2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-外国為替-

« 週明けまで京都 | トップページ | ゲロ粟をプレゼントしていただきました。 »

京都に住んでいた‥ならではのメシ

私の父方の曾祖父は、応仁の乱以前から住んでいる生粋の京都人。

明治天皇はんが「ちょっと行ってくるわな」と東京に行かれた時に(東京遷都)、曾祖父一族も東京に引っ越しました…そうで。天皇さんが東京を引き払って京都に帰ってみえたら、私も京都に本拠を構えなければなりません。

・・・的な私が京都に戻った今回、いただいたものriceballbeerjapaneseteabottle

京都ではこういう伝統的な店構えの店がよくTVとかに出ますが・・

P1070373

戦災を免れているので、明治〜戦前のハイカラな建物も残っていマス。

P1070372

食べものも同じで、日本料理の雅なモノもあれば、洋モノもあり。これが京都。

P1070359

P1070360

京都駅南口近くのホテルセントノーム京都1階にある《山水》
http://www.centnovum.or.jp/restaurant/sansui.html

観光客がほとんど来ない、地元民ご愛用の日本料理店。場所がだ、生粋の京都人が気にする所なのが難点かなぁ(いろいろと書けない事情がありますのえ)。

実力の程は、第23回全国技能グランプリ大会3位入賞、日本調理師連合会師範等の資格を有する和食料理長が仕切っているので、折り紙付き。


そして山陰本線円町駅近くには、7人しか入れないカウンターのみのイタ飯屋があり、ここが私が愛する飲み屋だったりする。オーナーシェフがひとりで全てをやっている。

P1070419

P1070421

P1070425

えぞ鹿、ベーコン、黒オリーブの盛り合わせ。
特に‥えぞ鹿のローストの旨いこと!

P1070422

旨さに悶絶して、危うく写真を撮るのをわすれた逸品「ハンバーグ」。肉も旨いんだけどソースがこれまた旨い。量も多め。

P1070427

P1070423

P1070424

P1070426

ちなみにこの店のワインは、ボトル1本が原価の千円!という、酒飲みには有り難すぎる値段設定。結局、3人でワイン4本のんで、これだけ食べて1万円。

店の名前は内緒(すんまへん)


京都といえば《にしん蕎麦》だが、実は京都の蕎麦はマズイ。コシとか香りとかナーーイ。茹ですぎるのか何なのか、ぶちぶち切れる。ただし鰊の甘露煮は旨い・・w

P1070428


日本食にこだわるヒトが集う、通の店・・

そのひとつが、宮本武蔵と京都の兵法家・吉岡一門の戦い「一乗下り松の決闘」があったとされる場所の近くにある。地元度100%

ふくの皮を使ったお通し

P1070463

自家製切り干し大根のサラダ

P1070464

だし巻きたまご

P1070465

蓮根の牛肉挟み揚げ

牛肉が挽肉ではなく、肉厚なまま挟んである。

P1070466

蛸の唐揚げ

P1070467

堀川ごぼう
(鶏肉の挽肉が中央部に入っている)

P1070472

ひれ酒

P1070468

P1070469

ひれの処理がいいので、臭みとかエグみがない。実に旨い・・・五臓六腑に染み渡る。

そしてこの店の名物といっていいのか・・
《日本一の鯖寿司》

P1070471

P1070473

京都でサバ寿司といえば《いづう》さんが有名だが、あっさりと超えたねっ!

程よく脂がのり、鯖は柔らか。
そして超肉厚・・・heart

ビールやら鰭酒やら飲んだけど、この店もお安くて全部で3人で飲み食いして11,000円。

店の名前はこれまた内緒(重ね重ねすんません)


京都人は実は新しいモノ好きでもあるので、食も斬新だったりする。

P1070493

白米に、薄くのばしたハンバーグを乗せてデミグラスソースをかけて、目玉焼きを乗せたモノ。付け合わせは、カボチャをココナッツミルクで炊いて裏ごし。


こんな食生活でしたっ☆
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
ありがとうございます。

« 週明けまで京都 | トップページ | ゲロ粟をプレゼントしていただきました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532551/46898569

この記事へのトラックバック一覧です: 京都に住んでいた‥ならではのメシ:

« 週明けまで京都 | トップページ | ゲロ粟をプレゼントしていただきました。 »