!たまらんのう(よだれ)

お代わりもタップリ・・・

至福(^∀^)


あんこう鍋がなくなりそうな頃、店の看板料理(ここは豚カツ屋です)がドドーンと出てくる。

P1010381
(ニンニク入り豚カツ、海老フライ、牡蠣フライ;4人分)

P1010383
(絶品なチキンソテー;4人分)

こんなに食えません・・・

だって「あんこう鍋雑炊」があるんだもの。


真打ち登場・・・


黄金色に輝く・・・

P1010386

あんこう鍋雑炊!

旨くて旨くて、もう卒倒しそう。

とんかつ割烹「楽天」
水戸市水戸宮下銀座(東照宮参道)
029-221-3210


二次会は大工町のイレーヌで。

P1010387

ああ、楽しかった。

宿泊した(ビジネスホテルの)スーパーホテル水戸には、天然温泉の大浴場がある。無料の朝食バイキングもゴージャスなんだな・・シングルで1泊4,980円ポッキリ!
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/mito/mito.html

今年も頑張るぞ!!

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
ありがとうございます。

グレちゃいました

帰国しました。

P1010390

昨年の12月中旬より、私は留守がち(というか留守)。ハルオちん(オカメ)も正男さん(羽衣セキセイ)も見事な放置プレーである。しかも年末年始に引き続き、今回もお泊まりだった。


グレました・・・w


ハルオさん

P1010401

カキカキとか積極的に頭を下げておねだりするけど、「どうせまた何処かへいっちゃうんでしょ」と言わんばかりの暗い表情。

P1010408


うぇーーーん!

ごめんよ、ごめんよ、ごめんよ・・・


でも今週も来週もとっても忙しいので、充分な相手はしてあげられないかも。どうかグレないでください(泣)


あ、

この方は・・・

P1010399

相変わらず(笑)

ちょっとオトナ顔になったかな?


.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 羽衣セキセイインコへ
ありがとうございます。

最初で最後のモルディブ日記

モルディブはバンドス島でマタ~リしてマス。

この島に来たのは1995年以来。

いや~変わりましたね、宿泊施設も付帯施設も。

Img_5140_2

以前は、真水シャワーなのか海水シャワーなのか聞いたり、真水プールなんて超贅沢なものだったのに、今や、真水プールは2つ(海水の淡水化装置で処理)あるし、部屋は真水シャワーでお湯も出る。ビックリだわ~

金環日食を目的に来ていると見受ける客は、ほんの一握り。でも今晩、JTB様の金環日食ツアーの客10名が入荷しましたけど。

P1000776
(天体観測隊の皆様;実際は4〜5倍いらっしゃった)

海もリーフも相変わらず綺麗。新しい珊瑚が沢山あり、ちょっと安心しました。魚影の濃さも相変わらず。ウミヘビや鮫、マンタも普通にいましたよん。

鰹節(モルジブ・フィッシュといいます)を使った魚のカレーも相変わらず旨い。イスラーム教徒様がつくられるカクテルは、相変わらずマズイ(笑)

そうそう、ちょっと用事があったので、首都マーレがある島に行ってきたんだけど、建設ラッシュで10階建てビルが沢山あったのにも驚いた。バイクも洪水のよう(ベトナムや台湾の比じゃないけど)。

日本からのODAがじゃぶじゃぶ入っているせいか、日本車&日本製バイクだらけ。食品はほぼ百%輸入で、卵はインド製、大蒜は中国製、玉葱はパキスタン・・・みたいな感じ。

夜空がすんごーく綺麗。
星だらけ。
天の川だらけ。


金環日食・・・ですが、

見られましたscissors

最大食の時間にお約束の「日食雲」が邪魔をしたけど、なんとか数秒・・。

11
(日食マニアA先生が撮影)

ただ皆既日食とは違い、真っ暗にはならない。ちょっとだけ薄暗くなる程度。アストロフィルター越しで太陽をみないと気がつかない。つまんねーッス(笑)



今日はモルディブ最終日の1日前(ややこしい書き方ですんまそ)。

オットは午前&午後にダイビング。10年ぶりに潜るのでリフレッシュ&超お手軽なマンタのポイント(水深3mくらい)に行ったみたい。

ツマは(ダイビング事故で耳をやられて自粛中)、信じられないほど綺麗な真っ白な砂浜で、密輸した焼酎を飲みつつ読書三昧。飽きればリーフでシュノーケル。1mはある鮫やらよくわからない魚、イカの大群に遭遇。相変わらずモルディブの海は素晴らしい。ただスマトラ沖津波で自慢のリーフはかなり破壊されていた。

で、今晩。

オットは生涯初のナイトフィッシング(&BBQ)に行き、ツマはPC抱えて仕事です・・・悔しい。

しかも部屋ではPCにネットがつながらないので、広々としたロビーでやっているんだが、日本語を覚えたいモルディブ人がやたら話しかけて困る。ホテル専属の日本語ガイド氏は、3月に日本語検定試験があるとかで、いろんな本を持ってきて「読んでくれ/意味は?」と張り付く。講師料くれ。

リゾートに異質な団体;JTB主催の「金環日食観測ツアー」ご一行様は先程お帰りになり、残るはインド人富裕層の団体。これがなかなか・・・w

静かなリゾートな島なのに、本国から持ち込んだと思われるCDラジカセで、ヒンディ映画音楽を大音響でかけている。それを神経質なドイツ人客に咎められ、とりあえずは音をやめるものの、ほとぼり醒めればまた大音響・・・もはやギャクですな。

ここバンドス島でよく聞こえる言語は、エーゴ・・ドイツ語・・そしてロシア語。ロシア語使いは美女がわらわらいるので、ロシア本国ではなくウクライナなど周辺諸国(旧ソ)と思われる。日本人も多いです。支那人はここでは少数派。

モルディブの食材はほぼ百%輸入。 卵はパキスタン、キャベツはインド、大海老や鶏肉はオーストラリアなどなど。モルディブは漁業で成り立つ国。数少ない現地メシが「鰹のカレー」。

これが素晴らしく旨い!旨いんだが、毎日2食これなので飽きる。ピザもあるんだが、イタリア人がマジ切れしそうな代物。1番旨いというか安心できるのは、日本から持ち込んだ味噌汁「あさげ&ひるげ」だわ(笑)

明日の深夜、シンガポールに向けて飛びます。すぐさまKLに向かい、うんまい中華飯を存分に食らうぞ。

あ、オットはそのまま日本に帰国。

でへへ・・・(^∀^*)ノ


.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

金環日食を観測しに‥

・・・遠路遙々、モルディブに行ってきますっ☆

1月15日のモルディブは北マーレ環礁バンドス島は日食帯の真上。

ここでは10分48秒も継続する金環日食が見られるそーで(最大はインド洋の11分7秒)、人間が住む場所では最大級の時間。金環日食最大の現地時間は12時26分(高度は約64.4°)

ってなわけで、9月にはバンドス狙いで申し込みましたっ!

エアランカではなくシンガポール航空で、明日中には到着。

勝手知ったるバンドス。モルディブはイスラームの国なので、酒はベラボウに高い(水も高い)。せこく晴耕雨読とボウモア15年をポットに詰めた。

デジイチのカメラ1台にコンデジ2台、しっかりした三脚1台に適当な三脚2台。アストロフィルター(太陽を映すフィルター)やら小物も持った。

耳がノックアウト状態なので、もうダイビングは出来ないがシュノーケリングはやろうと、セットを持った。

・・・・うーむ、荷物がデカッ!

オットちゃんは来週の月曜日に帰国するけど、私はシンガポールに居残りして、マラッカで骨董品を物色しようかと。温泉も行くど。

帰国は22日の朝。

ハルオ&正男のインコーズはまたまたお留守番。

P1000694

いつもの宿へ到着♪

P1000699


達者でな(泣)
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
ありがとうございます。

マカオ1;ドックレース

ひっさびさにマカオに行った。

香港からフェリーに乗り、マカオが近づくと見慣れない景色。埠頭付近は大開発されて、偽の火山とか、バブリーな建物が立ち並んでいる・・・w

P1070907

火山は《マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ》というテーマパーク兼カジノ。後日見たけど、閑散としていたなぁ。火山は、東京ディズニーランドにあるビックサンダーマウンテンのようないい感じのアトラクションはなくて、単なる火山博物館。

マカオのカジノ。

1961年よりスタンリー・ホー氏率いるSTDM社(現;SJM社)系列の独占体制だった。マカオ返還直前に、マフィアによる抗争が激化。これをきっかけにマカオ政府は、カジノ経営権を外資にも開放剃ることを決定。2002年に国際入札された。

以降、米国、豪州、香港などの企業が進出して、現在は約30の本格的なカジノ(&ホテル)がある。


バブリーな建物の最たるモノが、カジノで有名な《グランド・リスボア・マカオ/澳門新葡京酒店》。
http://www.grandlisboa.com/en/home/index.html

カジノと言えば‥のリスボア・ホテル(澳門葡京酒店)の隣に、同じ会社=STDM社(現;SJM社)が建てた。2008年12月に新規オープン。新旧両方の建物でカジノ&ホテルを営業している。

P1070928

P1070913

P1070948

客室430室、五つ星。ネット予約で230ドル位から宿泊できる。実際に建物に入ると、ロビーでさえ細部が張りボテだったりで、「建設資金が尽きたんだなぁ」と感じさせられる(笑)


さて、マカオのお楽しみはドックレース。

開催場所はマカオ半島北部、ヤッユエン・カニドローム(逸園賽狗場)。
バス路線:1、1A、3、4、8、8A、23、26、26A、32、33、34→いづれも「逸園賽狗」下車。

走る犬はグレイハウンド。競馬同様に着順をあてる。

レース開催曜日は、2010年1月は毎週月曜・火曜・木曜・土曜・日曜の19時30分から23時45分くらいまで(それぞれ18レース)、20分間隔で行われる。ただしシーズンによって、レース数が増減したり開催時間が若干変わる。

澳門逸園賽狗股処ヘ有限公司
住所:白朗古將軍大馬路
http://www.macauyydog.com/

入場料:10パタカ(ボックス席6~8人用:月・木80パタカ、土・日120パタカ)

P1070980

レース場のコース内側にレールが敷かれており、スタートの3秒前にレールの上を兔の模型が走る。これを出生ゲートから飛び出した犬が追う仕組み。一周およそ400m。レースは何種類かの距離があるが、350mか510mが多い。

P1070995

犬のパドック。
出走前のチェックは入念にやってマス。
ちなみに犬の現役生活は2〜3年。

P1080007

P1080004

犬が厩務員さんと共に、馬場ならぬ犬場で登場。1レース6〜8頭が出生する。

P1080008

犬場でウンタンする犬、多数(笑)

P1080013

P1070976

人間様は、スタンド裏にある「犬券売り場」にて、購入。ちなみに犬券は現地では「狗券」です。狗番連勝複式(キネラ)と三連単が一般的。現在はマークシート式。

P1070993_2

P1070994

レース場の直線を観客席が切れるところまで行ったら、犬を出走ボックスに入れる。

P1070987

P1070989

1.スタートの合図

2.兎の模型が「シューーーー」という音と共に走り出し、

3.3秒後くらいに赤いブレザーを着たオッチャンがゲートを開く

4.弾丸スタート

P1080011

速ッ!!!


.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

香港3;香港迪士尼樂園

噂の香港ディズニーランドに行ってきた。
http://disneyparks.disney.go.com/dpj/ja_JP/index?name=HKDLParkPage

噂とは、「狭い、アトラクションが少ない、アトラクション施設が手抜き、従業員がやる気ナイ、客のマナーが悪い、営業時間が短い、パレードがショボい」等々。まあ、なんちゅーか検証ですね(笑)

地下鉄東涌線にのり、途中でMTR欣澳駅で迪士尼線に乗り換える。MTR迪士尼線(1駅区間のみ)はディズニーランド専用線で、車両はミッキー仕様。なお迪士尼駅には住宅地はないように思った。

P1000009
(車内)

P1000012
(迪士尼駅構内)

P1000017
(迪士尼駅を出て、ディズニーランドとは反対側を見る)

地下鉄迪士尼線および迪士尼駅は、実に良くできている。MRT欣澳駅ホームに待つ迪士尼駅行き電車に乗れば、いきなりディズニーワールドの世界。東京ディズニーランドに行くJR京葉線・武蔵野線はこのようなサービスはないけど、あってもいいのでは?


チケットオフィスはガラガラ。

P1000018

チケットは1日券350HKドル。
極上の海老ワンタン麺1杯が35HKドル前後だから、いかに高いかわかる。

場内の地図
 ↓
Mapsprite_img
(公式サイトマップよりhttp://disneyparks.disney.go.com/dpj/ja_JP/index?name=HKDLParkPage)


小さいですね!!

地図の左、敷地の1/3はホテルですからねぇ。


これがメインストリートUSA(土産屋&レストラン)

P1000023

そしてシンデレラ城ならぬ「眠れる森の美女城」

ドイツとかの山間の田舎にある、小さい小さい城みたいですワ。

P1000027_2
(オープニングセレモニー)

P1000049


では気になるトイレを・・

香港の便器は「しゃがみ式」と「洋式」があり、その割合は半々。ディズニーランドはUSAなのでどうかな?と思って行って見たら、しゃがみ式(キン隠しのない和式)が1〜2室で残りは洋式だった。

P1000046

洋式便器は米国から直輸入の米国型巨大便器。ただし便座の高さは香港人の座高に合わせている(笑)

P1000047


開園当初は「従業員の態度が横柄だ」と批判されたが、近年、マシになったようだ。だが、私語は多いし、担当区域内で(客の前で)ハンバーガーを食べたりと、なかなか人間味がある(失笑)

P1000051
(香港ディズニーランド鉄道;場内を一周する)

上の写真の撮影時、なかなか出発しない電車に見切りを付けたのか、従業員が集まり懇親会。中央のマスクの男性従業員は、喋りながら何か食べているし‥。因みに2mほど離れた車内にいる中国系観客は、従業員に向かって何やら怒りながら叫んでいたけど、従業員全員は気持ちよく無視していた‥orz


園内には売店や屋台型売店が非常に少ない。これは稀少な1店舗。「すんごーくいい匂いのいか焼きの匂いがするな〜」と思って、匂いを追ったらここに着いたわけ。

いか焼きやら、魚団子の串焼きとか、いかにも中華系屋台にありそうなもの(笑)

P1000052
(小さいイカ焼きも15HKドルはする)


ライオンキングのミュージカルは、なかなかヨカッタ。黒人ボーカルの歌がすばらしいっ。

P1000058

アドベンチャーゾーンを歩いてた御一行。

P1000065
(芸することなく、ただ歩いていた)

アドベンチャーゾーンにある「ターザンのツリーハウス」からの眺め。

P1000167

池(ディズニーランド的には“川”だそうな)では、ジャングル・リバー・クルーズなるアトラクションがあったので、行ってみた。

さすがは香港。クルーズの船頭が話す言葉がわかるよう、3言語(エーゴ、北京語、広東語)と並ぶ列が分かれている。すばらしい・・

P1000179

P1000082

P1000084

東京ディズニーランドのジャングルクルーズより距離は短い。ただ船頭のノリは同じだし、最後の火山の炎の上がり方とか、鎮火させる水の量とかはスゴイ。消防法とか適用外なんだろう(笑)


昼は飲茶(点心)にしてみた。

P1000097
(店内はディズニーらしさ、皆無)

P1000092

時間も遅かったので品薄だったが、工夫がイマイチか。これなら町中で食べる飲茶と同じだし、金額が高い割りには・・orz

正規売店でみつけたもの。

P1000089

目に星がキラキラってあったでしょうか??


パレードですワ。

P1000107
(薄汚れている)

P1000101

P1000109

P1000111_2

P1000114

P1000128

P1000139

感想は・・・・ノーコメント。

ただただ・・脱力・・・(●゚θ゚)


P1000150

P1000191
(ドラムパフォーマンス)

P1000198
(ゴーカート;並ぶレーンでコースが異なる)

P1000216
(スペースマウンテン;6回くらい乗った。途中で写真撮影がある)


夜の、眠れる森の美女城(小さい城だから出来るであろう、全面電飾)。花火の準備のため、ファンタジーランドは早々に閉鎖された。

P1000219

メインストリートUSA

P1000226

屋根から人工雪(といっても泡)を降らせていた。


ディズニー・イン・ザ・スターズ(花火)

P1000255

『眠れる森の美女の城』をバックに、香港迪士尼樂園の夜8時から行われる花火ショー。ラスト4分間の動画が下記。

さすがは香港、花火の個々の豪華さはともかく火力がスゴイ。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる‥みたな連続技。たまたま風がいい感じで吹いていたから良かったけど、これが無風だったりこっちに風が吹いていたら悲惨!だったろうなぁ。


(ラスト4分間)


帰路は、MRT迪士尼駅横のバスターミナルから、香港市内行き直通バスに乗る。夜なので速い速い。30分もかからず九龍半島は佐敦に着いた。

ひとり350HKドルも払わされるだけあって、自家用車組がほとんど。だから閉園時間後の地下鉄もバスも空いている。

さて検証課題の「狭い、アトラクションが少ない、アトラクション施設が手抜き、従業員がやる気ナイ、客のマナーが悪い、営業時間が短い、パレードがショボい」だが・・・その通り。

客のマナーなんだが。噂に聞く痰吐きとか、腹だしとか、なかった。たまたま大陸系客が少なかったからじゃないか?とも言うが、ゴミのポイ捨てが目立つ。ポイ捨てが多すぎるのか、掃除は行き届いていない。

香港ディズニーランドは、2014年を目途に段階的に面積とアトラクション数を拡張していくそうだ。

上海ディズニーランドに負けないよう頑張ってくれ。


.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

香港2;B級グルメ

香港で楽しみなのは、飲茶(点心)と海老ワンタン。

プリンプリンの海老ちゃん+絶妙な配分の豚挽肉の海老ワンタン。海老料理は世界で一番旨いッス!

飲茶は行きつけの《鳳城酒家》Fung Shing

1954年創業の正統順徳料理(広東料理の基礎)の店。香港に何店舗かあるけど、渋いのは九龍半島と香港島の2店舗。両方ともエーゴも日本語も通じない。

●旺角店;彌敦道749號一樓至二樓
●上環店;上環徳輔道中安泰街7號康城花園地下

日本語は不可だけど、英語は多少通じ日本語メニューがあるのは、九龍半島尖沙咀の東・ホンハムにある黄埔店(黄埔花園8期黄埔美食坊二樓)。こちらはグルメなビルといわれる「黄埔美食坊」の2階にあり、内装もゴージャス。

香港島の銅鑼灣にある店は、いわゆる暖簾分けした店でそんなにオイシイわけではない(失礼!)

ここの名物は、鳳城高湯炸粉果

P1070763

P1070764

ああ、うんまーーーいっ!

P1070767

P1070768

そしてお楽しみの海老シューマイ(鳳城蝦餃皇)

P1070769

P1070772

たまりませんなーー(→o←)ゞ


香港からマカオに行くため、九龍半島尖沙咀のフェリーターミナルに。その時に寄ったのが、マンゴープリンで超有名になった《糖朝》

マンゴープリンは《満記甜品》の方が美味しいと思うんだけど、実は糖朝の隠れた名品は「粥」と思ってます。量が多いのもあって結構高めなんだけど、ほーんとオイシイ。

糖朝・・・昔は小汚い小さな店だったんだけどなぁ。今や大出世というかマーケティングが上手いのか、日本では高島屋に出店があるもんね。

P1070904


さて、海老ワンタン麺(鮮蝦雲呑麵)。

海老ワンタンは、僅かな豚挽肉にプリプリの海老を粗めに叩いたもの。秘伝の調味料で味付けする。麺は卵入りの極細麺で、茹で方はアルデンテ。スープは多くの店が干した白身魚(ヒラメが最高とか)をベースにしており、香り付けに黄ニラを小量入れる。

星の数ほど海老ワンタンを出す店があると思うけど、私が好きなベスト3はこちら。今回も味のチェックに行きました。チェックしないと味が変わるのでね(昨年の名店はランク外になったりする;料理人の腕なのか経営状態の問題なのか?)。

第3位;麥(不大)雲呑麺世家 Mak Man Kee
香港中環威靈頓街77號

1950年に香港で創業した麺専門店の老舗。干した白身魚ではなく蝦子と豚骨でとったオリジナルのスープ。海老ワンタンははエビやゴマなどでとったダシや秘伝の調味料が入った奥深い旨み。麺は弾力あり。スープが最高ですワ!

P1070898

第2位;何洪記 Ho Hung Kee Congee
香港銅鑼灣雲東街2號

化学調味料不使用、麺は自家製にこだわる。他店と事なり、海老より豚挽肉の割合が多い。

P1070894

P1070895

海老ワンタン麺の店で必ず頼むのが「油菜」。香港郊外特産の郊外油菜は、芯が太くて柔らかくて味が濃い。掛けるソースはオイスターソース。名店ほどレベルが高い。

P1070892

第1位;池記雲呑麵家 Chee Kee
香港銅鑼灣羅素街52號

近年の味の進歩はめざましい。蝦子のダシは濃いめで麺によく絡む。海老ワンタンのプリンプリン度はスゴイ。

P1000371


地球の歩き方09-10(109頁)に、満州人が経営する「揚げワンタン麺/炸雲呑麺」の店があると書いていたので、香港島は上環に行った。店の名前は《英記麺家》という。

P1000297

うーーーん、ビミョーですな。

まず揚げワンタンが冷え切っている(揚げてから時間が経っている)。豚骨スープがまあまあ美味しいけど、日本のラーメン屋の方が上だ。


香港と言えば地ビール。

滞在期間はほぼ毎日出没するのが、香港島にある《East End Brewery》である。2店舗あるが便利なのは銅鑼灣の店(銅鑼灣希慎道10号)。どちらも香港のホワイトカラーの諸君が集まる店。20時までがハッピーアワーで、2杯で1杯分の料金。

P1000376

P1000378

天井に書かれているのが、この店オリジナルの地ビール(2種類)。いづれもやや苦めでキリッとしている。ピーナッツは食べ放題。

.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今更‥謹賀新年ッ!

Happy New Year 2010 !
I am very grateful to you for the kindness you showed us last year.
May this year be happy and fruitful.
I look forward to your continued good will in the coming year.

インコ族、千葉県茂原市より無事生還。

P1000589

P1000594

P1000612

正男も元気です。

P1000611

ハルオも相変わらず。

P1000599

P1000598

カナリーズはまだ実家にご厄介になっちょります。

今年もバタバタな感じですが、どーぞおつきあい下さいませ。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログへ
ありがとうございます。

香港;大澳(タイオー)

昨年12月は香港。

時間があったので、空港がある大嶼山(ランタオ島)の西の外れにある大澳(Tai O)に行ってきた。

大澳は香港で最後と言われる、昔ながらの水上生活者の村。黄河流域の中原一帯に住む一部の漢民族が、唐末と宋末の動乱期に集団で南下し、明朝〜清朝初めこの地に流れ着いて、川沿いに杭に家屋を乗せた独特な水上家屋(棚屋/パンオッ)集落を作り始めた、とか。高齢化が進み、最盛期には人口約1万人だったが現在は三千人。

彼等は貴族階級の末裔とされ「客家」と呼ばれる。使用言語は唐宋北方中国語の古語と言われる客家語。客家は「よそ者」といわれ、土着民族との軋轢から土地を持つことが難しかった。

大澳は特筆する見所はない。映画のロケ地にもなった村だが観光客は少なく、それも香港島/九龍半島からの地元客と、香港在住の強欧米人くらいしかいない。大澳からは「白イルカ」を見に行く遊覧船が出ているのだが、商売っ気なし(笑)

マタ〜リとした時間が流れる村。

故に生活感むんむん!


香港島の中環フェリーターミナルから、梅窩(Mui Wo)行きに乗り50分。埠頭前のバス停より1番のバス「大澳」行きに乗り換えて終点。香港島/九龍半島から陸路でも行ける。地下鉄/バスで東涌駅に行き、11番のバス「大澳」行きに乗り換えて終点。いづれも約2時間の行程。

大澳の村は深い入り江にあり、村の中央に全長約2kmの半海水の川が流れており、川沿いに水上住宅《棚屋》が建ち並ぶ。東南アジアではよくある風景だが(ブータンには大集落がある)香港では最後の村かもしれない。

川に両端(西と東)は外海。大澳バスターミナルは村の西端の外海に面した所にある。

P1070774_3
(かつてはここからフィリピン周辺まで漁に出ていたそうな)

バスターミナルの反対側は湿地帯で、成長しつつあるマングローブが広がっている。

P1070778_2

村はバスターミナルを背にした右側にあり、村はバスターミナル側(西側)が栄えている。栄えていると書いたが、実は小さい村。村の東は湿地帯が広がり古い廟とかもある。

ターミナルがある南側の大澳永安街と、橋を渡った北側の大澳街市街が賑やかな区域。土産物や海産物を主にしたレストラン・商店などが建ち並ぶが、観光客はそんなに訪れないせいか、数は多くなく全体としてのんびりしている。

P1070798_2
(写真左がバスターミナル、写真手前が南側の大澳永安街、写真奥右手(橋を渡った)が北側の大澳街市街。橋は1996年に完成した)

P1070802_2
(橋から西側の外海を見る)

村の特産物は海産物。道沿いには塩漬けして干した鹹魚(日本で言うクサヤ)や咸魚、牡蠣などが目に付く。蝦醤(塩漬けした海老をペースト状にしたもの)も特産品。かつては製塩業もやっていたが廃れた。

P1070790

P1070810_2

P1070820_2

P1070816_2
(北の吉慶後街;両側は陸地に建つ家)

P1070889

村には川に平行した3本の通りがある(川の北に2本、南に1本)が、最北の吉慶後街と南の大澳永安街/大澳太平街は、水上家屋には面していない。だが家屋脇の路地を進めばすぐ水上家屋に行ける。

P1070871_2

水上家屋群は、各々が細い木製の橋というかデッキが結ばれており、これが道路代わり。このデッキが陸地と結んでいる。

P1070876_2

P1070881

大澳の水上家屋は、防災上・家屋の腐食などから守るために、多くの家屋が外壁にアルミ板を打ち付けている。

実は2000年7月に大規模な火災がおきて、大部分が消失した。2004年くらいに大部分が再建された。


昔ながらに小舟も使うようだ(多くの家庭に自家用小舟がある)。

P1070826_2

P1070859

水上家屋を支える木は細い。

P1070853_2

しかも土台はペンキ缶だったりバケツだったりする。

P1070829_2


P1070878_2

P1070814


村の東側は湿地帯が広がっているせいか、とっても静か。

P1070845

時間がゆっくり流れていく感覚・・

P1070847_2

村の東から(人口が密集している)西側をみる。

P1070850

P1070866
(客家のお婆ちゃん。髪の毛は断髪/独特の帽子が特徴。客家は、男子も女子も同等に貴重な戦力と考えているため、読み書き算盤が出来るインテリでもある)

.
.
.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »