2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

-外国為替-

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

また脱国します

今朝から7/5くらいの予定で、脱国します(仕事です)。

生還したらまたブログを書きますので、どうぞどうぞご贔屓に頼みます。

帰国したら実家からカナリア様を引き取ります。彼等にとって久々の我が家。これで家族全員が揃います!

P1100510

ハルオさん、達者で暮らせ。

ママは(行きたくないけど)インドの右下、スリランカはジャフナに行ってきますのえ。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

久々にカナリア様

今日、実家に行って久々に《カナリア様ズ》に会ってきた。

P1050076

なんか快適そうだ・・

蒸し暑くなってきたけど、まだ景気よく鳴いている。来月早々に引き取ろうと思っているんだが、母が寂しがらないかと心配してみる。何せ2ヶ月間いたから。


一方、ハルオさん。

ますますヤンチャになり、悪さし放題。

P1050002

「ハルオさん」って声をかけていれば安心なのか、とーってもいい子なんだけど、PCで仕事とかしていると、キーボードのキーを囓り取る。

電話で話していると、耳元で練習中の《ミッキーマウスマーチ》、我が家では阪神☆真弓の応援歌とか、元浦和レッズのトゥットの応援歌・・・と呼んでますが、これをいきなり歌い始める。すんごく下手くそで笑っちゃうw

こんな案配なので、部屋の金属片とかには神経質になった(重金属中毒にかかるオカメインコは多くて、その死に方は壮絶だから)。


週末からまた出張なので多忙だけど、今日の昼は、地元の(まあまあ高級な)回転寿司「まぐろ人」で友人と飲んでいた。働くひと、昼間からすいません。

P1050088

絶品の黒ミル貝の握り(本当は2カン)

1皿500円位もするけど、ほ〜んと美味しい。一般的な回転寿司とかは白ミル貝、ぜ〜んぜん違いますな。

P1050087

光りモノの盛り合わせ。

寿司屋の刺身はさすがに新鮮で旨い!
食べたのが昼なので、仕入れ直後かな?
うっほっほ〜☆


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

撮影用にレンズを

先日、「来る7月22日の皆既日食のために、デジイチを買った」というのは日記に書いた。

CANON kiss X3
TAMRONの18-270mmB003(15倍ズーム)

という組み合わせだが、このレンズは室内で(※暗いという意味)撮影するには不向きと知ったのは、悪戦苦闘中に価格.comの口コミで。どおりで焦点が合いにくく、シャッターが下りづらいわけだ。

ってなわけで、室内+ハルオさん撮影のみ‥のために、明るい単焦点のレンズ《CANON単焦点EF50/f1.8》を購入。八千円台とはいえ別売りのフィルターも買ったし、また散財ですワ。

P1100659

今日は比較的時間があったので、ハルオさんをモデルに色々撮影してみた。我が家の居間は、まあまあ広いんだけど東側にしか窓がないため、午後は暗くなる(おまけに照明は電球色だし)。書斎は南南東および南南西に窓があるから明るい。

Img_0067

Img_0134

Img_0105

Img_0124

どうもダイヤルの特性がわかっていない。

ズームに慣れているので、ファインダーを覗いてビックリしたり、距離感がわからずどんどん後ずさりしたり、なんかバタバタです(笑)要特訓ですねぇ・・・(*´ο`*)

それにしてもハルオさん。まだ換羽が終わらないので、ツンツンした毛だらけだわ。ほぐほぐした〜い。ほぐしたいっ!させてくれっ!


ハルオさんの撮影するためにケージを覗くと、ハルオさんは勝手に《かくれんぼモード》に突入。

Img_0094

これでも《完璧に隠れているつもり》のようで。

私が「ハルオさん、何処かな?」と連呼すると、明らかに嬉しそうに、ビニールの切れ目からチョイ覗きとかしてくる。まるで人間の幼児のよう。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

スズメバチ!

昨年(天寿を全うして)亡くなった伯母の家。

伯母の両親(オットの祖父母)が、昭和10年に中古住宅付きで買ったもの。家は戦災にも遭わず、ほとんどリフォームすることなく、現在に至る。場所は世田谷区の閑静な住宅街。

現在は事情があって廃墟状態なため、甥のヨメなる私が時々手入れに行っている。


先週の土曜日。

草むしりがてら伯母の家に行くと、玄関裏の物置がツタだらけになっている。とりあえずツタを引っこ抜こうと、ツルに手をかけたら・・


スズメバチと目があった!


「こりゃ〜ヤバイ」と月曜日の朝一番、世田谷区役所に電話して「スズメバチの巣」の撤去の依頼をする。撤去決行日は翌火曜日(本日)の昼。スズメバチの巣の撤去費用は無料だそうな。

スズメバチの巣は、隣家との境界線至近に生えるツタの中にある。成育過程なのでまだ小さい方だが、形はしっかりしている。

P1100627

隣家はまだ、スズメバチの存在に気がついていない模様(留守だったし)。

P1100629

P1100628

不気味じゃのう。
でも巣は、マーブル模様で綺麗^^

世田谷区役所(保健所)の委託業者が、時間より少し早く登場。オッサンと助手の爺さんという2人組。手には2本の「ハチ専用殺虫剤」を持つだけ。ハチ避けの網とかもなし。

P1100632

蜂の巣の出入り口の穴に向けて、殺虫剤をたーっぷり注入!なんと二刀流だぁ!

P1100636

頃合いを見計らって《ツタの枝から巣を取る》のだが・・・

P1100637

残党のハチがオッサンを襲撃・・・

・・・もむなしく、

P1100638

巣は放り投げられて破壊・・・w

P1100647

巣の中には、サナギや幼虫が蠢いている。助手の爺様曰く「こいつは美味くねぇよ」。爺様、もしや私が幼虫を食べると思ったのか?

P1100651

巣の中から放りだされた《女王ハチ》
絶命。

合掌・゚・(ノд`)・゚・

ハチ・バスターズのオッサンは、まだハチと格闘中。

P1100640

戻りバチを退治しているらしい。

一方、助手の爺さんは・・・

P1100645

「今年は住宅地にスズメハチが多い。ミツバチは激減しているんだけどね。今日はあと5軒回らなきゃならないんだよ。蒸し暑いのに・・・」とボヤキながら、スーパーのビニール袋にスズメバチの巣と女王ハチを入れいた。

そして、そそくさとオッサンと共に去っていった。

所要時間10分。

・・・ってなわけで、あまり家にいなかった私。となるとハルオさんの放鳥時間は短くなるわけで・・

P1100626

「おうちに帰ろうか」というと、ジトォー・・・と恨めしい目で見つめるハルオさん。


すまん。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

南米☆仏領ギアナ(5)検問

2〜3時間の《ブラジルの旅》も終わり、また仏領ギアナは国境の町"Saint-Georges"に戻った。

Img_2742

やれやれ、時間通りに戻れてヨカッタ。

Img_2746

"Saint-Georges"は最初は「つまんない町だなぁ」くらいにしか思っていなかったけど、道路はほぼ未舗装で雑然としたブラジルの国境の町"Oiapoque"から戻ってくると、「まあ〜綺麗な町。さすがはおフランスだわ〜」って感動する(笑)

P1090740

P1090744

そうそう、仏領ギアナの首都(州都)カイエンヌ〜"Saint-Georges"のミニバスは、こんな感じの車。フォード社製の4列シートのバン。帰路の客は私達だけ。

P1090756

乗り心地は悪くないけど、背もたれがやたら高いので、前の景色は見えないw


ブラジルに向かう("Saint-Georges"に向かう)時は気にならなかったけど、なんか検問が多い。運ちゃんに聞けば、行きはほぼスルーだけど帰りの検問は厳しいそうな。

P1090761

検問所はフランス国家憲兵隊が行い、兵士は全員「白いフランス人」だった。現地採用の現地人(黒人ないし混血)は一度もみかけず。

マラリア地帯なのに、なんで半ズボンなんだろう?


帰路のミニバスで運ちゃんから聞いた話によれば、やはり仏領ギアナでも「独立運動」があるそうで。

現地人の多くが賛同しているが、したたかなフランス本国は、巨額のカネを注ぎ込んでインフラを整備して不満を抑え込んでいる。ゆえに多くは《広範な自治》を求める派。

Img_2765

完全独立、または広範な自治が認められたら掲げる【国旗】のデザインはコレ。


ブラジル→仏領ギアナのカイエンヌの検問が厳しい理由に、《不法移民》と《武器密輸》と《金の盗掘》がある。フランス国家憲兵隊はこれらを摘発すると、いちいち荷物を改めることなく、車に火を放って燃やしてしまい、人は強制送還!

道路の路肩には、放火された車が何台も放置されている(見せしめ)。道路から一歩入れば密林なので、道路の検問はかなり有効のようで(有事の際、フランス外人部隊が応援に来る)。

P1090746

P1090754

P1090759

あまりの高温で、リアガラスが溶けちゃっている。


つづく・・・


Img_0007

カナリア様は日の出と共に鳴き始めるけど、ハルオさん(オカメインコ)は人がゴソゴソ動き始めない限り(9時過ぎまで)寝ている・・・おいおい。

今日は、人間様は起床から家を出るまで30分だったので、ほとんど遊んであげられず。

Img_0038

夜、帰宅して放鳥したけど、眠いのかふて腐れているのか、ボォーっとしている。これまた超かわいい☆


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

南米☆ブラジル(1)また仏領ギアナへ

忘れた頃に、続きが始まるのがこの日記の特徴☆
(前回→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/4-f92e.html)

仏領ギアナの東南にある国境の町"Saint-Georges"から、国境の川Oyapockをスピードボートで20分ばかり遡上。ブラジル側の国境の町"Oiapoque"に着く。

Img_2732

P1090664

私達は、ブラジルビザを持っていないので、形式上は“不法入国”ですな。

とりあえず少額両替して、タクシーでイミグレーションを兼ねた警察署に行く。

Img_2703

「Olá. Bem-vindo ao Brasil.」と迎えられた。

しかし、やや暗い顔の私達は「わてら、ビザ持ってないねん。ここでビザを発給してくれますの?」と答える。すると警官はにこやかに「いいんや、ここは出せないよん。君たちはこれから何処へ行くの?」と。

「さっき仏領ギアナから来て、1時間くらいしたらまた戻る」と答えると、「ノープロブレム!」と、あっさり言われちゃった。

折角、ブラジルに来たんだし、対応してくれた警官に「パスポートに何か記念になるハンコを押してくれ!」と頼むと、笑いながら警察署の円形の凝ったデザインのスタンプを押してくれた(笑)

警察から《町歩きOK》のお墨付きを頂いたので散策する。

P1090673

P1090674

郵便局とか銀行は、特定日は大混雑するため、列用に「ディズニーランド式」手すりがついている。

P1090678

P1090680

P1090681

P1090682

P1090685

P1090690

Img_2720

Img_2719

Img_2722

P1090694

P1090703

ブラジル側ではあんまし時間が無くて、ビールを飲んで終わり(残念)。

仏領ギアナの国境"Saint-Georges"から、首都(州都)カイエンヌに戻るミニバスの時間に併せて、また国境の川Oyapockをスピードボートで・・・下る。

P1090722

つづく・・・


P1100620

ひとり遊びを始めつつあるハルオさん。
ただいま生後8ヶ月目。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^


疑似愛‥(^∀^)

土曜日。
チチ(オット)は在宅。

ハハ(私)はハルオさんに「ハルオさ〜ん、今日はパパがいるよ。パパに遊んでもらいなさい」って言うんだけど、ハルオさんはパパのトコにいかず、ハハにべったり(´▽`)

チチ(オット)はチチなりに「おいハルオ。遊んでやるぞ、来い!」って言うんだが・・・


無視。


まあ、なんか気の毒なんでハルオさんに「ハルオちゃん。ハルオちゃんが食べているご飯は、パパが稼いできた金で買っているんだから、パパんとこに行ったら?」ってホローしてますけど・・・

ハルオさんは私の肩に止まりたいんだけど、今朝はバタバタしていて動き回る私をキャッチできない。で、しばらーーーーくしてようやく、彼はチチの元へ行った・・・


P1100601

「よいしょ・・・」

P1100602

「何を読んでいるんですか?」

P1100599

「ページがかわりません・・・」
「ふぁ・・・・・・・」

P1100597

「退屈でつ・・・」

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

太宰治&桜桃忌(心中事件現場)

作家の太宰治(1909〜1948/明治42〜昭和23)が、今日で生誕100年を迎えた。

昭和23年6月13日頃、太宰治は愛人のひとりだった山崎富栄さんとともに、三鷹市内の玉川上水で入水自殺を図った。(心中)遺体が発見された6月19日は、太宰治の39歳の誕生日だった。

太宰治は自殺願望が強く、21歳から38歳まで自殺未遂は4回行い(1度目の心中では愛人が死亡)、5度目で成功した・・・。

・・・というわけで、昼過ぎに「遺体発見現場」に行ってみた。

実は、我が家から徒歩○○分の場所にあります。

P1100563


玉川上水の「新橋」から下流に約10m(東京都三鷹市牟礼4丁目の明星学園高校が目印)の地点。

今日は、桜桃忌&太宰治生誕100年記念ということで、線香でもあげている人がいるかと思いきや、忘れ去られているようで、なーんもない。現場付近は草茫々で気にとめて行く人もなかったような(手を合わせました。合掌)。

P1100566

当時の新聞報道によれば、太宰治は山崎富栄さんと共に赤い紐で結ばれ、折り重なった状態で、川底の棒杭に引っかかっていたそうだ。近所のヒトの応援で引き上げた遺体は、出版社(新潮社)の人たちによって紐を切られ、太宰治のみ遺体を棺に入れて早々に撤収。山崎さんは道端に昼頃まで放置されていたらしい。

玉川上水は天然の川ではなく、江戸時代に江戸の飲料水不足を解消するため多摩川から水を引く掘削工事で出来た人口の川(1653年に完成)。

今でこそ、小川のような玉川上水だが、当時は自殺の名所になるくらい水深もあり流れも速かった(雨が降ればおよそ川幅最大4m/深さは通常2m。昭和23年度の入水自殺者は太宰で16人目!)。しかも約300年を経た玉川上水は、川底には無数の穴があるため、遺体は見つからないことも少なくなかったようで。

太宰治の正妻(2度目の嫁)が、山崎さん宅で遺書を発見。三鷹警察署に捜索願を出したため、世間に心中が知れ渡る。太宰治信奉者が中心に捜索を開始。三鷹警察署は玉川上水の水門を毎日5時間ほど閉めて捜索。結果、19日午前6時50分に通行人によって発見された。

死因は水死だが、太宰治は苦しんだ様子がないので、仮死状態のまま入水したとの説もある(山崎さんは溺死特有の苦しんだ顔だったそうだ)。

そうそう、山崎さんの遺書はなんと太宰治の「正妻」宛!!

「修治さんはお弱いかたなので、貴女やわたしやその他の人達にまでおつくし出来ないのです。わたしは修治さんが、好きなのでご一緒に死にます」

この山崎さんだが、太宰治の女性関係にはかなり悩んだようで、心中する1年前位から太宰治との関係がうまくいかなくなり、半年前に別の愛人(太田静子さん)が女児を産んだことに激しいショックを受けていたとか。「捨てられる」ことを恐れながら、太宰治の他の愛人や正妻に嫉妬したそうで。

このような経緯と死に顔から、この心中は、実は山崎さんの「無理心中」とみる説もあるが、真相はわからず(狂言心中失敗説等々)。

正妻は、山崎さんの「骨の一部でもいいから一緒に埋めてほしい」という富栄の願いを叶えず。

ちなみに太宰治が山崎さんを口説いたときの文句
「死ぬ気で恋愛してみないか」

・・・・・言われてみたい(´▽`)


P1100564

遺体が発見された玉川上水新橋の更に下流。
(太宰治の桐コマ下駄と、山崎さんの赤緑斜め縞の緒の下駄が片方ずつ、ここを流れた)

P1100561

現在の玉川上水。
(井の頭公園の西園付近;万助橋の下流)

太宰治の《乞食学生》によれば、当時の玉川上水は・・・

P1100572

「四月なかば、ひるごろの事である。頭を挙げて見ると、玉川上水は深くゆるゆると流れて、両岸の桜は、もう葉桜になっていて真青に茂り合い、青い枝葉が両側から覆いかぶさり、青葉のトンネルのようである」

Tamagawa03b

太宰治が散歩した玉川上水は、今では川幅や水の量こそ違うけど、井の頭公園の西園にある【万助橋】から久我山までの、現在の玉川上水とそれなりに似た景色だったかもしれない。

P1100561_2


遺体発見場所があまりにも何もなかったので、《入水地点》に行ってみた。

こちらはJR三鷹駅南口から近く、太宰治ゆかりの家や商店などが点在していることから、きちんと整備されている。入水場所を示す目印「玉鹿石&記念碑」では、NHKがロケをやっていた。

P1100578

P1100576
(木村綾子さん、というひとらしい)

ちなみに入水地点は・・・

P1100593

あじさいが咲き乱れていました。


太宰治の墓がある禅林寺では、桜桃忌の催し物があるみたいだけど、今回は割愛(禅林寺付近はよく通るので時折墓参りしていますから)。

折角、三鷹駅まで来たので安売りスーパーの「オオゼキ」に行く。店舗のすぐ近くに《三鷹市観光協会》があった。玄関先では「太宰グッズ」の販売や、太宰治が着ていたのと同じようなマントがあり、記念撮影も出来るとか。

事務所をのぞけばテレビカメラが・・・

P1100584

P1100585


太宰治は、昭和14年から東京都三鷹市に住み始めたため、三鷹駅周辺は太宰治ゆかりのポイントが多い。大勢の太宰マニアが地図とカメラを持ってウロウロしてマシタ。

以上、現場より報告終わり。


P1100436

午前中こそ、ハハ(私)と遊んでもらったハルオさん。午後は《太宰治ゆかりの地点めぐり》をしていて放置。帰宅後、ハルオさんを放鳥したら、逆さまになって・・・

「何か、文句ありそうですね、ハルオさん・・・」
(すんません)


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

皆既日食が迫ってきた

2009年7月22日は、日本で見られる(21世紀で最も長い時間の;6分39秒)皆既日食。

私達も、日食中心線にあたるトカラ列島に行こうと思ったものの、島にはツアー客以外は入れず、しかもツアー代金がのけぞるほど高くて断念。日本で皆既日食を楽しむという心は折れた。でも悔しいので・・・

中国は上海。市中心部から約100km沖合いにある「小洋山島」で、見ることにした。この島は希望通り、皆既日食中央線のド中央にあり、皆既継続時間は5分55.5秒と合格。阪急交通社の上海3日間ツアーで行く。

ってなわけで、日食を撮影するための機材をどうするか・・・

手持ちのデジカメは、
●LUMIX DMC-FZ28
●FinePix S8000fd
●CANON PowerShot SX10 IS・・・の3台。

まるっきりのコンパクトデジカメではなく、デジカメ一眼もどきのやつ。性能はまあまあいい。


が、


折角の皆既日食。
デジイチ(デジカメ一眼)を買おうかと。

今年の4月24日に発売された「CANON EOS Kiss X3」を買ってしまった。エントリーモデル(初心者向き)ながら、いちおデジタル一眼レフ、通称:デジイチです☆

P1100553

今回のモデルは、フルHDでの動画撮影機能付き、暗所での高感度ノイズも軽減がウリ。有効画素数は1511万(前のX2モデルは1240万)。ISOは100〜3200(拡張で6400,12800も可能)に対応している。

買ったのはボディ(本体)のみで、あわせるレンズは、TAMRONの18-270mmB003(15倍ズーム)手ぶれ補正付きの1本をチョイス。

ただ重い・・・
エントリーモデルなのに。

CANON EOS Kiss X3=480g
TAMRONの18-270mmB003=550g
ぎりぎり1キロ超え(惜しいっ)。

ニコンとかキヤノンのハイエンドモデル(プロ向き)だったら、普通に2キロを超えるもんなぁ。首からぶら下げると10分で捨てたくなるに違いない。この重さの倍はあるハイエンドは、とーてー無理ですワ。


皆既日食撮影に併せて、

AstroSolar Safety Film(太陽光を100,000万分の1 に減光する特殊なフィルム=ND5)、装着のためにマルチホルダー100、ペーパーマウントも買った(皆既直前に外す必要があるため、減光フィルターの自作はやめた次第)。

Bsolarfilm

AstroSolar Safety Filmは銀紙みたいなやつで、いろいろ加工して使える。私の場合、ペーパーマウントの形に切って、マルチホルダーにはめ込んで使う予定。

他、動画撮影予定のLUMIX DMC-FZ28(デジイチっぽいコンパクトデジカメ)にも転用したり、双眼鏡につけてみたり。1枚20×29 cmで2,800円だけど色々遊べそう。ただ皆既日食景気で超品薄(私は直販で買ったよ)。

三脚は、義父の遺品からチョイス。
ただ雲台は買わなきゃならないかな。

晴れたらマンションの屋上で、太陽を撮影するテストをやる予定。


私の皆既日食観察地点の「小洋山島」は、皆既日食中央線のド中央にあるし、肝心の皆既継続時間は5分55.5秒。いい感じです!

まあまあ性能のいい、デジカメ一眼もどきのコンパクトカメラは、どれかを固定した三脚からの動画撮影に使おうと思ってマス。


あとは天気だけ。
(と大気汚染)


ただ噂によれば・・・

北京五輪の開会式の数日前にやった、雨雲に向かって冷却剤を積んだロケット弾を打ち込む、つまり「人工降雨技術で逆に会場付近の上空を晴れにする」を上海でもやるとか。

さすが!
なんでもありの支那政府!

頼みますよ〜up



P1100498

ハハ(私)はカメラに夢中になっているので、多少グレ気味ののハルオさん。

あ、カメラはまだデジイチを使いこなせないので、LUMIX DMC-FZ28で撮影でつ。


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

うーむ。

アルツハイマー型認知症の実父がお世話になる、有料老人ホームが決まった。ここが終の住処になるのかぁ・・と思うとフクザツな気分の娘です。

それにしても民間の有料老人ホームは高いですなぁ。認知症にかかっている実父が入居するホームは、いわゆるグループホームで、値段は都内では特別高い方ではない(元気っぽいご老人が多く入居するホームは、天井知らず)。

それでも入居金はともかく、月々28万円〜は支払わなきゃならない。内訳をみるとやはり「家賃」が占める割合は高い。東京都内は家賃が高いからねぇ・・・(深いためいき)

老後、安らかに清潔に死ぬには、やはりカネ次第なのかもしれない。

あと、ヒトから愛される老人っていうのも、超重要なポイント☆


今宵は、2010ワールドカップ南アフリカ大会アジア最終予選A組の最終戦☆オーストラリア戦(メルボルン)があった。

日本は闘莉王のヘディングで先制して前半を折り返したが・・・

P1100546

後半にセットプレーで2失点・・・

P1100547

逆転されて負けた。

カタール戦より試合内容はマトモだったけど、なんだかなぁ。

「選手はよく戦った」って岡田監督の弁だが、何いっちゃっているのかしら?
じゃあ選手の起用ミスなんか?
なんでこんなレベルの選手を選ぶんか?

今後の親善試合から、メンバーを全て熟考して選び直してほしいワ(含む監督も)。

ハルオさん(オカメインコ)は私が書斎にいると、PC(Macintosh)と私の頭を行き来する。可愛いので大目にみていたが・・・

Tori_okame46

裏をみれば・・・

P1100539

ハルオさんのウンタンが・・・w


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

南米☆仏領ギアナ(4)ブラジルへ

南米☆仏領ギアナの続き。

仏領ギアナの首都(州都)カイエンヌで、旅のスケジュールが予定より1日余ってしまった。このカイエンヌっていう所は観光資源がないに等しく、しかも昼から営業しているバーとかも稀少ゆえ、時間をつぶせない。

じゃ、近場のどっかに行くか?

ってなるも、近場にも観光資源とか軍ヲタを満足させるものはない。

オットは、「カイエンヌから公共バスで行けそうなところに、モン族(ミャオ族)の集落があるから行くか?」と言うが、南米に来てまでモン族を見ることもないだろう・・・と私。仏領ギアナの密林の丘陵地帯には、ベトナム戦争で米軍に協力したモン族が、フランス人宣教師に連れられて“難民”として暮らしているらしい。

しかし・・・ラオスとか中国南部、タイとかに行けば、普通に出会えるモン族(ミャオ族)に、わざわざ会いに行くのもなんだしなぁ・・と渋る私。なんとなく地図を眺めていたら、


「仏領ギアナとブラジルに、陸路で行ける国境があるよ。ブラジルにワンデートリップってのはどう?」


「え?行けるのか?」
「オレがブラジルにいた時はなかった道路だ。行けるなら行ってみたいなぁ」とオット。


この辺のノリは、さすが元パッカー夫婦だけあって絶妙。互いに百カ国トラベラーなんで怖いものなし(危機管理は備わってマス)。早速、ホテルの英語使いに聞くと・・・

・国境行きのミニバスが1日1往復ある(出発時間不明)。
・ブラジルのビザが無くても、ブラジル側に上陸できる(問題なし?)。

との情報を得る。

「んじゃ、明朝、ブラジルへ行こう」


翌朝8時過ぎに、カイエンヌ中心部を流れる溝川の南側にあるミニバス溜まりに行けば、ブラジルとの国境"Saint-Georges"行きのミニバスが客待ちをしている。所要時間3時間半、片道45ユーロ。

客はほどなく集まり出発。ブラジルとの国境の町への道路は、数年前に完成したばかりらしく、すばらしく状態がいい。途中、アマゾンの丘陵地帯を通るが、ここいらにモン族の集落がある。確かに北ラオスでみる景色によく似ている(焼き畑まで一緒)。なるほど、なるほど。

と、感心しているうち、ミニバスは"Saint-Georges"に到着。国境は Oyapock川。アマゾン川の支流ではないようだが、やはり水の色は茶色で、川幅もある。

Boder_fg_br0
(対岸はブラジルだが、国境として機能を持つ町"Oiapoque"はもっと上流=右にある)


Boder_fg_br2
(仏領ギアナの国境側の町"Saint-Georges"は、村と行った方がいいくらい小さい)

仏領ギアナの出国スタンプを貰いに、警察署に行く。ここで「ブラジルの"Oiapoque"に行けば、ブラジルビザは取れますか?」と聞くけど「知らないわ」との答え。まあ、船着き場のにーちゃん達や、ミニバスの運ちゃんも「"Oiapoque"だけなら、全く問題なし」というので、ブラジルに渡ることにした。

Boder_fg_br1

こんな乗合スピードボートで遡上すること20分で、"Oiapoque"に着くらしい。途中で、バイクも乗ってきた。

Boder_fg_br3

Boder_fg_br4

バイクは固定することなく、持ち主が“乗ったままの姿”で踏ん張る(驚)

Boder_fg_br5

Boder_fg_br7

川を遡上するが、みえる景色は巨大なマングローブくらい。

Boder_fg_br8

やがてブラジル側の"Oiapoque"の町が見えてきた。想像より大きく栄えている感じ(仏領ギアナがショボイってのもあるんだが)。

Boder_fg_br9

Boder_fg_br11

到着!

ブラジル側のイミグレ(警察署)は、町の端っこにある。つまりただ今、ビザなし入国状態(笑)

Boder_fg_br10

"Oiapoque"から、ボートで通った川をみる。仏領ギアナの国境側の町"Saint-Georges"方面なんだが、なーんもない・・川と密林のみ。


つづく・・・


羽は膨らませていないが、換羽のせいか、やはり元気少なめのハルオさん(オカメインコ)。

P1100505

古い尾羽が所々割れて、ちと汚くみえますよ。

P1100511

「あれ?ハルオさん。お口が赤い?」

P1100513

「人参を食べたら赤くなっちゃいました」

あ、そう。
稚児さんみたいrouge

しかし・・・超かわいい☆(←親ばか)

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

凹んでいました・・

6月13日。ノア(プロレス)の三沢光晴が試合中、対戦相手の齋藤彰俊のバックドロップをまともに食らって、心肺停止→死去。発表された死因は【頚椎離脱】ということは、首の骨とそこの神経が完全に切断されてしまったということでしょう。

茫然自失・・・

三沢は、まだジャンボ鶴田の付き人をやっていたときから応援しています。個人的に面識もあり、下ネタ全開でおおいに笑ったものです。

三沢の最後の言葉が、レフリーに向かって「動けない」って悲しすぎる。どうせなら三沢らしく「お前らのな、思う通りにはしねえよ、絶対!!」って言ってほしかった。

ご冥福をお祈り申し上げます・・・なんてまだ言えない。まだ三沢の死を受け入れられない自分があります。


土日はチチ(オット)が在宅。「おい、ハルオ。遊んでやるぞ」と可愛がるんですが、どうにもこうにもハハ(私)の方にべったり。ヒトを見ているんでしょうかねぇ(笑)

P1100473_2

ハルオさんとオットのスキンシップは、オットの頭で。ただハルオさんは95g前後もあり、爪は短めながら尖っているため、結構痛い。痛いスキンシップ?

この日記で4月下旬から、《カナリア兄弟》の記事がなくなったとお思いの方。

そう、カナリア兄弟はとても元気なのですが、4月下旬から3週間ばかし脱国するに際し(南米ギアナ三国行き)、カナリアズはハハの実家に預けましたの。

実家の母は、赤カナリアのアカオは「ピーちゃん」、ローラカナリアのロロちゃんは「黒ちゃん」と、勝手に名前を変えて、大層可愛がっています。

帰国後も10日間ばかりの出張(脱国)が2回あったり、W杯最終予選でウズベキスタンに行っちゃったり(4日間)とか。また実家の父は、アルツハイマー型認知症になってしまっているので、カナリアの仕草や鳴き声は、老老介護の母の心のオアシスになっているようで。

なので、今更「引き取ります」とも言えず・・・w

カナリアズ不在が続いています。


カナリア命だったオットは、内心フクザツなようで。

昨日は「何か鳥を飼おう」とのオットの音頭で、南米ギアナ三国で散々見た《綺麗な鳴き声の小鳥》を求めて小鳥屋巡り。私は風邪&副鼻腔炎は絶好調で辛かったんだけど、何を買ってくるか怖いので監視がてら同行しました(笑)。

結構あったはずの小鳥屋は激減しています。どうやら鳥を輸入する規制や、鳥を販売する法律の改正等で廃業に追い込まれる店舗が続出した・・ってのも一要因。あとは日本の家庭が小鳥に興味がなくなった、とか、いろいろ。

輸入規制とかで扱う鳥の種類も激減しちゃって、オットが求める小鳥はNGでした。カナリアが戻ってくるかもしれないのに、新たにカナリアを飼ってもねぇ・・・w

実は、ハルオさん(オカメインコ)を迎える時、オカメインコにするか【ヨウム】にするか、かなり悩みましたの。

Tori_inco5

Tori_inco6

ヨウムの寿命が50年くらいはあるそう。ヨウムが天寿を全うすると、チチ(オット)は百歳超になってしまうんで、私は老老介護になってしまう、という危惧。ヨウムは脂粉がなかなかスゴイ、という話し。そんなんでオカメインコを飼うことにしたのですが・・・

昨夜、ネットで《綺麗な鳴き声の小鳥》を探しているうち、オットが(禁断の)「ヨウムの鳴き真似/おしゃべり」をYouTube等で見ちゃった。


「おし!ヨウムを飼おう!」


「えっ?」


マジですかぁ・・・?


そんな会話を知ってか知らずか、今朝のハルオさんは元気あんまりなし。

P1100482

ちょっと羽を膨らまし気味なので、早速、保温・保温・保温。今日の東京・武蔵野地方は涼しいからかしら? 私の風邪がうつったかしら?(笑)

ただ今、換羽期っていうのもあるし、ちと心配です。

P1100480

・・・とはいえ、体重と食いっぷりは相変わらず。


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

バテまして・・・

私事ながら、4月下旬の南米から、台湾、ウズベキスタンと怒濤の出入国。そして実父の有料老人ホーム探しなどに奔走しちょりまして、ほぼ休みなし。台湾はともかく南米とウズベキスタンは飛行時間が長いんですワ。

昨日、実父を家に送り届けて、我が家に帰宅する最中、左鼻から《黄色いサラっとした水》がしたたり落ちる。車の運転中だったので、鼻にトレペを詰めて、そのまま耳鼻咽喉科に直行。


予想通り 《副鼻腔炎》でした。

(私は極度に疲労が溜まると、こやつに罹る傾向にある)

発熱はちーっともないけど「もしかして流行の豚フルかしら?」とも思ったけど、医者は「豚フルじゃないね」と言い放つ。

あれま。
流行に乗り遅れました・・w

この医者に限らず、複数の医療関係者によれば【豚フルが弱毒性のうちに罹ってしまった方がいいよん】と仰る。そんなもんなんか・・・( ̄  ̄;)


今日は、埼スタで浦和レッズ×大宮のナビ杯があったんだが、このかすれ声と僅かに出る咳のまま行くと《豚フル》と疑われそうだし、第一、声援が送れないので断念。スカパのフジ739でテレビ観戦(試合内容が良かったので行きたかったぁ)。

横になろうかな、と思ったら、オットが会社のバンド仲間を連れてくると言い出す。

ぐぁーーーん・・・

乱雑になっていた部屋の片付けして、酒の用意して、肴も適当に作って、現在に至る。「なんて出来たヨメさんなんでしょう」と自画自賛しつつ、PCの前でへばるワタクシであった。


P1100468

ハルオさんのケージには、ハツカネズミ用?の「ガジガジ棒」を入れてます。この棒が、気がついたら半分に減っていたんで、ひとまわり大きい棒に交換。

P1100469

満足なのか、不満足か定かではないハルオさん。
「出して下さい」ポーズ中。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

南米☆仏領ギアナ(3)市場

南米の仏領ギアナの続きに戻ります(時系列が前後しまくってすいません)。

首都というか州都カイエンヌの中心地では、野菜市が特定曜日に開催されます。野菜はとても新鮮。もちろん果物も売ってて、市場は色の洪水というか、実に華やかです。

P1090845

P1090837

Img_2809

Img_2819

Img_2807

Img_2818

売り子は、カリブ系黒人、中国系、混血など色々。
客も多民族です。

Img_2829

《梅酒》ならぬ、各種ラム漬け。

パッションフルーツ、オレンジ、生姜、パイナップルなど様々なものを、地場産のラム酒に漬け込む。薬用酒として飲むらしい。1本言い値で8ユーロくらい。

Img_2797

Img_2798

スティールパン Steelpan の路上演奏。

スティールパンとは、カリブ海の南端、英国領だったトリニダード&トバゴの黒人(強制労働者)によって考案された「ドラム缶」で出来た音階打楽器。等間隔にならんだ凹みを叩くと華やかな金属音が鳴ります。ドラム缶は(円筒に)切る大きさによって音域が変わります。

P1100460

P1100456

ハルオさんのマイブームは「かくれんぼ」

新聞を読んでいると、すかさず飛んできて新聞に潜り込みます。「ハルオさん、何処かなぁ?」って探してあげると大喜び(・・・たぶん)。あ〜ん☆かわいい〜♪


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

W杯最終予選Hカタール戦

2010FIFAワールドカップ南アフリカ☆アジア最終予選。

前節のウズベキスタン×日本代表の試合で、日本は4大会連続4回目のW杯出場を決めてしまったため、予選を1位で終えるかっていう使命もあったけど、昨夜の日本×カタール代表戦はぶっちゃけ《消化試合》だった。

だが、「本大会で4位以内」を目標にしているオカダ監督。ならば新しい作戦やらサブの選手の可能性とかあるだろう、・・・と久しぶりに開門前から横酷(日産スタ/横浜国際)に行った。

P1100412

主催者側は各シートに、席に座った人に掲げてもらうため、全ての席に《青いプレート/白いプレート》を貼り、

P1100420

アウエー側ゴール裏では紙吹雪を舞わせ、

P1100427

こんなに観客が入ったのに、


とーーーーっっても、つまらない試合だった。


P1100426

負けたわけじゃないんだけど(1−1引き分け)、試合内容、選手の動き、ウズベキスタン戦ほどではないにせよ低レベルな審判団。スタッフにおける選手の体調管理・・・

全部ダメだな、こりゃ。

「W杯はまたもや単なる参加者になるんか?」と暗澹たる気持ちになってしまった。

P1100430

試合終了直後。
ゴール裏から“不甲斐ない試合内容”に対してブーイングが上がる。

ダメっぷりは選手もスタッフもわかっているようで、下を向いていたなぁ。スケジュールとか考えれば気の毒っちゃ〜気の毒だけど、カネをとって興業しているんだから、こ〜いう内容はやめようよ。

ま、この試合に行くと【JFAハンカチ/岡田監督サイン付き】を貰えたんで・・・w

P1100442

P1100443


はぁ・・・・(深い溜め息)


※W杯アジア最終予選の最終戦☆オーストラリア戦(6/17)
日本代表メンバーの中村俊輔、長谷部誠、本田圭佑、大久保嘉人の4選手はコンディション調整(長谷部は出場停止)、遠藤保仁選手はケガでチームを離脱したため、オーストラリア遠征には参加せず。なお今回の離脱に代わる選手招集の予定はなし。

P1100432

換羽なハルオさん。
毛が抜けるとみずぼらしくなる・・w

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

ウズベキスタン☆W杯最終予選観戦記2

ウズベキスタンで食べたもの(買ってきた;写真)。

P1100409

ウズベキスタンのナンは、パンのよう。
ずっしり重たくデカい・・

P1100059

鶏肉と麺のスープ
うま〜(^∀^*)ノ

P1100063

P1100401

串焼き肉☆シャシリク。
挽肉バージョンと、塊肉バージョン。
いづれも味付け最高!

P1100371

P1100032

炊き込みご飯☆サマルカンド・パーロフ

サラダ油をひいて牛骨を入れて焼き炒めて取り出す。牛肉は大きな塊肉のまま炒める。大量の黄色い人参と生米を加えて炒め、ひよこ豆とクミンと湯を加えて蒸し煮してたもの。大量の人参が味の決め手。使用する具材は地域によって様々(名前も変わる)。

P1100065

丁度、サクランボと杏のシーズン(杏は終わりかけ)。青リンゴもあった。ウズベキスタンでは店の敷地内にある果樹から取れる果物を出すのが一般的のよう。

P1100038

P1100284

P1100353

帰国してハルオさんのケージを見れば、抜け羽がいっぱい。どうやら換羽が始まったようで。

P1050033

P1050039

あらあら、大事な冠羽も抜けちゃったよーで(笑)

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

ウズベキスタン☆W杯最終予選観戦記1

2010南アフリカW杯アジア最終予選A組;ウズベキスタン代表×日本代表soccer

・・・の試合観戦に、遙々、ウズベキスタンは首都タシケントに参戦してきました。

日本はこの試合で勝てば、4大会連続4度目の出場が決まり、6大陸に分かれた予選の突破第1号となるとあって、用意周到に4月中旬にビザを取得して、この日を迎えた次第。

『祝杯はウズベキスタンであげよう!』

P1090940

・・・といいつつ、成田空港で既に、前々祝いをする我ら(試合は明日なのに)。

P1100010

タシケントの空港に到着して、ゲートに入るとすぐ《体温計》を持った看護師が待ちかまえている。なんと搭乗者全員の体温を測ろうとしているのだ。それも普通の水銀式体温計で。脇にズボリと挟まされ、5mほど先の入国カウンターで回収。おいおい・・・そんな短い時間で計れるんか?

そいや成田→(韓国)仁川空港でも、飛行機を出た瞬間の空港入口で、ウズベキスタンより更にハイテクな(笑)体温計で耳を触られた。ワタクシ達はバイ菌か?ひゃひゃひゃ〜


試合当日の午前中、決戦の地である首都タシケントの旧市街にあるバザールを歩けば、ウズベク人から

「ウズベキスタン5,ジャポン0・・・いぇ〜い」の洗礼を受け、まあ、軽く流してやりましたワ。

P1100110

我々御一行(20人位)は、宿泊ホテルからマイクロバスで、決戦の地☆パフタコール・マルカジイ・スタジアムに向かう。

P1100115

日本人向けの試合チケット。

日本人向けのみ、定価は40,000スム(3000円弱)で何故かカテゴリー2。ウズベク人向けのチケットはカテゴリー1で5,000スム(350円ほど)/カテゴリー2で3,000スム。日本人様には10倍ものプレミアムをつけられていた。700枚は売れた模様。

因みにウズベキスタンの平均月収は約1万円なので、日本人様につけやがりました値段はいかに高いか!

P1100408

スタジアムは“掘り下げ式”な上に、(VIP席を除けば)屋根がないので、外見からはスタジアムと認識できるのは、照明灯の塔だけ。

P1100118

P1100128

P1100145

売店はこのショボイのだけ。
酒の販売はなかった。

P1100180

隔離された日本代表サポ席(日本側応援席)。
1,500人収容がやっと・・・

P1100207

座席は、東京・国立競技場よか、いい。
傾斜もまあまあいい。
しかし陸上トラックがあるため見にくい。

P1100167

スタジアム全体に配備された警察官は2,500人。写真は日本代表サポを警備する警官。基本的には記念撮影に応じないのだが、日本人に囲まれカメラを向けると、満面の笑みでカメラ目線(笑)

しかも試合が始まると、ウズベキスタンが攻勢に出れば「大声で応援」していたし・・(笑)

P1100186

試合開始!

P1100141

P1100191

P1100193

日本の選手の裏を歩くのは、シリアの審判団。

試合開始早々から、完全にウズベキスタンよりの偏向ジャッジ。ファールを取る基準は実に曖昧というか不安定。完全に12人目の選手として参戦していた。特に後半開始早々、ウズベキスタンへの熱烈支援はあまりにも酷かった。

何をしてもファールを取る・・・といった感じなので、前線ではプレスをかけることが出来なくなる。中村憲剛に代わって入った本田は、毛むくじゃらの偏向ジャッジに馴染めないようで、結局リズムを無くしてしまい、試合はつまらないものになってしまった。まあ、オランダにはあんな主審はいないだろうし(笑)

主審はひどいもんだが、ウズベキスタン代表は紳士だった。某隣国のように不必要に削る行為がなかったため、怪我もなし。これは有り難かった(当たり前とも言うが)。

P1100194

P1100215

それでも、闘莉王が別人のように「冷静」でいてくれたお陰で、DFラインおよびGK楢崎の素晴らしい働きもあって、1−0で逃げ切り勝利。

こんだけ主審にアシストしてもらっても、ウズベキスタンは無得点だったんだから、ウズベク人も文句ないだろーよ(毒)

試合終了のホイッスルが鳴り、日本は4大会連続4度目のワールドカップ出場が決まった!

P1100223

P1100226

終了直後の感想は正直「ホッとした」だった。
感激とかはあんましなかった。

1998ワールドカップ・フランス大会の出場を決めた《ジョホールバルの歓喜》ほど爆発的な喜びはないけど、やっぱり嬉しかったなぁ。この試合に参戦した「ジョホールバルを知らない若者」の多くは、号泣していたしね。

P1100228

P1100234

日本代表の選手は、遠目にもかなり喜んでいたようだから、前回のジーコん時のチームより纏まりがあったように思える。案外、いいチームなのかもscissors

スタジアムから出ようにも、ウズベク人がスタジアムから完全に退去しないと、日本代表サポは出られず。いわば「軟禁」されているうち、照明はどんどん暗くなって行った・・・w

P1100236

んで、ホテルに帰りホテル内レストランで「祝杯」です!

Eucjpbywm3ny5qcgc
(撮影:jonのび氏)

旨い酒だったぁ〜up


ウズベキスタン×日本の試合は、日本時間では深夜だったため、超かわいいハルオさん(オカメインコ)は、爆睡中だったそうで。

・・・てなわけで、今日はハルオさんの写真はありません。すんません。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

南米☆仏領ギアナ(2)クールー宇宙基地

仏領ギアナの沿岸部クールーには、フランス国立宇宙センター《クールー宇宙基地》のロケット発射台がある。打ち上げ業者は、フランスのアリアンスペース社。

P1080069

実物大の『アリアン5』ロケット模型が、お出迎え!

もともとフランスは、北アフリカのフランス領アルジェリアでロケット発射実験を行っていたが、アルジェリアの独立につき、南米の仏領ギアナで行うことを決めたのが1964年。以後、現在に至るまで使用されている。欧州宇宙機関規格の主力ロケットは『Ariane5』だが、近年やロシアの『SOYUZ』や、主にイタリアが開発している小型ロケット『VEGA』も扱う。

P1090573

クールー宇宙基地は、赤道を北に約500km(北緯5度3分)で沿岸部にあり、東に海(地球の自転;西から東のエネルギーを利用する)、周囲は密林地帯という環境は、ロケット打ち上げに適しているそうだ。この基地はとても広く、敷地内にはロケット打ち上げ台の他に、人工衛星組み立て棟や固体燃料工場の他、博物館等のビジターセンターがある。

P1090506

クールー宇宙センターは、フランス国籍以外の観光客でも見学が出来る。電話のみの完全予約制(当日可)で無料(要パスポート)。所要時間は3時間強。基地内の移動は専用バスを使いガイドが引率。基本的にはフランス語のみの説明だが、英語圏の客が多い場合は英語ガイドも付くらしい。私達が行ったときは、フランス語のみ。

P1090577

P1090326

博物館前から専用バスに乗り、ロケット打ち上げ台がある基地へ向かう。広い敷地内には、諸施設(ロケット組み立て棟/固体燃料工場/推進薬・高圧ガス貯蔵供給所/研究棟/気象観測棟などなど)が点在する。

P1090380

P1090388

P1090405

固体燃料工場や貯蔵施設を横目に、専用バスは『アリアン4』他の打ち上げ台に向かう。

アリアンとは、ギリシアはクレタ島の王ミノスの王女Ariadneのフランス語読みだそうな。

P1090434

写真の左奥が『ソユーズ』打ち上げ台
写真の中央が『アリアン3と4』打ち上げ台(廃墟)
写真の右奥が『アリアン5』打ち上げ台


アリアンは全て使い捨てロケットで、第一世代最後のロケットであるアリアン4は、1988年6月〜2003年2月まで打ち上げられた。打ち上げ回数は107回(成功104回/失敗3回)。おおよその全長58.4m/総質量240トン~470トン。

Ariane42p_rocket
(アリアン4;写真出典→http://sealevel.jpl.nasa.gov/mission/tp-launch.html)

アリアンロケットは、2つの線路をまたいだ多重輪の特大の台車に乗せて、立てたまま運ぶ。速度は時速2km。

クールー宇宙基地では、1996年6月から第二世代のロケット『アリアン5』を打ち上げている。おおよその全長59m/総質量777トン。2つの人工衛星を同時に打ち上げることが出来る。

アリアン5の打ち上げ総回数は44回で、失敗は2回/一部失敗は1回(いすれも初期段階)。アリアン5はアリアンスペース社による打ち上げで現在、連続30回の打ち上げに成功を更新中。

日本の完全国産商業通信人工衛星Superbird-7は、アリアンロケット(V185)に搭載して2008年8月に打ち上げ成功している。ただ今、スカパーで活躍中。

なお記念第一号はコンピュータープログラムミスで34秒後に爆発・失敗している。

P1090438

『アリアン5』打ち上げ台
写真の4つの鉄塔は、避雷針だそうで。

P1090508

こちらは・・・

P1090534

まだ枠組みだけのアリアン5

P1090368

アリアン5の最終組み立て工場

P1090550

最終組み立て工場から打ち上げ台へつながる、台車の線路。

主線路は普通の広軌だが、線路と線路の幅が、ひ、ひ、広い・・
一度でいいから、運搬光景を肉眼で見てみたい。

P3_photo01
(出典→arianespace社のHPより、アリアン5の運搬光景)

この約一週間後の5月14日。ハーシェル宇宙望遠鏡/プランク衛星を積んだアリアン5の「44回目の打ち上げ」があった(成功)。打ち上げから約26分後、ハーシェル宇宙望遠鏡とプランク衛星をそれぞれ所定の軌道に入る。もうちょっとなんとか日程が合えば見られたのに、全く残念であった。
http://www.arianespace.com/news-mission-update/2009/594.asp

0515ariane5
(出典→アリアンスペース社HP)

次のアリアン5の打ち上げは、2009年6月24日と11月10日。打ち上げ代は1.5〜1.6億ユーロだそで。


さて、こちらは『ソユーズ』打ち上げ台。

P1090442

2007年2月、欧州宇宙機構(ESA)はここクールー宇宙基地に、ソユーズの専用打ち上げ台建設工事に着手。

ソユーズST型は、2008年7月末あたりにクールー宇宙基地に到着している(らしい)。なおソユーズの組み立てはカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地で行い、ロシアのサンクトペテルブルク(ヴィボルグ港)まで陸送して、ここから船舶輸送。

ソユーズはロシアの有人宇宙船だが、今では衛星にも物資輸送にも転用できる万能型ロケットである。2008年9月にアリアンスペース社が、欧州宇宙機関の規格に沿って開発したソユーズを10機を発注した。総購入費用は3億4700万ユーロ。

今まではカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地から打ち上げていたが、2010年よりここクールー宇宙基地からも打ち上げるそうだ(2010〜2011年に無人飛行、2012年に有人飛行の予定)。
http://www.spacedaily.com/2006/080920172815.b60mbf3y.html

Image007
(アリアンスペース社のHPより)

今後、ソユーズのようなまあまあ中型の万能型ロケットはコストパフォーマンスがいいので、更にニーズが高まるのだろう。まず欧州独自のGPS「ガリレオ」の通信衛星を載せるとか。

他にも、主にイタリア主導して開発している、低軌道用人工衛星打ち上げロケット『VEGA』(30m/137トン)も、2010年に打ち上げる予定とか。


クールー宇宙基地内にある、アリアンスペース社のテクニカルセンター。

P1090536

P1090529

P1090502

P1090513

こちらは、フランス国立宇宙センターのプレスセンター

P1090576

まさに「おとなの社会見学」といった感で、非常に興味深かった!


本日のハルオさん。

P1090934

P1090938

明日から、チチは「上海」へ出張(1泊2日)。
明日から、ハハは「ウズベキスタン」へ(3泊4日)。

それを知ってか知らずか、とにかくハハの仕事の邪魔をする。PC→ハハの頭→キーボード→ハハの頭と、ぽんぽん飛びまくり、キーボードをガジガジ、PCもガジガジ・・・

すまん、いい子で留守番してちょーだい。


ってなわけで、このブログは来週火曜日まで「休載」します。


ごめんなさい・・・


- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^


南米☆仏領ギアナ(1)

色々、前後してすいません・・・

5月の連休に行った南米に話しに戻します。スリナムから陸路で(国境の川をボートで渡る)仏領ギアナに戻ってきました。フランスはパリ→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→スリナム→仏領ギアナというルートの最終章です。

仏領ギアナは、最初は「つまんないとこだなぁ」と思ったのですが、戻ってきてみるとなかなか自然が残っていて良いところに感じるのが不思議。こんなことを言ってはなんですが・・、フランス領に戻ってきたというのが、心理的に安心感を与えるようです。なにせEUだから警察も腐敗していないし、秩序正しいですし、治安もいいですし・・・w

手つかずの自然も多く残っていて、ここのアクセスが結構いいんですね。

南米ギアナ三カ国では、仏領ギアナでは町中でも野鳥をみかけました。

Img_2424

P1090089

我が家のローラ・カナリアかと思う容貌。鳴き声はカナリアほどではないけれども、かなりの美声。この鳥は10羽ほどの群れを成して生活しているようです。

仏領ギアナでも、綺麗な鳴き声の小鳥を鳥籠に入れて持ち歩く、店先に吊すの風習はありました。

P1090742

P1090852

Img_2841

これが仏領ギアナから川を渡った先のブラジルでは、全くみられない光景なんですねぇ。不思議です。

本日もやんちゃなハルオさん。

P1040939

96gの物体が、うろうろすると重たい・・・

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

アンドラ公国の鳥屋

今年4月下旬、フランスからバスを乗り継いで、(フランスとスペインの国境に挟まれた)アンドラ公国に入りましたの。

アンドラはピレネー山脈にあり、フランス側の山は急峻でスキー場が点在しています。アンドラは免税なので、フランスやスペインから大勢の観光客が買い出しにやってきています。首都アンドラ・ラ・ベリャ(首都というよりは町だが)には温泉が湧き、大型のショッピングセンターが何軒かあります。

温泉に入った帰りに立ち寄ったショッピングセンターに、鳥屋というかペットショップが入っていました。

ペットショップの外側(通路側)は、写真のような出窓があって、ここが鳥籠になっています。なんてお洒落なんでしょう・・☆

P1070920

右がセキセイインコ、左が各種カナリア。

P1070923

P1070924

なんか、いい感じです。
日本の鳥屋も、こういう売り方をすればいいのになぁ。

近所のハンバーグ&ステーキ屋で食べたハンバーグ定食。

P1040989

100%OGビーフの売り文句だが、なんだか、かな〜り昔のマクドナルドのハンバーガーのパテのようで、とっても懐かしい気持ちになってしまいました。


P1040980

ますますやんちゃになってきたハルオさん。新聞を読んでいると、肩からトコトコ下りてきて、新聞をガジガジ。机の上のものに興味が湧いてきたようで、これからは気をつけなくては。

- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、ポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございます^^

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »